1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示
  • 川崎フロンターレ

    川崎フロンターレから見た関塚隆関塚隆

    鹿島でコーチを務めていた関塚隆が監督に就任。また、鹿島からDF相馬直樹、新潟から2年連続でJ2リーグ得点王のマルクスを補強した。リーグ戦では開幕直後から首位を独走し、9月26日・第36節の水戸戦(笠松)でマルクスの2ゴールにより2 - 1で勝利してJ2の2位以内によるJ1昇格が「内定」、続く10月2日・第37節の横浜FC戦(等々力)にも勝利して5年ぶり2度目のJ2優勝が確定。シーズン最終成績も勝ち点105、得点104と、昇格後に設定した「ダブル・トリプル」の目標を達成した。また、ジュニーニョは37得点を挙げてJ2得点王を獲得した。第84回天皇杯ではベスト16に入った。なお、この年のスローガン「Mind-1」は、2011年からの東日本大震災復興支援活動で再び利用される事になった。川崎フロンターレ フレッシュアイペディアより)

  • Jリーグ監督経験者

    Jリーグ監督経験者から見た関塚隆関塚隆

    関塚隆(鹿島 監督代行=1998シーズン途中 川崎 2004-2008シーズン途中、2009 磐田 2013シーズン途中-シーズン終了 千葉 2014シーズン途中-2016シーズン途中)Jリーグ監督経験者 フレッシュアイペディアより)

  • ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ

    ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザから見た関塚隆関塚隆

    2008年に川崎へ復帰したが、開幕戦から結果を出すことができず、チームも勝てない状態が続く。さらには当時の監督・関塚隆と起用法などをめぐり対立、リーグ戦出場わずか2試合で、3月26日に川崎を退団。同年4月1日に、前年に所属していた東京Vへ復帰。ここでもコンスタントに結果を出す一方、4月12日の第6節、FC東京との東京ダービーで累積警告で退場すると、審判に対して不信感を持ち、移籍報道が出るなどして東京Vを退団しポルトガルのFCポルトへ移籍する。ジヴァニウド・ヴィエイラ・ジ・ソウザ フレッシュアイペディアより)

  • ジェフユナイテッド市原・千葉

    ジェフユナイテッド市原・千葉から見た関塚隆関塚隆

    しかし開幕から低調で、順位も第6節終了後に9位、第16節、18節終了後に8位になった以外は2桁順位を推移、第19節対北九州戦に敗れ、7勝6分6敗の勝点27で12位となった直後の6月23日に監督の鈴木と契約解除。テクニカル・ダイレクターの斉藤和夫による代理指揮を挟んで、7月1日に千葉県出身でロンドン五輪日本代表監督を務めた関塚隆が同月8日から後任監督として指揮を執ることが発表された。ジェフユナイテッド市原・千葉 フレッシュアイペディアより)

  • うるとらスーパーさぶっ!!

    うるとらスーパーさぶっ!!から見た関塚隆関塚隆

    川崎フロンターレが試合終盤で試合を決定づけられる失点を喫して敗れた際、決勝点を決められた選手を捩りながら、悔しがる様を描く。時には川崎に敗れた際、相手チームのメンバーが、中村憲剛に向かって悔しがることもある。題材は矢野貴章、今野泰幸から。南アフリカワールドカップ時には、先に出番が与えられた矢野・今野を見て、中村が(矢野の時は今野も)悔しがるというネタがあった。また、元フロンターレ監督で2010年アジア大会日本代表の監督であった関塚隆がこの大会での優勝を受け、「あんちきしょー!」・「こんのヤロー!」と叫ぶネタが掲載。うるとらスーパーさぶっ!! フレッシュアイペディアより)

  • U-23サッカー日本代表

    U-23サッカー日本代表から見た関塚隆関塚隆

    ロンドン大会のメンバー。監督は関塚隆U-23サッカー日本代表 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
46件中 41 - 46件表示

「関塚隆」のニューストピックワード