162件中 131 - 140件表示
  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見たジョージア魂賞

    ''、東日本大震災の影響で日程が遅れたことに加え、4月5日の阪神タイガースとの練習試合で右ふくらはぎを負傷して、開幕に出遅れる。その後は二軍での調整を経て、交流戦初戦の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で5番捕手で1軍復帰を果たすと、9回表に2死走者なしから初安打を放ち、逆転の足がかりを作った。その後も正捕手としてだけでなく、シリーズ終盤ではラミレスに代わって4番に定着するなどして、攻守にわたってチームを牽引。9月29日の横浜ベイスターズ戦では谷繁元信が打ち出した、セントラル・リーグ記録の連続守備機会無失策1,708を抜く、新記録の1,709を達成するなどして、最終的には114試合に出場して、打率.292で114安打の61打点(ただし開幕から1ヶ月欠場した影響で8年ぶりに規定打席には到達できなかった)、本塁打もチーム2位の20本と5年連続の20本塁打を達成した。シーズン中には、第7回「ジョージア魂賞」を受賞、JA全農Go・Go賞は、8月の「最多盗塁阻止賞」部門、9月の「最多二塁打、三塁打賞」部門、10月の「最優秀賞」と3か月連続で受賞した。シーズン終了後には5年連続となるベストナインにも選出された。オフの契約更改では、怪我で出遅れながらもナインを牽引したことが評価され、現状維持の4億円(推定)で更改した。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た日本プロ野球80周年記念試合

    ''、5月1日の対ヤクルト戦で西村健太朗の逆玉を捕った際に首を痛め途中交代をした。6月7日の対西武戦で、5回裏に岸孝之から右越えにソロ本塁打を放ち、球団歴代本塁打数332本で並んでいた松井秀喜を抜いて球団歴代単独4位に浮上した。なお、この本塁打で捕手では史上5人目となる通算1000打点も達成した。7月25日の対中日戦では、球団史上6人目となる通算3000塁打を達成した。しかし、この年は怪我や不振に泣かされ、一塁手として出場することもあった。本塁打数も19本にとどまり、2006年の10本以来8年ぶりに20本を下回った。打率.248は規定打席到達者の中で最下位だった。クライマックスシリーズでは全試合に4番に座り、第1戦に藤浪晋太郎からソロ本塁打、第3戦ではランディ・メッセンジャーから先制適時打を放ったが、この2安打のみと不振であった。なお第3戦の適時打はCS4試合の中でチーム唯一の適時打だった(それ以外の得点は本塁打と犠飛)。オフの10月22日に、10月21日に、「日本プロ野球80周年記念試合」の阪神・巨人連合チームに選出された事が発表された。11月6日に、2年連続となる捕手部門でゴールデングラブ賞を受賞した。不振を受けて年俸は5億1000万円(推定)へとダウンしたが、球界最高年俸は変わらず。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た打撃 (野球)

    強打の捕手として知られ、基準違反統一球が導入されていた2011年から2012年において両リーグ最高打率となる.318、同OPS.935を誇った。スイングを始めてから腰を捕手方向に捻るツイスト打法により緩急に対応し、内角の球も切れずにスタンドに運ぶ技術を持つ。左打者ながら左投手も苦にせず、2006年から2010年まで左投手に対して打率.283を記録し、統一球導入後の通算でも打率.327を記録している。ツイスト打法は内田順三に勧められて2004年から取り入れ、普段の練習やティーバッティングなどで腰の開きを我慢しながら反復して練習しているという。また、父からの「力に頼ることなく基礎の技術を大事に素直に打ちなさい」という教えを忠実に守っており、練習でのフリーバッティングにおいても強引に引っ張るのではなく、逆方向へ打ち返す練習を現在も行なっている。下半身の強靭さが必要なツイスト打法を使いこなす一方で、左打者で一塁到達4秒台後半の鈍足である。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た内野手

    阿部 慎之助(あべ しんのすけ、1979年3月20日 - )は、千葉県浦安市出身の読売ジャイアンツに所属するプロ野球選手(捕手、内野手)。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た宮城球場

    250本塁打:2011年5月18日、対東北楽天ゴールデンイーグルス2回戦(日本製紙クリネックススタジアム宮城)、7回表に永井怜から右越ソロ ※史上55人目阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見たとんねるずのみなさんのおかげでした

    とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ、2012年12月13日) - とんねるずの二人にセ・リーグ二冠王達成記念のバットをプレゼントした。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た首位打者 (日本プロ野球)

    首位打者:1回 (2012年)阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た日テレG+

    徳光和夫の週刊ジャイアンツ(日テレG\+ 、2013年1月14日) - 坂本勇人、長野久義、藤村大介と共に出演。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見たJA全農Go・Go賞

    最優秀JA全農Go・Go賞:1回 (2011年)阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部慎之助

    阿部慎之助から見た中央大学硬式野球部

    元実業団野球チーム・電電東京に所属した阿部東司の第2子(1歳上の姉と3歳下の妹がいる)として誕生。慎之助の名は母親が池畑慎之介(ピーター)の大ファンだったことから名付けられた。父は掛布雅之と習志野市立習志野高等学校で同期であり、掛布とクリーンナップを組み、掛布が3番・父が4番を打ち、全国高等学校野球選手権大会に出場経験がある。その影響もあり、幼い頃から阪神タイガースファンで掛布に憧れ左打ちになった。また父もポジションは捕手、中央大学と共通している。父の勧めもあり、浦安市野球協会学童部所属・軟式少年野球チーム・浦小クラブに所属。その縁で浦安市野球協会で阿部慎之助杯争奪少年野球大会を協賛している。阿部慎之助 フレッシュアイペディアより)

162件中 131 - 140件表示

「阿部慎之助」のニューストピックワード