153件中 111 - 120件表示
  • おうし座

    おうし座から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    また、おうしの背中にあたる部分には活発に星形成を行うおうし座分子雲が存在しており、ハッブル宇宙望遠鏡や世界中の電波望遠鏡で盛んに観測が行われている。おうし座 フレッシュアイペディアより)

  • SN 2011fe

    SN 2011feから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    SN 2011feは最初は非常に暗かったが、急速に明るくなった。最初に撮影された8月24日は、裸眼で見える光度の100万分の1以下であった。翌日には1万分の1になった。さらに翌日にはその6倍明るくなった。8月25日、拡大VLA(EVLA)の電波望遠鏡はSN 2011feからの電波放射を検出できなくなった。このような放射は他の型の超新星ではありうるが、Ia型ではこれまで見られなかった。SN 2011fe フレッシュアイペディアより)

  • オズマ計画

    オズマ計画から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    ドレイクは口径26mの電波望遠鏡を用い、1.420GHzのマーカー周波数(中性水素線、波長21cm)でくじら座τ星とエリダヌス座ε星を観測した。この周波数は恒星間の水素から自然に放出される波長であるとともに、恒星間無線通信を行おうとする者にとっては誰でも馴染みのある波長であり、一種の宇宙の標準というべきものだと考えられた。オズマ計画 フレッシュアイペディアより)

  • SKIPシティ

    SKIPシティから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    D街区には、株式会社放送衛星システム(日本放送協会、民放各社の出資による放送衛星運用会社)の地上運用局が設置されている。なお、このパラボラアンテナは、電波望遠鏡ではなく、静止軌道上にある放送衛星の地上管制を行う施設である。SKIPシティ フレッシュアイペディアより)

  • ウェスト彗星

    ウェスト彗星から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    3月初旬になると、明け方の空に約20度に達する扇のように広がった尾を見せる大彗星となった。ダストテイルには明瞭なシンクロニックバンドを見ることができた。3月5日には後にB核と呼ばれる分裂した核が初めてA核と分離して観測された。この日には NASA によるロケット観測も行われ、紫外線での観測によって彗星の光に炭素や酸素、一酸化炭素の輝線が見られることが判明した。3月11日には第3、第4の分裂核であるC核、D核が初めて観測された。また、3月12日から3月14日にかけては電波望遠鏡による観測も行われ、彗星にヒドロキシルラジカル (?OH) が存在することが明らかとなった。ウェスト彗星 フレッシュアイペディアより)

  • Wow! シグナル

    Wow! シグナルから見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    Wow! シグナル(ワウ! シグナル、ワオ! シグナル、)とは、1977年8月15日にSETIプロジェクトの観測を行っていたオハイオ州立大学のジェリー・R・エーマンが、ビッグイヤー電波望遠鏡で受信した電波信号である。狭い周波数に集中した強い信号で、太陽系外の地球外生命によって送信された可能性が指摘されている。望遠鏡は信号を72秒間に渡り観測することに成功したが、以降の探査では同様の現象は見つけられず、その起源は謎のままである。Wow! シグナル フレッシュアイペディアより)

  • 国立天文台

    国立天文台から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    野辺山宇宙電波観測所 (長野県南佐久郡南牧村):国内最大のミリ波望遠鏡を備えた観測所。国立天文台 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木松美

    鈴木松美から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    コスモサウンドシリーズ(キングレコード、1993) - 監修。ハワイ、マウナ・ケア山の電波望遠鏡で受信したデータを音響に変換。全5枚。鈴木松美 フレッシュアイペディアより)

  • 恒星時

    恒星時から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    しかし恒星の運動は太陽とは少し異なっている。1日の間に地球は公転軌道に沿って太陽の周りを少しだけ公転するため、太陽が再び最も高い高度の位置に来るまでには1回転より少し余分の角度だけ自転する必要がある。これに対して恒星は非常に遠くにあるため、地球の公転によって恒星の見かけの位置のずれは一般には無視できる(厳密には地球の公転によって近距離の恒星はわずかに動く。視差を参照のこと)。ゆえに、恒星の高度が一度最も高くなってから再び最も高くなるまでの時間は24時間よりもわずかに短い。平均恒星日は86164.091秒(23時間56分4.091秒)である。しかし地球の自転速度が変動するため、理想的な恒星時時計の進度は日常時間の時計の進度を定数倍したものからずれる。実際にはこの差は協定世界時(UTC)とUT1の差、UTC-UT1の値として監視されている。このずれは電波望遠鏡での観測によって計測され、その予報と記録が国際地球回転・基準系事業(IERS)とアメリカ海軍天文台によって公表されている。UTC-UT1の予報値がDUT1、実績値がΔUT1とされる。恒星時 フレッシュアイペディアより)

  • 銀河

    銀河から見た電波望遠鏡電波望遠鏡

    最初の非可視光線による銀河観測は、活動銀河を対象に、電波が用いられた。5kHzから30GHzの間の電波は、大気の干渉をほとんど受けず透過する。大きな電波干渉計は活動銀河が銀河バルジから放つ宇宙ジェットを捉えることができる。また電波望遠鏡は、初期宇宙に存在し、のちに銀河形成の材料となったイオン化されていない水素が崩壊時に放つ21cm線の観察を可能とする。このような分野は電波天文学と呼ばれる。銀河 フレッシュアイペディアより)

153件中 111 - 120件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード