153件中 101 - 110件表示
  • SETI@home

    SETI@homeから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    インターネットに接続可能なコンピュータを持っていれば、誰でも電波望遠鏡の観測データをダウンロードして分析する無料のプログラムを実行させることでSETI@homeに参加できる。SETI@home フレッシュアイペディアより)

  • ISEE-3/ICE

    ISEE-3/ICEから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    2014年3月1日と2日に、ドイツのアマチュア無線局の20m電波望遠鏡がICEからのビーコン波を受信することに成功した。2014年8月に地球周辺に戻ってくるため、6月までに衛星を制御できるようにできれば、小さな軌道制御を行うことにより、L1点に再び戻すことが出来ることから、民間の団体がクラウドファンディングを使って資金集めを行い、ICEの運用を再開することになった。軌道制御を行う場合は月から高度50km以内の所をフライバイすることになる。ISEE-3/ICE フレッシュアイペディアより)

  • 野辺山高原

    野辺山高原から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    電波天文学の国際的な拠点の一つである国立天文台野辺山宇宙電波観測所・太陽電波観測所が置かれており、直径45mの電波望遠鏡をはじめ各種のパラボラアンテナが高原の風景の中に立ち並んでいる。また、信州大学農学部附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター野辺山ステーション(旧・野辺山農場)、筑波大学農林技術センター八ヶ岳演習林といった教育・研究機関も立地する。野辺山高原 フレッシュアイペディアより)

  • 地球外知的生命体探査

    地球外知的生命体探査から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    SETIの中で現在最も大規模に行われている方法では、電波望遠鏡で受信した電波を解析し、地球外知的生命から発せられたものがないか探すというもので、この方式のプロジェクトの幾つかでは惑星協会やSETI協会が重要な役割を果たしている。1970年代からは電波のほかに、光学望遠鏡を使って地球の人類と同等以上のテクノロジーを持つ知的生命体ならば発する可能性のある大輝度レーザー光を検出する試み(OSETI、光学的地球外知的生命探査)もなされており、専用望遠鏡も存在する。この他にも、ダイソン球発見を目指し、光学的な観測結果と赤外線望遠鏡による観測結果の比較を行う分野、地球外文明が惑星系の中心星へ核廃棄物を投棄しているという仮定で、その証拠を分光学的に調査する観測、地球外知的生命が地球周囲に探査機を送り込んできていると仮定し、それらが配備されている可能性がある領域の撮影を行い捜索する分野などもある。ガンマ線バーストが地球外知的生命の恒星船の航行による痕跡であるという仮説を検証するため、宇宙探査機で得られたデータが調査されたこともある。地球外知的生命体探査 フレッシュアイペディアより)

  • はくちょう座16番星

    はくちょう座16番星から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    はくちょう座16番星には、METI の活動として電波メッセージが送られている。メッセージは「」と名づけられ、ユーラシア大陸最大のレーダーでもあるイェウパトーリヤRT-70電波望遠鏡から、1999年5月24日に発信された。測定された恒星までの距離が精確であれば、2069年11月にはくちょう座16番星に到達すると考えられている。はくちょう座16番星 フレッシュアイペディアより)

  • 007 ゴールデンアイ

    007 ゴールデンアイから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    キューバにあるヤヌスの基地は、プエルトリコのアレシボ天文台でロケされた。ゴールデンアイをコントロールするパラボラアンテナは、実際は電波望遠鏡である。007 ゴールデンアイ フレッシュアイペディアより)

  • 中華人民共和国の科学技術

    中華人民共和国の科学技術から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    2016年に完成予定の500メートル球面電波望遠鏡は世界最大の電波望遠鏡となる予定である。中華人民共和国の科学技術 フレッシュアイペディアより)

  • 絶対ナル孤独者

    絶対ナル孤独者から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    2019年7月に電波望遠鏡が観測した電波信号。ある周波数の短い電波信号が2、3、5、7、11、13、17回繰り返し観測され、その回数が素数の最初の7つと同じであることから、Seven Prime Numbers(7つの素数)の頭文字をとってSPNシグナルと呼ばれるようになった。絶対ナル孤独者 フレッシュアイペディアより)

  • 500メートル球面電波望遠鏡

    500メートル球面電波望遠鏡から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    500メートル球面電波望遠鏡(、FAST、Five-hundred-meter Aperture Spherical radio Telescope)は、中国科学院国家天文台により建設された世界最大の電波望遠鏡である。中国で「天眼の父」と呼ばれている高名な満州族科学者である同天文台のがこの計画の責任者を務めた。建設費は約12億元(約185億円)といわれている。500メートル球面電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 宇宙文明

    宇宙文明から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    地球外の文明と情報交換を行う試みとしては、アレシボ・メッセージやボイジャー探査機のゴールデンレコード、電波望遠鏡による人工的な電波の探索などSETIプロジェクトに代表される様々な取り組みが行われてきた。宇宙文明 フレッシュアイペディアより)

153件中 101 - 110件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード