前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示
  • 「食べもの通信」創刊50年 安全性検証から献立まで 正確な情報伝え続ける

    「食べもの通信」創刊50年 安全性検証から献立まで 正確な情報伝え続ける

    2020年10月28日 07:37東京新聞

     栄養士らでつくる「家庭栄養研究会」(東京)が編集する月刊誌「食べもの通信」が今年、創刊から五十年を迎えた。

  • 主張加工食品の産地表示 消費者の選択に役立つように

    2017年9月13日 00:00公明新聞

    国内で製造される全ての加工食品について、主な原材料の産地表示を義務付ける制度が今月から始まった。

  • 食の安全が最優先

    2017年5月31日 00:00公明新聞

    東京都議会の豊洲市場移転問題を審議する特別委員会が30日に開かれ、公明党の上野和彦議員(都議選予定候補=江戸川区)が質問に立った。

  • 豊洲、「食の安全」第一

    2016年12月16日 00:00公明新聞

    定例会本会議では採決に先立ち公明党の、まつば多美子議員(都議選予定候補=杉並区)が討論を行った。

  • 「食の安全」変わらず

    2016年12月7日 00:00公明新聞

    参院TPP特別委員会は6日、環太平洋連携協定(TPP)承認案などに関する参考人質疑を行い、公明党の三浦信祐氏は、TPPを契機に食の安全に対する国民の関心が高まっていることから「食の安全への理解が深まるチャンスだ」と訴え、見解を求めた。

  • 食の安全 変わらず確保

    2016年11月22日 00:00公明新聞

    21日の参院TPP特別委員会で公明党の平木大作氏は、環太平洋連携協定(TPP)発効に伴って外国産の農産物や食品の輸入増が見込まれることから、食の安全・安心の確保に万全を期すように訴えた。

  • 主張原産国表示 全加工食品への拡大、丁寧に

    2016年10月7日 00:00公明新聞

    レトルト食品やケチャップ、ソーセージと、食卓に欠かせない加工食品。消費者が安心して口にできるよう、原産地の「見える化」を着実に進めたい。

  • 国民の健康、食の安全推進

    2016年5月3日 00:00公明新聞

    公明党の、よこやま信一参院議員(参院選予定候補=比例区)は2日、北海道木古内町で開かれた党函館総支部(茂木修総支部長=函館市議)主催の時局講演会であいさつし、今年3月に開業した北海道新幹線による経済効果を広く地域に波及させる取り組みに全力を挙げる決意を述べた。

  • 主張WHOが初の報告書 国際協調で汚染食品被害防げ

    2015年12月9日 00:00公明新聞

    世界保健機関(WHO)は今月、病原菌や化学物質などに汚染された食品による健康被害についての報告書を初めて発表した。

  • 主張食品表示法の施行 適切な表記で消費者の健康守れ

    2015年3月7日 00:00公明新聞

    食品表示ラベルの記載内容の統一などを目的にした食品表示法が、4月1日から施行となる。

前へ 1 2
20件中 1 - 10件表示

「食の安全」のニューストピックワード