2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示
  • 羽佐間正雄

    羽佐間正雄から見た青木功青木功

    1980年の全米オープンゴルフ最終日、ジャック・ニクラウスと青木功の優勝を賭けた死闘。羽佐間正雄 フレッシュアイペディアより)

  • アメリカン・エキスプレス

    アメリカン・エキスプレスから見た青木功青木功

    レストランや料亭での食事会、ファッションショーへの特別招待やヨーロッパの名門ブランドの特別注文会、歌舞伎鑑賞や青木功などのプロゴルファーとのゴルフラウンド、『セックス・アンド・ザ・シティ』などの人気映画の特別試写会への招待、コットンクラブでの一流ミュージシャンによる会員限定コンサート、清水寺の特別拝観など、カード会員限定の各種イベントが年間を通じて行われており、会員は無償もしくは有償で参加することができる。アメリカン・エキスプレス フレッシュアイペディアより)

  • 菊池桃子

    菊池桃子から見た青木功青木功

    1996年2月6日 - 高輪プリンスホテルで挙式。西川の師匠であるプロゴルファー・青木功が媒酌人を務めた。挙式後の会見で妊娠4カ月であることを明かした。菊池桃子 フレッシュアイペディアより)

  • 谷原秀人

    谷原秀人から見た青木功青木功

    12歳からゴルフを始める。渡米前の今田竜二と同じゴルフ練習場で打ち込んだ。田中秀道、山本圭一らは、瀬戸内高等学校ゴルフ部の先輩にあたる。その後東北福祉大学に進学し、1年生からレギュラーとなり中国アマゴルフ三連覇。また1998年バンコクアジア大会では団体金メダル獲得に貢献した。大学卒業後、2001年にプロ入りする。3年目の2003年6月、マンダムルシードよみうりオープンで日本ゴルフツアー初優勝。同年、全英オープン(予選落ち)、アメリカPGAツアーの「クオリファイイング・トーナメント」(シード権獲得への資格試験)も初体験した。この年の暮れ、2004年度の開幕戦となったアジア・ジャパン沖縄オープンで2勝目を挙げた。その後青木功のキャディーなども経験、青木からは「ヒデ」と呼ばれ「俺の若い頃そっくり、1つ2つ落としても"関係ねえ"って顔してる」とコメントされている。谷原秀人 フレッシュアイペディアより)

  • めちゃ×2イケてるッ!の企画

    めちゃ×2イケてるッ!の企画から見た青木功青木功

    2009年9月5日放送。岡村がプロデュース兼レフェリーを務めたこの企画は、タイトル通り参加者を女性芸人に絞り、深夜のゴルフ場において1コースを1ネタずつ交互に披露してまわり、先に笑った方が負けとなる競技(前述の極笑同様にトーナメント方式を採用)。参加したオアシズ、岡村以外のめちゃイケメンバーはゲスト解説の青木功に扮した関根勤と共に実況席から観戦した。決勝戦で『パチンコの換金所のおばちゃん』を披露したアジアンの馬場園梓が優勝した。めちゃ×2イケてるッ!の企画 フレッシュアイペディアより)

  • 1983年の日本

    1983年の日本から見た青木功青木功

    2月13日 - ハワイアン・オープンで青木功が日本人初のアメリカPGAツアー優勝を果たす。1983年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 藤子不二雄A

    藤子不二雄Aから見た青木功青木功

    スポーツはゴルフを非常に好んでおり、現在でも頻繁にプレイしている。ゴルフへの愛情は『プロゴルファー猿』によく表れている。作中に登場する必殺技的ゴルフ技術のほとんどは創作によるものであるが、『旗包み』に関しては自身のプレイ中に偶然ショットしたボールが旗に当たってそのまま落ちカップインしたことを、『岩返し』も同様に狙いが外れて岩に当たってしまったボールが偶然跳ね返ってオンしたことをヒントにしているという。だが、これらはやはり偶然の出来事に過ぎず、プロゴルファーの大御所青木功がテレビ番組の企画で旗包みに挑戦したものの成功はせず、狙って行うことはほぼ無理ということが判明している。藤子不二雄A フレッシュアイペディアより)

  • ダンロップフェニックストーナメント

    ダンロップフェニックストーナメントから見た青木功青木功

    フェニックスカントリークラブに隣接するトム・ワトソン・ゴルフコースを舞台にして行われるゴルフゲーム。元々は2001年まで行われた「ゴルフバトルロイヤル」で日本の名ゴルフプレーヤーの青木功を相手に国内のトッププレーヤー5名の選手がサドンデス方式のゲームで先にホールアウトした選手が勝ち抜けし、最下位になった選手は敗者となり次々と脱落するルールで最後まで残った選手が勝者となる。2002年からスタートの第1回はタイガー・ウッズをはじめ、デビッド・デュバル、セルヒオ・ガルシア、崔京周、片山晋呉が参戦し、6ホールでのポイントターニー方式でポイントの多い選手が勝者ちなるゲームで、タイガー・ウッズが優勝をおさめた。2003年からはプロとアマの8選手が1対1のマッチプレーによるトーナメント方式で戦い、1回戦2ホールの成績で勝敗を決定し、準決勝、決勝はサドンデス形式で行われる。1打1打勝負を左右する一瞬も気を抜けない真剣勝負である。ダンロップフェニックストーナメント フレッシュアイペディアより)

  • サンデープレゼント

    サンデープレゼントから見た青木功青木功

    1月25日:“レジェンド”青木功 プロ生活50周年記念スペシャルサンデープレゼント フレッシュアイペディアより)

  • 1978年

    1978年から見た青木功青木功

    10月16日 - 青木功が世界マッチプレー選手権で初優勝。1978年 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示

「青木功」のニューストピックワード