283件中 141 - 150件表示
  • 長谷部徹 (ドラマー)

    長谷部徹 (ドラマー)から見た野口五郎野口五郎

    2001年には浜田省吾のコンサートツアーに、急病でツアーを離脱したドラマー、大久保敦夫の代役として急遽参加。また、ジャニーズ事務所時代の先輩ドラマーであり、現在野口五郎やフォーリーブスのバックバンドメンバーとして活動している長沢悟の代理ドラマーも務めている。長谷部徹 (ドラマー) フレッシュアイペディアより)

  • 青山孝史

    青山孝史から見た野口五郎野口五郎

    2009年2月3日に渋谷区西原の代々幡斎場にて通夜、翌4日には葬儀・告別式がしめやかに営まれた。2月4日、東京・代々幡斎場で営まれた葬儀には、フォーリーブスのメンバー3人、初代メンバーだった長田栄二、更には郷ひろみ、豊川誕、川崎麻世、井上純一などジャニーズ事務所時代の後輩、歌手の橋幸夫、あべ静江、西城秀樹、野口五郎などの芸能関係者やファンら、3,000人余りが詰めかけた。また、斎場には黒柳徹子、平尾昌晃、森進一、伊東四朗ら多数の芸能関係者からの供花が飾られた。そして弔辞に立った江木俊夫も、「ター坊、言っただろ。『フォーリーブスは永遠に続く』って。約束破るなよ!」、「ター坊の歌声がフォーリーブスの歌声だった。俺たちはこれからどうするんだ?」、「(再結成からの)7年間、本当に楽しかったよ」と、目を腫らしながら語った。当日の遺影に使われた写真は、妻と娘が「一番似合いそうだから」と選んだもので、霊前には青山が大好きだったという「うな丼」が備えられた。そして棺の中には、妻子からの手紙、フォーリーブスのレコードジャケットと歌詞のコピー30枚、好きだったお茶やチョコ、マッサージの時に使った手ぬぐい、天国でも作曲が出来るようにと楽譜と鉛筆、そして、亡くなった翌日に青山の訃報記事が1面で報じられた日刊スポーツなどが納められた。 大好きだったお酒と煙草だけは、青山が生前に夫人に「入れなくていい」と言っていた為に入れられる事は無かった。尚、青山の所属事務所はジャニーズ事務所に対し、通夜と告別式の日程を FAXで知らせたが、弔電さえも届かなかった。青山孝史 フレッシュアイペディアより)

  • こころの叫び

    こころの叫びから見た野口五郎野口五郎

    「こころの叫び」(こころのさけび)は、1974年2月に野口五郎がリリースした11枚目のシングルである。こころの叫び フレッシュアイペディアより)

  • 青いリンゴ

    青いリンゴから見た野口五郎野口五郎

    「青いリンゴ」(あおいリンゴ)は、1971年8月に野口五郎がリリースした2枚目のシングルである。野口五郎は後にデビューする西城秀樹・郷ひろみとともに新御三家と呼ばれた。青いリンゴ フレッシュアイペディアより)

  • オレンジの雨

    オレンジの雨から見た野口五郎野口五郎

    「オレンジの雨」(オレンジのあめ)は、1973年3月に野口五郎がリリースした8枚目のシングルである。自身初のオリコントップ10入りを果たした。オレンジの雨 フレッシュアイペディアより)

  • 君が美しすぎて

    君が美しすぎてから見た野口五郎野口五郎

    「君が美しすぎて」(きみがうつくしすぎて)は、野口五郎の9枚目のシングル。君が美しすぎて フレッシュアイペディアより)

  • 博多みれん

    博多みれんから見た野口五郎野口五郎

    「博多みれん」(はかたみれん)は、1971年5月にリリースされた野口五郎のデビュー・シングルである。博多みれん フレッシュアイペディアより)

  • 好きなんだけど

    好きなんだけどから見た野口五郎野口五郎

    「好きなんだけど」(すきなんだけど)は、1971年12月に野口五郎がリリースした3枚目のシングルである。好きなんだけど フレッシュアイペディアより)

  • 青い日曜日

    青い日曜日から見た野口五郎野口五郎

    「青い日曜日」(あおいにちようび、青い日日)は、1972年6月に野口五郎がリリースした5枚目のシングルである。青い日曜日 フレッシュアイペディアより)

  • めぐり逢う青春

    めぐり逢う青春から見た野口五郎野口五郎

    「めぐり逢う青春」(めぐりあうせいしゅん)は、1972年9月に野口五郎がリリースした6枚目のシングルである。めぐり逢う青春 フレッシュアイペディアより)

283件中 141 - 150件表示

「野口五郎」のニューストピックワード