539件中 151 - 160件表示
  • おとなの工作読本

    おとなの工作読本から見た鉄道模型鉄道模型

    主にかつての工作少年を対象とした物で、当時、高嶺の花だった、ラジオや鉄道模型等、かつての工作少年の心をくすぐる紙面構成となっており、当時の「模型とラジオ」や「子供の科学」、「初歩のラジオ」の製作記事を解説と共に掲載している。おとなの工作読本 フレッシュアイペディアより)

  • アサーン

    アサーンから見た鉄道模型鉄道模型

    アサーン (Athearn) は、かつてアメリカにあった鉄道模型メーカー。現在は傘下の鉄道模型ブランドである。アサーン フレッシュアイペディアより)

  • シバサキ模型

    シバサキ模型から見た鉄道模型鉄道模型

    1970年代には「ホビーショップ・シバサキ模型」と称してNゲージ鉄道模型の小売を行う傍ら、自社製品としてエッチング加工による真鍮板パーツ「門鉄デフ」・「省電ドア」を発売。シバサキ模型 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカンフライヤー

    アメリカンフライヤーから見た鉄道模型鉄道模型

    アメリカンフイライヤーは米国の鉄道模型のブランドである。アメリカンフライヤー フレッシュアイペディアより)

  • 車輪倶楽部

    車輪倶楽部から見た鉄道模型鉄道模型

    果ては出演者によるスロットカーバトル(2012年(平成24年)1月放送)や、もはや自動車とは全く関係のない鉄道模型の特集(2009年(平成21年)5月放送)など、一般的な自動車番組の範疇を大きく超えた番組内容となることもあった。車輪倶楽部 フレッシュアイペディアより)

  • プラ素材

    プラ素材から見た鉄道模型鉄道模型

    プラモデルが一般化するに従って、モデラーは実物に更に近づけたり、モデル化されていないタイプを作るためにプラモデルの改造を行なうようになった。当初は使用できる素材は限られており、小さな部品はプラモデル製作で余剰となるランナーを加工して作ることができたが、大きな部品に使用できるのは木材だけだった。しかし、木材はプラスチックと全く異なる表面仕上げを必要とし、プラスチックとの接着も難しかったため、木材を用いてプラモデルの改造を行うには高い技術と経験を必要とした。そこで、より手軽に改造を行えるようにするため、当時多くの戦車キットを発売し、情報誌上で改造記事を連載していたタミヤが発売したのがプラ板とプラ棒である。これらはプラモデルと同じ素材で作られていたため接着や塗装も容易であり、以後プラモデルの改造やスクラッチビルドを行う際の必需品となった。販売が長期にわたるにつれプラ板を模型以外に用いることも増え、近年では手軽に入手できる工作用素材として使用されている。エバーグリーンやプラストラクトの製品はタミヤ製ほど入手は容易ではないが、断面形状やサイズの種類が多く、実物の形状を忠実に再現できるため建築模型や鉄道模型でも広く使用されている。プラ素材 フレッシュアイペディアより)

  • 西村京太郎記念館

    西村京太郎記念館から見た鉄道模型鉄道模型

    鉄道模型は800系新幹線や700系新幹線やゆふいんの森のキハ72系などが走っており、周りのジオラマで殺人事件が起こるなど配置を凝らしている。このジオラマの製作は東京の鉄道模型専門店、天賞堂が行った。西村京太郎記念館 フレッシュアイペディアより)

  • バーミンガム ドリブラー

    バーミンガム ドリブラーから見た鉄道模型鉄道模型

    バーミンガム・ドリブラー(Birmingham Dribbler) または カーペット レイルウェイ(carpet railway)は黎明期の鉄道模型である。 ライブスチームの機関車だが、軌道は無く、単純に床の上を走行した。前輪は向きを変える事が出来て、軌道が無くても円周状に走行できるものもあった。ビクトリア時代の1840年代に登場してとても人気のある鉄道模型玩具になった。バーミンガム ドリブラー フレッシュアイペディアより)

  • カトーデジタル

    カトーデジタルから見た鉄道模型鉄道模型

    カトーデジタルはカトーが1980年代後半に発売した鉄道模型の制御装置である。カトーデジタル フレッシュアイペディアより)

  • ガラレール

    ガラレールから見た鉄道模型鉄道模型

    ガラレールとは鉄道模型のレールの一種で、帯金を曲げて作られた空洞のあるレールのことを指す。「チューブラーレール」とも呼ばれる。ガラレール フレッシュアイペディアより)

539件中 151 - 160件表示

「鉄道模型」のニューストピックワード