126件中 81 - 90件表示
  • onちゃん

    onちゃんから見た食物アレルギー食物アレルギー

    また、簡易onちゃん装備状態の安田が「シェフ大泉 クリスマス・パーティー」でシェフ大泉が焼いた半生のエビの頭を食べたのが原因で、アレルギーを起こしてダウンしたこともあって、エビも食べられないという設定が追加された。onちゃん フレッシュアイペディアより)

  • モモ

    モモから見た食物アレルギー食物アレルギー

    食物アレルギー - 日本では「特定原材料に準ずるもの」として表示が奨励されている。モモ フレッシュアイペディアより)

  • ウド

    ウドから見た食物アレルギー食物アレルギー

    ただし、食物アレルギーがあるので、食べる際注意が必要。山中に生える物は太く立派だが、平地の林等に生える物は生長しても細い事が多い。ウド フレッシュアイペディアより)

  • 腹痛

    腹痛から見た食物アレルギー食物アレルギー

    その後、感染性、非感染性の区別を行う。体外毒素型の感染の場合は発熱が認められないことに注意が必要である。血が混じっているかといった便の性状、過去2日?3日の食事歴、旅行歴、同様の症状を伴った人が周りにいるか、抗菌薬の使用の有無、アレルギーなどが重要な問診事項となる。食物アレルギー(カキなどの食物による嘔吐、下痢など)などの存在にも留意する。嘔吐なしの軽症患者では検査なし、重症患者、脱水患者では採血、点滴の施行、特殊患者では便培養を施行することが多い。腹痛 フレッシュアイペディアより)

  • チョイス@病気になったとき

    チョイス@病気になったときから見た食物アレルギー食物アレルギー

    小山径(2013年4月6日?2016年3月5日・胃がんになったとき 回から 子どもの食物アレルギー 回まで)チョイス@病気になったとき フレッシュアイペディアより)

  • バーバロ・カニザレス

    バーバロ・カニザレスから見た食物アレルギー食物アレルギー

    名前に「カニ」がつくものの、食物アレルギーのため、エビが食べられず、甲殻類も苦手である。バーバロ・カニザレス フレッシュアイペディアより)

  • チョコレート

    チョコレートから見た食物アレルギー食物アレルギー

    チョコレートを食べるとニキビができるという迷信があり、経験的にニキビができやすいとする者も多いが、科学的根拠は現在のところない。脂肪分を40%と多く含むこと、カフェイン・チラミン(血管性浮腫誘因物質でアミンの一種)などを含む刺激物であるからということに由来する安易な発想である可能性がある。一方で、チラミンにより血管の収縮が起こり、効果が切れると急激に血管が拡張するため、食べ過ぎると鼻の粘膜が腫れて鼻血が出るという話が存在する。同様のメカニズムで収縮のあとの急激な脳血管の拡張により片頭痛が起こることがある。また、テオブロミンと位置異性体の関係にあるテオフィリンを主成分とした医療用医薬品(キサンチン系気管支拡張薬等)の添付文書には、副作用として「鼻出血」と記載されている。ただし、チョコレートアレルギーによる鼻血はあり得る。カフェインの含有量はカカオ分99%のチョコレート100gあたり120mg。チョコレートに加えられることが多い食品には食物アレルギーの表示義務があるミルクやピーナッツがあり、これらが原因になっている可能性が考えられる。日本ではカカオにはアレルギー表示の義務も推奨も無い。チョコレート フレッシュアイペディアより)

  • 織田信奈の野望

    織田信奈の野望から見た食物アレルギー食物アレルギー

    関東管領職の上杉家の名跡を継ぐ越後の姫大名。齢は17〜18歳で真紅の瞳に白銀の髪、そしてアルビノという日本人離れした容姿を持つ他、病弱なのか作中では大豆アレルギーや生理痛に悩まされる場面が出ており、生類を憐れむ性格から肉類も食べないことから、飲酒が主な食事となっている。その日本人離れした美貌から、長尾政景を始めとした越後中の男から求愛を受けたり、性の対象として見られてきたため、男性不信に陥っており、また過去に親不知で溺れたことがあるため、水を苦手としている。織田信奈の野望 フレッシュアイペディアより)

  • イクラ

    イクラから見た食物アレルギー食物アレルギー

    産地によって成熟時期に差異はあるが、平均的に10月くらいになると卵が成熟してきて、イクラに適した状態になる。11月頃になるとさらに卵は成熟し、粒がさらに大きくなる。なお、イクラの皮は消化されにくいため、アレルギー源となりやすい蛋白質である。イクラ フレッシュアイペディアより)

  • 双生児

    双生児から見た食物アレルギー食物アレルギー

    一卵性双生児は基本的に全く同じ遺伝情報(遺伝子型)を持っている。そのため、性別や血液型等は基本的に(発生段階で変異がなければ)一致し、顔形もよく似ている。一般に一卵性双生児の身体能力や学力の類似性は高い。さらに成長に従って遺伝的規定性の強い因子の発現量が増大するため、双生児間の類似度が上昇する傾向がある。しかし同一のDNAを持つ一卵性双生児であっても、DNA情報は個々人の獲得形質に直接的な影響を与えることはないため、身体能力なども(似ているが)個々人で異なり学校の得意科目やスポーツの得意・不得意が分かれることも多い。胎児期から双子の各々は独自の成長をするため脳の発達過程も異なり、出生時には大脳皮質の形状も違うものとなっている。食物アレルギーの有無・種別・度合いなども、既に離乳期の時点で双子の各々で異なっている。また、一緒に育った一卵性双生児(MZT)と離れて育った一卵性双生児(離別双子;MZA)の体重類似度を調べると、MZTの相関係数は0.87、MZAの相関係数は0.69であった。これは体重などの身体的特徴においては、環境要因が強い影響力を持つことを示すものである。さらに双生児の成長に伴って遺伝子のメチル化などにより、個々の双子の絶対的な表現型の差は次第に広がるため、病気に対する抵抗力の差などは次第に大きくなっていく(下記双子研究参照)。双生児 フレッシュアイペディアより)

126件中 81 - 90件表示

「食物アレルギー」のニューストピックワード