1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示
  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た酸素

    電波望遠鏡の設置場所は、人間の生活によって生じる電波ノイズが少ない場所が適している。また、波長の短い電波は大気中の酸素や水蒸気によって吸収されるため、大気が薄く乾燥している高山地帯の方が観測可能な波長の範囲を大きくできる。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見たクレオパトラ (小惑星)

    近年では、元々の原理であるレーダーとしての機能を利用して、鉄やニッケルなどの磁性金属を主成分とするM型小惑星の形状観測も行われている(クレオパトラ \(小惑星\)参照)。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見たプレートテクトニクス

    天体の観測とは逆に、ある天体からの電波の到達時間の差から基線の長さを決定することも可能である。これにより基線の長さの変化を測定することで、より高度な測量が可能となる。これにより、プレートテクトニクスによる大陸の移動の様子など、地殻の変化を知ることができる。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

  • 電波望遠鏡

    電波望遠鏡から見た500メートル球面電波望遠鏡

    世界最大の電波望遠鏡は、中華人民共和国貴州省にある500メートル球面電波望遠鏡である。2016年9月に一部稼働を開始した。それまではプエルトリコにあるアレシボ天文台(英語版:en:Arecibo Observatory)の直径は305mのものが最大であった。電波望遠鏡 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 次へ
44件中 41 - 44件表示

「電波望遠鏡」のニューストピックワード