韓国銀行 ニュース&Wiki etc.

韓国銀行(かんこくぎんこう、Bank of Korea)は、大韓民国の中央銀行である。1948年の大韓民国政府樹立に伴い、1950年5月に韓国銀行法が制定され、同年6月12日に創設された。現在はソウル特別市中区南大門路3街110番地に本部を置き、総裁は李住烈(2014年4月就任)である。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「韓国銀行」のつながり調べ

  • 2009年の経済

    2009年の経済から見た韓国銀行

    6月23日 - 韓国銀行、5万ウォン札発行。従来、韓国の最高額紙幣は1973年発行の1万ウォン札だったが、36年ぶりの更新となった 。(2009年の経済 フレッシュアイペディアより)

  • アジア債券市場

    アジア債券市場から見た韓国銀行

    このような教訓から、1999年11月のASEAN+3首脳会議において、「東アジア地域での自助・支援メカニズム強化」の必要性が確認され、翌2000年5月のASEAN+3財相会議にてチェンマイ・イニシアティブ(CMI)が合意された。同時に、金融面における銀行への過度な融資体質を是正し資本市場を発達させる事が求められた。これは、各国内における長期の資金需要に対して米ドル建ての短期借入れで対応するという通貨・期間面でのダブルミスマッチを改善するだけでなく、市場原理に基づいた企業の資金調達コストに因る産業・企業間での効率的な資金配分を期待するものである。「地産地消」の精神に基づいて国民所得の3-4割にも達すると言われる東アジアの貯蓄を域内で回し、自国通貨建ての社債市場を発達させる事の意義は大きい。将来的には起債もアジアの通貨、或いは共通通貨バスケット建てとする事を目的としており、2003年6月には東アジア・オセアニア中央銀行役員会議(EMEAP)において、11の中央銀行・通貨当局(日本銀行、中国人民銀行、香港金融管理局、韓国銀行、シンガポール金融管理局、タイ銀行、インドネシア銀行、マレーシア国立銀行、フィリピン中央銀行、オーストラリア準備銀行、ニュージーランド準備銀行)が合同で10億米ドル規模の基金を設け、この基金で域内企業が発行する米ドル建ての債権を買い上げるというアジア債権ファンド(ABF)の設立に至った(アジア債券市場育成に関するチェンマイ宣言)。また2004年12月にEMEAPは中国やタイ、インドネシアなど8カ国で現地通貨建て国債・政府機関債に投資するアジア債権ファンド2(20億米ドル規模)の創設を打ち出し、2005年5月から運用されている。(アジア債券市場 フレッシュアイペディアより)

「韓国銀行」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「韓国銀行」のニューストピックワード