168件中 111 - 120件表示
  • 鉱業

    鉱業から見た建築

    農業においてもプラウの鉄の刃のように技術革新が広まり、建築における鉄の利用の増大もこの時代の鉄生産の増大を推し進める要因となった。スペインでは、採掘した鉱石を粉砕するのにひき臼などの発明を使うようになった。この装置は家畜の力を利用し、古代の中東で穀物の脱穀に使っていた技術と同様の原理で動作する。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た紙幣

    新たな鉄の軍事用途が登場したころ、ヨーロッパでは11世紀から14世紀にかけて人口が爆発的に増加し、通貨不足となって貴金属の需要も増えた。1465年、あらゆる銀鉱が既存技術で排水可能な限界の深さに到達し、銀が採掘できないという危機的状況が発生した。紙幣の使用が増え、販売信用という仕組みも使われていたが、貴金属の価値と需要は衰えず、硬貨の需要は相変わらず中世の鉱業を推進する力となっていた。水車場という形態での水力利用は幅広く、鉱石を砕いたり、坑道から鉱石を引き上げたり、大きな鞴を動かして坑道を換気したりするのに使われた。1627年、ハンガリー王国のシェルメツバーニャ(現在はスロバキアのバンスカー・シュチャヴニツァ)で初めて採掘に黒色火薬を使用した。黒色火薬は岩盤や土を爆破して鉱脈を明らかにすることを可能にし、火力採掘(岩盤を火で熱して水で冷却することで崩す方式)よりもずっと速かった。黒色火薬はそれまで不可能だった場所でも金属や鉱石の採掘を可能にした。1762年、シェルメツバーニャに世界初の鉱業アカデミーが創設された。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た研究室

    鉱業(こうぎょう、英語:mining)とは、鉱物などの地下資源(場合によっては地表にあるものを含む)を鉱脈や鉱石から資源として取り出す産業である。卑金属、貴金属、鉄、ウラン、石炭、オイルシェール、岩塩、炭酸カリウムなどが採取される。農業で生産できない材料や、研究室や工場で化学合成で作れない材料を一般に採掘する。広い意味では任意の再生不可能な資源の採取を含み、石油や天然ガス、さらには化石水の採掘も含む。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た水車場

    新たな鉄の軍事用途が登場したころ、ヨーロッパでは11世紀から14世紀にかけて人口が爆発的に増加し、通貨不足となって貴金属の需要も増えた。1465年、あらゆる銀鉱が既存技術で排水可能な限界の深さに到達し、銀が採掘できないという危機的状況が発生した。紙幣の使用が増え、販売信用という仕組みも使われていたが、貴金属の価値と需要は衰えず、硬貨の需要は相変わらず中世の鉱業を推進する力となっていた。水車場という形態での水力利用は幅広く、鉱石を砕いたり、坑道から鉱石を引き上げたり、大きな鞴を動かして坑道を換気したりするのに使われた。1627年、ハンガリー王国のシェルメツバーニャ(現在はスロバキアのバンスカー・シュチャヴニツァ)で初めて採掘に黒色火薬を使用した。黒色火薬は岩盤や土を爆破して鉱脈を明らかにすることを可能にし、火力採掘(岩盤を火で熱して水で冷却することで崩す方式)よりもずっと速かった。黒色火薬はそれまで不可能だった場所でも金属や鉱石の採掘を可能にした。1762年、シェルメツバーニャに世界初の鉱業アカデミーが創設された。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見たサクラメント (カリフォルニア州)

    19世紀になるとアメリカ合衆国で鉱業が盛んになり、1872年の鉱業法 (General Mining Act of 1872) で連邦所有地での鉱業開発に拍車がかかった。19世紀中ごろのカリフォルニア・ゴールドラッシュに代表されるように、鉱物や貴金属の採掘と牧場の拡大が西部開拓を太平洋岸まで推し進める主な要因となった。鉄道が敷設されると、さらに多くの人々が鉱山の仕事を目当てに西へと移住していった。デンバーやサクラメントといった西部の都市は、もともとは鉱山町だった。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た粘土

    文明の始まった当初から人々は岩石や粘土、後には金属などを地表やごく浅いところから採取して使っていた。それらは道具や武器の製造に使われ、例えばフランス北部やイギリス南部で産出する高品質の燧石は石器の製作に使われていた。燧石の鉱山はチョークの層の中にあり、地下の鉱脈を追って縦坑や坑道を掘った。特に有名な燧石鉱山跡として Grimes Graves があり、他の燧石鉱山と同様、新石器時代(紀元前4000年から紀元前3000年ごろ)を起源とする。イギリスの湖水地方にあった Langdale axe industry では greenstone と呼ばれる石器に適した岩石を産出した。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見たスロバキア

    新たな鉄の軍事用途が登場したころ、ヨーロッパでは11世紀から14世紀にかけて人口が爆発的に増加し、通貨不足となって貴金属の需要も増えた。1465年、あらゆる銀鉱が既存技術で排水可能な限界の深さに到達し、銀が採掘できないという危機的状況が発生した。紙幣の使用が増え、販売信用という仕組みも使われていたが、貴金属の価値と需要は衰えず、硬貨の需要は相変わらず中世の鉱業を推進する力となっていた。水車場という形態での水力利用は幅広く、鉱石を砕いたり、坑道から鉱石を引き上げたり、大きな鞴を動かして坑道を換気したりするのに使われた。1627年、ハンガリー王国のシェルメツバーニャ(現在はスロバキアのバンスカー・シュチャヴニツァ)で初めて採掘に黒色火薬を使用した。黒色火薬は岩盤や土を爆破して鉱脈を明らかにすることを可能にし、火力採掘(岩盤を火で熱して水で冷却することで崩す方式)よりもずっと速かった。黒色火薬はそれまで不可能だった場所でも金属や鉱石の採掘を可能にした。1762年、シェルメツバーニャに世界初の鉱業アカデミーが創設された。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見たフィリピン

    1992年、世界銀行は The Strategy for African Mining という報告書を端緒として、新たな規制によって国有の鉱業会社の民営化を要求しはじめた。1997年、中南米最大の鉱業会社ヴァーレ (CVRD) が民営化された。フィリピンでも1995年に鉱業法を制定するといった動きがあり、世界銀行は新たな報告書 (Assistance for Minerals Sector Development and Reform in Member Countries) を公表し、その中で環境アセスメントと地元住民への注意喚起の義務化を掲げた。この報告書に基づく新たな規制は、開発途上国の法律に影響を与えている。この新たな規制では、関税を撤廃するなどの免税期間を設定して開発を奨励することを意図していた:22。この規制の影響をケベック大学の研究グループが調査し、規制によって海外投資が促進されたが、持続可能な開発という意味では不十分であることを指摘している。天然資源の豊富さが経済発展にマイナスの影響を及ぼすことを資源の呪いと呼ぶ。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見たエジプト民族

    古代エジプト人はMaadiで孔雀石を採掘していた。当初エジプト人は明緑色の孔雀石を装飾や陶器に使っていた。紀元前2613年から紀元前2494年にかけて、大規模な建築計画のためにエジプト国内では産出しない鉱物や他の資源を確保するために Wadi Maghara への海外遠征を必要とした。トルコ石や銅の採掘場跡が Wadi Hammamat、Tura、シナイ半島のヌビア人居住地域、ティムナ などで見つかっている。古代エジプトの鉱業は初期の王朝時代に始まり、中でもヌビアの金鉱が最も大きく発展した。これについては、シケリアのディオドロスが著作に記している。それによると、金を含む硬い岩を砕く方法として火力採掘が行われていたという。鉱業 フレッシュアイペディアより)

  • 鉱業

    鉱業から見た黒曜石

    北アメリカでは、スペリオル湖沿岸に先史時代の銅山の遺跡がある。先住民は少なくとも5千年前に銅の採掘を始め、銅製の器具や鏃や工芸品が見つかっている。さらに、黒曜石や燧石や他の鉱石も採掘され、使われていた。初期のフランス人開拓者がその鉱山跡に遭遇したが、輸送手段がないため金属の利用方法がなかった。結局、銅は主要な川を使って大陸中で売買されるようになった。カナダのマニトバ州には、古代の石英鉱山がある。鉱業 フレッシュアイペディアより)

168件中 111 - 120件表示

「鉱業」のニューストピックワード