359件中 101 - 110件表示
  • 軍用電子機器の命名規則 (アメリカ合衆国)

    軍用電子機器の命名規則 (アメリカ合衆国)から見た電池電池

    上記の名称に続いて、可変的な補足を伴うシステムは、(V)を型式名称に加える。(T)は、トレーニング・システムを示す。システムに付随するサブシステム(グループ)は、2文字のコードで示され、その後に数字、スラッシュ及びシステム用のものと同じ3文字コードのうち1?3文字が続く。例えば、“BA-1234/PRC”は、携帯無線機セットのバッテリーである。軍用電子機器の命名規則 (アメリカ合衆国) フレッシュアイペディアより)

  • 特定家庭用機器再商品化法

    特定家庭用機器再商品化法から見た電池電池

    チューナーを内蔵していないモニターや、電池式(蓄電池を含む)の液晶テレビ(カーテレビ、携帯テレビ)などは対象外。また、パソコンのディスプレイ(CRTおよび液晶)はこの法律ではなく資源有効利用促進法(パソコンリサイクル法)の対象となる。特定家庭用機器再商品化法 フレッシュアイペディアより)

  • ワインディングマシーン

    ワインディングマシーンから見た電池電池

    電源は、直流モーターの場合は電池や電源アダプターを使用し、交流モーターの場合は家庭用電源(日本の場合は交流100V)を使用する。電池式のメリットは構造が簡単なこと、静かなこと、電源コードがないため金庫内などでも使用可能なことである。直流モーターでは、永久磁石がモーター回転子の外側に装着されており、モーター周辺に常時磁場が存在するため自動巻腕時計の嫌う帯磁への危険性を配慮する必要があるが、大多数のワインディングマシーンが採用する音響用マブチモーターでは作動電圧が低い(4.5V - 7.5V)こととモーターのシェルに軟鉄鋼を使用し防磁対策がなされているため帯磁の危険性は低い。家庭用電源式のメリットは強力なこと、駆動が安定していること、電池交換の必要がないためその分省力化できることである。交流シンクロナスモーターを使用する日本国内の製品としてはPower reserveシリーズ、時のゆりかご・時の観覧車・モージュがある。ワインディングマシーン フレッシュアイペディアより)

  • 創造性の育成塾

    創造性の育成塾から見た電池電池

    私たちはふだんいろいろな電池を使っています。あなたがさらに高性能の電池を開発したとしたら、その電池を使ってどんな器具をどのように利用しますか。電池の特徴と活用方法について、あなたのアイデアをまとめてください。創造性の育成塾 フレッシュアイペディアより)

  • ブルーギル (潜水艦)

    ブルーギル (潜水艦)から見た電池電池

    4月1日、ブルーギルは最初の哨戒でミンダナオ島、ハルマヘラ島およびパラオ方面に向かった。ブルーギルには、司令部から「パラオとハルマヘラの間が特に重要である」と念を押されていた。4月27日未明、ブルーギルはソンソロール島の近海を哨戒中、レーダーに大小の目標を探知した。当時、軽巡洋艦夕張と駆逐艦夕月がソンソロール島への陸軍兵の輸送作戦に従事していた。ブルーギルはその2隻を探知したのである。ブルーギルは雨中の中を夕張と夕月の予想進路上に向かい潜航して待ち構えたが、気がつけば夕張と夕月はとっくに通り過ぎてしまい、このときは攻撃は失敗した。ブルーギルはソンソロール島に接近し、陸軍兵を揚陸中の夕月を発見。これを攻撃しようと接近中、視界内に夕張が現れた。夕張は夕月が陸軍兵を揚陸中には周囲で警戒していたが、やがて夕月の揚陸作業が終わったのでパラオへ向かおうとしていたところだった。ブルーギルは諸計算を訂正した上で夕張に対し、距離2,400メートルから魚雷を6本発射して、うち1本だけが夕張に命中した。命中したときはちょうど潜望鏡を下げるところで、下げてから爆発音が3つ聞こえた。夕張は丸一日持ちこたえたが、最終的には4月28日午前にの地点で沈没した。攻撃直後、これも揚陸作業に従事していた駆逐艦五月雨が反撃してきたが何も起こらず、逆に夕月に対して魚雷を4本したが命中しなかった。4月28日午後、ブルーギルはの地点で夕月に対して再び魚雷を4本発射したが、これも命中しなかった。この時も夕月の爆雷攻撃を受けたが、被害はなかった。5月1日夕刻には、のパラオ西方でダバオに向かっていた陸軍輸送船阿蘇山丸(三井船舶、8,811トン)を発見。阿蘇山丸は東松5号船団に加わってパラオを出港していたが、4月27日にトリガー (USS Trigger, SS-237) の雷撃により大破してパラオに引き返し、仮修理を終えてパラオを出てきたところだった。ブルーギルはの地点で魚雷を4本発射し、うち2本が命中したと確認される。爆雷攻撃を避けたのち、翌5月2日朝に浮上して未だ浮いていた阿蘇山丸に対して砲撃を行い、砲撃後約1時間で阿蘇山丸は沈没していった。続いて5月20日、ブルーギルはのモロタイ水道口で陸軍輸送船宮浦丸(日本郵船、1,856トン)を発見し、魚雷を4本発射する。魚雷は2本が宮浦丸に命中し、可燃物を搭載していた宮浦丸は炎上して間もなく沈没した。2日後の5月22日、ブルーギルはの地点で9隻の輸送船団を発見して接近を試みたが護衛艦の爆雷攻撃で避退し、夕方になって浮上したところ、第九五四航空隊機の爆撃を受けて一時艦の動力が止まり、舵を人力で操作しなくてはならなかった。またレーダーや電池も損傷したが、ブルーギルは応急修理の上哨戒を続けた。6月7日、ブルーギルは67日間の行動を終えてブリスベンに帰投した。ブルーギル (潜水艦) フレッシュアイペディアより)

  • カウンターウエイト

    カウンターウエイトから見た電池電池

    エレベーターやクレーンなどには専用の重りを取り付けてカウンターウエイトにする場合が多いが、フォークリフトがエンジンや電池を動力源かつカウンターウエイトとして用いているように、特別な重りを使わず構造的な工夫によって役割を担っている場合もある。カウンターウエイト フレッシュアイペディアより)

  • デンドライト

    デンドライトから見た電池電池

    電池には金属イオンの液が使われており、その中で化学反応も起こっているので、デンドライトを生じやすい。析出する金属の量が少しでも、デンドライトになると長く伸びやすいので、容器などの表面を伝って生成し、電気配線をショートさせることがある。デンドライト フレッシュアイペディアより)

  • ミラーレス一眼カメラ

    ミラーレス一眼カメラから見た電池電池

    撮像素子やファインダーが常に動作しているため、ユーザー側でバッテリーを長持ちさせる工夫ができず、センサーの熱ノイズが増加するといった問題がある。一方、一眼レフでは液晶画面を消灯することでバッテリーの消費を抑えることができ、熱ノイズの増加も少ない。ミラーレス一眼カメラ フレッシュアイペディアより)

  • ジョルジュ・ルクランシェ

    ジョルジュ・ルクランシェから見た電池電池

    フランス生まれ。1856年にフランスのグランゼコールの名門校エコール・サントラルに入学し、1860年に卒業する。その後鉄道会社に職を得て、電池の研究を行う。1866年(1867年や1868年とも言われる)に、現在のマンガン乾電池の原形であるルクランシェ電池(Leclanché cell)を発明する。ジョルジュ・ルクランシェ フレッシュアイペディアより)

  • 電力密度

    電力密度から見た電池電池

    電池の性能のひとつ。質量あたりの取り出せる電力を表す。通常、電池によって生じる電圧の値は電池の種類によって決まるため多くの電力を出力するにはより大きな電流を必要とする(電力P=電流I×電圧V であるため)。電池の種類を変えずに取り出す電力を大きくするには、直列につないで電圧を上げる等の他に、電池をより大きくし電極面積を増やすことによって電池の内部抵抗を小さくする方法がある(並列接続と同等)。しかし、通常これらの方法は質量の増加を伴うため、電力密度は電池の性能の指標のひとつとなっている。単位はワット毎キログラム (W/kg)。電力密度 フレッシュアイペディアより)

359件中 101 - 110件表示

「電池・バッテリー・新電源」のニューストピックワード