46件中 31 - 40件表示
  • 鈴木大輔 (サッカー選手)

    鈴木大輔 (サッカー選手)から見た関塚隆関塚隆

    2010年、J1第9節ヴィッセル神戸戦でリーグ戦初出場。ナビスコカップグループリーグ第4節京都サンガF.C.戦で公式戦初得点を記録した。同年、各クラブの控えメンバーを中心としたU-21日本代表に選出され、広州アジア競技大会に出場。全7試合に出場し、史上初の金メダル獲得に貢献した。同大会後も関塚隆監督に重用され、ロンドン五輪アジア予選を戦った。鈴木大輔 (サッカー選手) フレッシュアイペディアより)

  • 本田技研工業フットボールクラブ

    本田技研工業フットボールクラブから見た関塚隆関塚隆

    鹿島アントラーズへ監督の宮本征勝(1990年にホンダサッカー部監督退任)、ヘッドコーチの関塚隆(1991年に現役引退→早稲田大学ア式蹴球部監督)、黒崎久志・長谷川祥之・本田泰人・内藤就行・入井和久・千葉修が移籍し、読売サッカークラブへ同ジュニアユース出身北澤豪や同クラブを前身としたヴェルディ川崎へは石川康などが移籍した。本田技研工業フットボールクラブ フレッシュアイペディアより)

  • 横山知伸

    横山知伸から見た関塚隆関塚隆

    加入初年度はセンターバックとして見られていたが、09年は関塚隆監督のコンバートによりMFへとポジションを移した。ヴィトール・ジュニオールの長期離脱・中村憲剛のポジション変更もあり視野の広さや展開力を買われシーズン後半はレギュラーに定着。中村に変わるボールの配給役を務めた。横山知伸 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年のサッカー日本代表

    2010年のサッカー日本代表から見た関塚隆関塚隆

    なお、ロンドンオリンピック出場を目指すU-21代表では、関塚隆がA代表コーチとの兼任で監督に就任。11月の広州アジア大会で優勝した(アジア大会初優勝)。2010年のサッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • SET UP!!

    SET UP!!から見た関塚隆関塚隆

    2017年5月3日 (水) ○(片山真人をパーソナリティ、関塚隆・二宮寿朗をゲストコメンテーターとして、20:30まで2時間30分放送。メッセージテーマは「教えてセキさん」・「野球ドレミの歌」)SET UP!! フレッシュアイペディアより)

  • ジュビロ磐田

    ジュビロ磐田から見た関塚隆関塚隆

    ヘッドコーチ長澤徹が監督代行を務め、5月19日よりU-23サッカー日本代表元監督関塚隆が監督に就任(長澤はヘッドコーチに復帰)。ジュビロ磐田 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎市

    川崎市から見た関塚隆関塚隆

    一方、川崎フロンターレは、2001年にはJ2に降格していたが、2004年、元鹿島アントラーズの関塚隆を監督として迎え、J2・2回目の優勝、J1復帰を決めた。フロンターレは、地域のコミュニティを重視し、試合だけに限らず様々なイベントに参加することをチーム運営の方針としている。2004年9月には川崎市ホームタウンスポーツ推進パートナー制定による認定を受け、さらに2006年4月にはフットサル施設「フロンタウン・さぎぬま」の指定管理者になっている。川崎市 フレッシュアイペディアより)

  • 中村憲剛

    中村憲剛から見た関塚隆関塚隆

    入団当初は攻撃的ミッドフィールダーだったが、2004年に関塚隆監督の提案でボランチへコンバート。中村憲剛 フレッシュアイペディアより)

  • 山口蛍

    山口蛍から見た関塚隆関塚隆

    その後も関塚隆監督の寵愛を受け、レギュラーとしてロンドン五輪アジア予選を戦った。山口蛍 フレッシュアイペディアより)

  • 米本拓司

    米本拓司から見た関塚隆関塚隆

    2012年3月17日、J1第2節名古屋戦にて途中出場し11ヶ月ぶりの試合出場を果たした。体重を増やしパワーを付けたこともあって、武器であるボールホルダーへの寄せはタイミングを見計らってのものへと変化した。U-23代表には1年以上の間選外になっていたが、関塚隆U-23日本代表監督からの評価は高く同年7月、ロンドンオリンピックに臨むU-23日本代表のバックアップメンバーに選出された。米本拓司 フレッシュアイペディアより)

46件中 31 - 40件表示

「関塚隆」のニューストピックワード