149件中 101 - 110件表示
  • 雪崩

    雪崩から見た日本雪氷学会

    雪と氷の研究へようこそ - 日本雪氷学会雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た八ヶ岳

    1983年(昭和58年)3月21日 - 長野県の八ヶ岳連峰・阿弥陀岳(2807m)で兵庫県の山岳会の11名と長野の登山客1名の合計12名が表層雪崩に巻き込まれ死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た草津町

    1月31日 - 群馬県吾妻郡草津町にある万座鉱山鉱業所の硫黄採掘所で雪崩が発生し作業員の宿舎が押し潰された。これにより30名が生き埋めとなり14名が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たダム

    12月31日 - 福井県大野市の真名川に沿って通る道路でダム工事現場へ向かう途中のトラックとダンプ計11台の車列に雪崩が襲い2台のトラックが真名川に転落。7名が死亡した。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た目名駅

    防雪フェンスや軽い壁を立てて、雪の積もる場所を変える方法もある。雪は壁の周り、中でも卓越風の風上側に溜まっていく一方、フェンスの風下には雪が溜まりにくくなる。これは、本来積もるはずであった雪がフェンスの所で積もってしまう事と、フェンスの所で雪を失った風によって元々あった雪が飛ばされる事による。十分な密度の森林があれば、それによって雪崩の強度は著しく弱められる。森林に降った雪は森林に留まるし、雪崩が起こった際には木々に当たって雪崩が減速される。スキー場建設の際に行われているように、植林したり森林を保存しておく事により、雪崩の強度を弱める事が出来る。スキー場以外でも、鉄道沿線に植林する事で雪崩被害を予防する方法がとられている例がある。たとえば北海道の函館本線は目名駅から倶知安駅を経て銀山駅あたりに至るまで、雪崩対策のための鉄道防雪林が造成されており、雪崩防止のみならず、吹雪の防止、吹き溜まりの防止の効果があるとされている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たサラン峠

    2010年2月8日 - サラン峠で大規模な雪崩が相次いで発生。通行中の車両が巻き込まれて166人以上が死亡。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た日本河川協会

    国土開発調査会編、日本河川協会監修『河川便覧』(平成16年度版)、2004年。雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見たイタリア

    イタリアで行われた、雪崩に埋まった422人のスキーヤーについての調査によれば、次の通りである:雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た湯沢町

    1918年(大正7年)1月9日 - 新潟県南魚沼郡三俣村(現在の同郡湯沢町)で泡雪崩が発生。集落が襲われ158名の死者を出した。記録に残っているうちでは日本で最悪の雪崩被害。(三俣の大雪崩)雪崩 フレッシュアイペディアより)

  • 雪崩

    雪崩から見た自動車

    グループの全員が標準的な雪崩対策装備の使い方の訓練を受け、実際にその装備を身に付けて使う事によって、雪崩に埋まった被災者を発見し救助できる確率は向上する。しかしながら、それは自動車のシートベルトと同じようなものと考えるべきで、その装備を身に付けているからといって、いざという時にも命は助かるなどと考えて危険な行動をとってはいけない。ビーコン、ショベル、プローブは雪崩危険地帯で行動する場合の最低限の装備であると考えられている。雪崩 フレッシュアイペディアより)

149件中 101 - 110件表示

「雪崩」のニューストピックワード

[an error occurred while processing this directive]