150件中 121 - 130件表示
  • 長野久義

    長野久義から見たジャスト・スタンド・アップ

    Just Stand Up!」MARIAH,BEYONCE,MARY J.BLIGE,RIHANNA,FERGIE,SHERYL CROW,MELISSA ETHERIDGE,NATASHA BEDINGFIELD,MILEY CYRUS,LEONA LEWIS,CARRIE UNDERWOOD,KEYSHIA COLE,LEANN RIMES,ASHANTI,CIARA(2010年 - 2013年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たオールスターゲーム (日本プロ野球)

    オールスターゲーム出場:3回 (2011年 - 2013年)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た三養基郡

    佐賀県三養基郡基山町出身。佐賀県基山町立基山小学校1年生の時に地元の少年軟式野球チーム「基山バッファローズ」に入部。6年生時に主将を務める。基山中学校時代は九州硬式少年野球協会フレッシュリーグ所属の「筑紫野ドリームズ」に在籍。筑陽学園高校へ入学し、2002年の春季九州地区高校野球大会ベスト4進出。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た打撃 (野球)

    ヒットゾーンが広く、ボールゾーン打率がリーグ平均を大きく上回る。バッターボックスではホームベースから離れて構える。これは外角のスライダーの見極めに難があったためで、Honda時代にコーチの助言で離れて立つようになった。内角のボールは鋭く踏み込んでレフトに、外角はライトに捌く広角打法を持ち味とする。2012年までの通算の対左打率.289に対し対右打率.305と右打者ながら右投手に強く、特別苦手とする球種もない。本人は犠牲バントを課題に挙げており、犠打数は2015年の「5」がシーズン最多であり、あまり多くはない。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たJuly 1st

    July 1st」浜崎あゆみ(2012年から毎年7月1日に行われる主催試合において曲名と試合日に合わせて1打席目のみ限定で使用)長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た外野手

    長野 久義(ちょうの ひさよし、1984年12月6日 - )は、読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(外野手)。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た2013年の日本シリーズ

    日本シリーズ敢闘選手賞:1回 (2013年長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た最優秀新人 (日本プロ野球)

    新人合同自主トレで、柔軟性・持久力には課題を残すものの、マシン打撃で鋭い打球、外野守備練習で快足を披露し首脳陣から信頼を得る。続くオープン戦でも結果を残し、同期新人の土本恭平、市川友也と共に開幕一軍登録された。開幕戦である3月26日のヤクルト戦で左翼手としての守備からの途中出場で1軍デビュー。3月28日のヤクルト戦で「2番・中堅手」としてプロ初スタメンを飾った。以後は、6番、7番を中心にコンスタントにスタメン起用されたが、8月以後は不振に陥ってスタメン落ちが散見されるようになり、9月17日、不振からプロ入り初の二軍降格を経験する。このシーズン終盤には坂本勇人の不振で1番での先発出場を経験するなど、4番・5番を除く全打順での先発出場を経験した。10月8日の東京ヤクルトスワローズ戦(東京ドーム)での試合は、勝てば2位・負ければ3位が決まってしまう試合で、9回裏一死満塁で打席が回ってきたが三振に倒れた。結局サヨナラのチャンスを逃したチームも敗れて3位が決定しCSの本拠地開催権を確保できなかったが、1年目にして規定打席に到達し、打率.288・19本塁打をマークした。19本塁打はの高橋由伸と並び、巨人の新人では3位の記録。これにより2010年の新人王を獲得。巨人からは前々年の山口鉄也・前年の松本哲也に続き、3年連続の新人王誕生となった。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見たベストナイン

    4年次となったに急成長し、春季は12試合出場、打率.489(47打数23安打)、主将を務めた秋季は13試合出場、打率.404(52打数21安打)で1995年秋・1996年春の高須洋介(青学大)以来となる2季連続首位打者となり、ベストナインにも満票選出された。強肩・俊足を兼ね備え、プロの注目を浴びることとなった。同年秋の日米大学野球選手権、IBAFインターコンチネンタルカップ、2006年アジア競技大会に日本代表として出場。東都大学リーグ通算87試合出場、290打数85安打、打率.293、10本塁打、40打点。長野久義 フレッシュアイペディアより)

  • 長野久義

    長野久義から見た基山町

    佐賀県三養基郡基山町出身。佐賀県基山町立基山小学校1年生の時に地元の少年軟式野球チーム「基山バッファローズ」に入部。6年生時に主将を務める。基山中学校時代は九州硬式少年野球協会フレッシュリーグ所属の「筑紫野ドリームズ」に在籍。筑陽学園高校へ入学し、2002年の春季九州地区高校野球大会ベスト4進出。長野久義 フレッシュアイペディアより)

150件中 121 - 130件表示

「長野久義」のニューストピックワード