168件中 101 - 110件表示
  • 鉱業

    鉱業から見たネアンデルタール人

    既知の最古の鉱山としては、スワジランドの "Lion Cave" がある。放射性炭素年代測定によるとこの鉱山は4万3千年前の旧石器時代のもので、赤鉄鉱を産出し、赤い顔料の原料に使われていた。ほぼ同年代に、ハンガリーでネアンデルタール人が燧石を採掘し、武器や道具を作っていたと考えられている。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見たハンガリー王国

    新たな鉄の軍事用途が登場したころ、ヨーロッパでは11世紀から14世紀にかけて人口が爆発的に増加し、通貨不足となって貴金属の需要も増えた。1465年、あらゆる銀鉱が既存技術で排水可能な限界の深さに到達し、銀が採掘できないという危機的状況が発生した。紙幣の使用が増え、販売信用という仕組みも使われていたが、貴金属の価値と需要は衰えず、硬貨の需要は相変わらず中世の鉱業を推進する力となっていた。水車場という形態での水力利用は幅広く、鉱石を砕いたり、坑道から鉱石を引き上げたり、大きな鞴を動かして坑道を換気したりするのに使われた。1627年、ハンガリー王国のシェルメツバーニャ(現在はスロバキアのバンスカー・シュチャヴニツァ)で初めて採掘に黒色火薬を使用した。黒色火薬は岩盤や土を爆破して鉱脈を明らかにすることを可能にし、火力採掘(岩盤を火で熱して水で冷却することで崩す方式)よりもずっと速かった。黒色火薬はそれまで不可能だった場所でも金属や鉱石の採掘を可能にした。1762年、シェルメツバーニャに世界初の鉱業アカデミーが創設された。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見たリモートセンシング

    鉱山運営企業は、資源の種類によって5種類に分類できる。石油・天然ガス採掘業、炭鉱業、金属鉱業、非金属鉱業、採石業の5つである。世界経済への影響という意味では、中でも石油・天然ガス採掘業が重要である。資源探査は、最近では地震波を用いた探査や人工衛星からのリモートセンシングなどのテクノロジーを用いている。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た炭酸カリウム

    鉱業(こうぎょう、英語:mining)とは、鉱物などの地下資源(場合によっては地表にあるものを含む)を鉱脈や鉱石から資源として取り出す産業である。卑金属、貴金属、鉄、ウラン、石炭、オイルシェール、岩塩、炭酸カリウムなどが採取される。農業で生産できない材料や、研究室や工場で化学合成で作れない材料を一般に採掘する。広い意味では任意の再生不可能な資源の採取を含み、石油や天然ガス、さらには化石水の採掘も含む。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た英語

    鉱業(こうぎょう、英語:mining)とは、鉱物などの地下資源(場合によっては地表にあるものを含む)を鉱脈や鉱石から資源として取り出す産業である。卑金属、貴金属、鉄、ウラン、石炭、オイルシェール、岩塩、炭酸カリウムなどが採取される。農業で生産できない材料や、研究室や工場で化学合成で作れない材料を一般に採掘する。広い意味では任意の再生不可能な資源の採取を含み、石油や天然ガス、さらには化石水の採掘も含む。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見たチョーク (岩石)

    文明の始まった当初から人々は岩石や粘土、後には金属などを地表やごく浅いところから採取して使っていた。それらは道具や武器の製造に使われ、例えばフランス北部やイギリス南部で産出する高品質の燧石は石器の製作に使われていた。燧石の鉱山はチョークの層の中にあり、地下の鉱脈を追って縦坑や坑道を掘った。特に有名な燧石鉱山跡として Grimes Graves があり、他の燧石鉱山と同様、新石器時代(紀元前4000年から紀元前3000年ごろ)を起源とする。イギリスの湖水地方にあった Langdale axe industry では greenstone と呼ばれる石器に適した岩石を産出した。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た持続可能な開発のための経済人会議

    鉱業における環境問題としては、侵食、地面の陥没、生物多様性の喪失、土壌や地下水や地表水の化学物質による汚染などがある。場合によっては、掘り出した土や岩の置き場所を確保するために、周辺の森林を伐採することもある。環境への被害だけでなく、化学物質による汚染は周辺の人々の健康にも悪影響を与えることがある。多くの国では鉱業に対して環境規制を課しているが、規制が実施されていない地域も多く、鉱業会社は自主規制を行っている。1992年、リオ地球サミットで国連多国籍企業センター(UNCTC)が多国籍企業の行動指針案を提案したが、持続可能な開発のための経済人会議 (BCSD) と国際商業会議所 (ICC) が自主規制を主張した。これを受けて Global Mining Initiative により業界団体である国際金属・鉱業評議会 (ICMM) が創設され、国際的な自主規制を行うようになった。鉱業界は様々な非営利団体に資金提供するようになり、その後先住民の権利を主張する戦いは低調になっている。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た工業

    音が同じ「工業」などと区別するために「山の鉱業」「金偏の鉱業」などと称することもある。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た産業

    鉱業(こうぎょう、英語:mining)とは、鉱物などの地下資源(場合によっては地表にあるものを含む)を鉱脈や鉱石から資源として取り出す産業である。卑金属、貴金属、鉄、ウラン、石炭、オイルシェール、岩塩、炭酸カリウムなどが採取される。農業で生産できない材料や、研究室や工場で化学合成で作れない材料を一般に採掘する。広い意味では任意の再生不可能な資源の採取を含み、石油や天然ガス、さらには化石水の採掘も含む。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見たバンスカー・シュチャヴニツァ

    新たな鉄の軍事用途が登場したころ、ヨーロッパでは11世紀から14世紀にかけて人口が爆発的に増加し、通貨不足となって貴金属の需要も増えた。1465年、あらゆる銀鉱が既存技術で排水可能な限界の深さに到達し、銀が採掘できないという危機的状況が発生した。紙幣の使用が増え、販売信用という仕組みも使われていたが、貴金属の価値と需要は衰えず、硬貨の需要は相変わらず中世の鉱業を推進する力となっていた。水車場という形態での水力利用は幅広く、鉱石を砕いたり、坑道から鉱石を引き上げたり、大きな鞴を動かして坑道を換気したりするのに使われた。1627年、ハンガリー王国のシェルメツバーニャ(現在はスロバキアのバンスカー・シュチャヴニツァ)で初めて採掘に黒色火薬を使用した。黒色火薬は岩盤や土を爆破して鉱脈を明らかにすることを可能にし、火力採掘(岩盤を火で熱して水で冷却することで崩す方式)よりもずっと速かった。黒色火薬はそれまで不可能だった場所でも金属や鉱石の採掘を可能にした。1762年、シェルメツバーニャに世界初の鉱業アカデミーが創設された。鉱業 フレッシュアイペディアより)

168件中 101 - 110件表示

「鉱業」のニューストピックワード