銃刀法違反 ニュース&Wiki etc.

銃砲刀剣類所持等取締法(じゅうほうとうけんるいしょじとうとりしまりほう、昭和33年3月10日法律第6号)は、銃砲・刀剣類の取締りを目的とした日本の法律である。略称は銃刀法。1958年3月10日公布、同年4月1日施行。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「銃砲刀剣類所持等取締法」のつながり調べ

  • カッターナイフ

    カッターナイフから見た銃砲刀剣類所持等取締法

    カッターナイフの所持が銃砲刀剣類所持等取締法(銃刀法)違反に問われることがある。オウム真理教事件の際の現行犯逮捕理由としてのものがよく知られる。それ以外にも事例は数多く存在し、実際に有罪判決が下された事例もある。他の犯罪を伴わずカッターナイフの所持のみで起訴・有罪となった例として京都地裁平成19年11月9日判決が挙げられる。(カッターナイフ フレッシュアイペディアより)

  • 綾瀬警察署

    綾瀬警察署から見た銃砲刀剣類所持等取締法

    2013年10月15日夜、綾瀬署地域課所属で中央本町交番(東京都足立区)に勤務する男性巡査長(24)が実弾入りの拳銃を所持したまま勤務中に失踪した。18日午後7時過ぎ、栃木県内のホテルにいるところを警視庁の捜査員が見つけ、違法に拳銃や実弾を所持したとして、銃刀法違反容疑で逮捕した。(綾瀬警察署 フレッシュアイペディアより)

「銃砲刀剣類所持等取締法」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ