539件中 141 - 150件表示
  • ハグ (鉄道模型)

    ハグ (鉄道模型)から見た鉄道模型鉄道模型

    ハグ(HAG、HAG Modelleisenbahnen GmbH )は、スイスのシュタンスシュタット(Stansstad)に拠点を置く鉄道模型メーカー。かつてはHAG Modelleisenbahnen AGであった。ハグ (鉄道模型) フレッシュアイペディアより)

  • 中村精密

    中村精密から見た鉄道模型鉄道模型

    中村精密(なかむらせいみつ、後にナカセイ)は日本の鉄道模型メーカーである。中村精密 フレッシュアイペディアより)

  • 朝日屋 (大阪府)

    朝日屋 (大阪府)から見た鉄道模型鉄道模型

    正式には朝日科学玩具工場と言い、明治40年ごろ創業し、昭和20年代にかけて存在した科学玩具や模型を製造販売したメーカーである。電動モータや蒸気機関で動く船舶模型、50mmゲージ・35mmゲージおよびOゲージの鉄道模型、及び部品類を製造していた。製品の販売においては関西一円の直営店のほかに日本全国各地に特約店を持っていた 。また製品を供給するだけでなく、雑誌『科学と模型』を発行する等の活動も行なっていた。朝日屋 (大阪府) フレッシュアイペディアより)

  • フジヤマ (模型メーカー)

    フジヤマ (模型メーカー)から見た鉄道模型鉄道模型

    フジヤマは埼玉県川口市西川口にあった真鍮製鉄道模型メーカー。主にHOゲージのアメリカ向けの輸出製品を生産していた。1960年代から70年代に生産された同社の製品は現在でも高く評価されている。フジヤマ (模型メーカー) フレッシュアイペディアより)

  • クワクボリョウタ

    クワクボリョウタから見た鉄道模型鉄道模型

    1998年、明和電機との共作『ビットマン』を発表。主にエレクトロニクスを使用したメディアアート作品を制作。2003年の第7回文化庁メディア芸術祭にて、『デジタルガジェット6,8,9』でアート部門大賞受賞。2010年の第14回文化庁メディア芸術祭では、光源を取り付けた鉄道模型で立体的な影絵を生み出す『10番目の感傷(点・線・面)』を発表し、アート部門優秀賞および芸術選奨新人賞(メディア芸術部門)を受賞した。クワクボリョウタ フレッシュアイペディアより)

  • ニュルンベルク交通博物館

    ニュルンベルク交通博物館から見た鉄道模型鉄道模型

    ほかの展示として、19世紀末以来集められてきた10分の1スケールの160両分の鉄道模型が、およそ1,000 平方メートルのスペースに収蔵されている。作られてから100年以上のものもあり、精密さが傑出したものである。最初の模型は、1882年にバイエルン王立邦有鉄道 (:de:Königlich Bayerische Staatseisenbahnen) の実習生が作ったものである。ニュルンベルク交通博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 35mmゲージ

    35mmゲージから見た鉄道模型鉄道模型

    35mmゲージ (さんじゅうごみりげーじ) とは、日本の鉄道模型の規格のひとつ。35mmゲージ フレッシュアイペディアより)

  • 科学と模型

    科学と模型から見た鉄道模型鉄道模型

    当初は、鉄道模型の製作記事や科学関係の記事が多かったが、1940年代になると時局を反映して現役の軍人による兵器の解説記事や戦闘機、艦船等、兵器関連の製作記事が過半を占めるようになり、かつて定番だった鉄道模型の製作記事は隅に追いやられた。戦後、復刊後は一転して鉄道模型の記事が主になり、モーターボートや客船の模型制作記事が増えた。過剰なまでに鉄道模型の製作記事が掲載された事は編集者の意向もさることながら、当時、鉄道は復興の象徴として捉えられていた節がある事も一因と思われる。科学と模型 フレッシュアイペディアより)

  • 安達製作所

    安達製作所から見た鉄道模型鉄道模型

    株式会社安達製作所 (あだちせいさくじょ)は、16番ゲージ鉄道模型のキットを製作している鉄道模型メーカー。近年はカメラ・アクセサリー部門もある。安達製作所 フレッシュアイペディアより)

  • マン盆栽

    マン盆栽から見た鉄道模型鉄道模型

    フィギュアは鉄道模型用のものがよく用いられるが、ペットボトルのおまけや、ガチャガチャなどのカプセルトイ、食玩など基本的に何であっても構わない。このようなミニチュアの家、人、動物その他を配して箱庭的な風景空間を作り出して楽しむ遊びは、すはまや盆景などの形で古くから存在していた。江戸時代には「占景盤」や「鉢山」と呼ばれるものが流行した。たとえば鉢山については、歌月庵喜笑(小田切春江)がその著『名陽見聞図会』(1832-1839)で「さてこの鉢山といへるは平たき鉢の中に岩、小石、苔などを以て山水の形を作り、小さき人形、堂塔或ひは民家、松、柳、梅など焼物の手遊びを並べ、風景よく仕組しものなり」と記述している。マン盆栽 フレッシュアイペディアより)

539件中 141 - 150件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード