阪神間のできごと ニュース&Wiki etc.

阪神間モダニズム(はんしんかんモダニズム)とは、明治時代に形成された帝塚山をモデルに開発された地区である。1900年代から1930年代の日本において、六甲山系と海に囲まれた理想的な地形を有する阪神間(兵庫県神戸市中央区・灘区・東灘区、芦屋市、西宮市、宝塚市、伊丹市、尼崎市、三田市、川西市)を中心とする地域に育まれた、近代… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「阪神間モダニズム」のつながり調べ

  • 長谷眞次郎

    長谷眞次郎から見た阪神間モダニズム

    長谷 眞次郎(はせ しんじろう、1916年7月25日 - 1963年2月4日)は、日本の洋画家。昭和初期から60年代にかけて関西で活躍した。活動の中心は関西、京都、阪神間。阪神間モダニズムの晩期に画壇に登場し、具体美術直前までの時期。作品を時系列に追うと当時の美術界のムーブメントの軌跡を見ることができる。(長谷眞次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 播半

    播半から見た阪神間モダニズム

    甲陽園にかつて存在した播半(はり半)は阪神間モダニズム時代の1927年(昭和2年)に建設されたが、2005年(平成17年)閉店。跡地は日本エスリードによる分譲マンション「エスリード西宮甲陽園」となっている。(播半 フレッシュアイペディアより)

「阪神間モダニズム」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「阪神間のできごと」のニューストピックワード