1871件中 141 - 150件表示
  • 大中臣定長

    大中臣定長から見た養子養子縁組

    大中臣 定長(おおなかとみ の さだなが、生年不詳 - 康治元年12月9日(1142年12月27日))は、平安時代後期の歌人。大中臣定登の子で、叔父(父の末弟)の従二位祭主大中臣公長の養子となった。子に大中臣清長がいた。大中臣定長 フレッシュアイペディアより)

  • 源雅通 (宇多源氏)

    源雅通 (宇多源氏)から見た養子養子縁組

    永延元年(987年)父が出家した後、祖父雅信の養子になる。そして雅信の死後は藤原穆子(雅信の室)に養育された(『栄花物語』巻12)。また、叔母にあたる源倫子(藤原道長室)の縁故から、道長夫妻の庇護をも受けた。長徳4年(998年)右近衛権将監に任ぜられ、その後、右近衛権中将・五位蔵人・敦成親王(後一条天皇)家別当・木工頭・冷泉院御厨別当・丹波守・中宮(藤原妍子)亮などを歴任した。寛仁元年(1017年)7月10日、当時流行していた疫病によって卒去したが、最終官位は従四位下右近衛中将だった。源雅通 (宇多源氏) フレッシュアイペディアより)

  • 小川脩平

    小川脩平から見た養子養子縁組

    長男(齋藤平治郎の養子小川脩平 フレッシュアイペディアより)

  • 良円 (天台宗)

    良円 (天台宗)から見た養嗣子養子縁組

    母親については、宮仕えをしていた女性であると『大鏡』に載せられており、藤原朝成の縁者とする説もあるが不詳。母親の出自によるものか、小野宮家の後継者とはみなされておらず、永祚元年(989年)に7歳にして延暦寺の慶円(実資の母方伯父)の元に預けられた。その後、出家して内供に補される。長和4年(1015年)、大僧正となっていた慶円は自分の辞任と引き換えに良円の律師就任を申請したが、慶円と不仲であった藤原道長が反対したため実現しなかった。4年後に同様の申請を行って藤原頼通の許可を得るが、またも道長の反対によりまたも見送られた。寛仁3年12月9日(1020年1月6日)作成された実資の処分状にて良円の異母妹千古に財産を継承させるために「道俗子等一切不可口入」を宣言しているが、この「道俗」とは良円(=道)と養嗣子資平(=俗)のことと考えられている。道長没後の長元元年(1028年)に漸く権律師となり、翌年法性寺東北院別当となる。更に長元6年(1033年)には権少僧都に任ぜられた。ところが、長暦2年(1038年)、天台座主に園城寺明尊が任ぜられたことから勃発した「山相論」において、頼通から延暦寺大衆の説得を期待された良円は説得に失敗したのみならず、翌年には彼らに擁されて頼通の高倉殿に大衆3千人と強訴する事件を引き起こして罪に問われる。これによって、事実上失脚して権少僧都のまま病没した。良円 (天台宗) フレッシュアイペディアより)

  • 細川政国

    細川政国から見た養子縁組養子縁組

    典厩家の当主・細川持賢の養子となり、応仁2年(1468年)に養父が死去したため、家督を継いで当主となった。応仁の乱では細川勝元を支持し、文明5年(1473年)に勝元が死去して幼少の嫡男・政元が家督を継ぐと、その後見人として補佐を務めた。細川政国 フレッシュアイペディアより)

  • 尭孝

    尭孝から見た養子養子縁組

    尭孝(ぎょうこう、明徳2年/元中8年(1391年)- 享徳4年7月5日(1455年8月17日))は、室町時代中期の僧・歌人。武家の二階堂氏。父は僧で歌人の尭尋。和歌四天王の一人頓阿の曾孫にあたる。養子に僧で歌人の尭憲、弟子に尭恵・三条西公保がいる。尭孝 フレッシュアイペディアより)

  • 大関和七郎

    大関和七郎から見た養子養子縁組

    弘化3年(1846年)に叔父である大関恒右衛門増賀の養子となって150石の家督を継いだ。安政2年(1855年)に馬廻組に任命され、安政5年(1858年)には大番組に編入される。安政6年(1859年)に戊午の密勅が下ると、兄の黒澤と同じく過激な尊王攘夷派だったことから、返納に反対して奉勅を訴えた。このため幕府の後ろ盾があった藩保守派より圧力を受け、商人に変装して名も酒泉好吉と改めて江戸に潜入する。大関和七郎 フレッシュアイペディアより)

  • 内田正容

    内田正容から見た養子養子縁組

    寛政12年(1800年)8月13日、大身旗本で留守居役を務めた石河貞通(伊東長丘の五男)の三男として生まれる。文化13年(1816年)、第5代藩主・正肥が早世したため、その養子として跡を継いだ。同年12月に叙任する。和田倉門番、馬場先門番、半蔵門番、竹橋門番、田安門番、日光祭祀奉行などを歴任した。しかし天保8年(1837年)8月14日、不行跡が理由で幕命により長男の正道に家督を強制的に譲らされて隠居となった。その後は三人の息子が相次いで早世する不幸の中で、明治3年(1870年)1月27日に死去。享年71。内田正容 フレッシュアイペディアより)

  • 加納久成

    加納久成から見た養子養子縁組

    加納 久成(かのう ひさなり)は、上総一宮藩の第2代藩主・加納久徴の養子であった人物である。加納久成 フレッシュアイペディアより)

  • 金田正矩

    金田正矩から見た養子養子縁組

    金田 正矩(かねだ まさのり、元文2年6月26日(1737年7月23日) - 文化6年11月24日(1809年12月30日))は、江戸時代中期の旗本。出羽国米沢藩の支藩にあたる米沢新田藩主家上杉氏の一族。父は初代藩主の上杉勝周で、母は片桐貞起の娘。同母兄は上杉勝承。旗本で本姓桓武平氏千葉氏庶流の金田正峯(幸次郎)の養子となり、相続する。諱は初め勝職(かつもと)、正尹(まさのぶ)、正矩。幼名は應次郎。通称は幸之助、采女。金田正矩 フレッシュアイペディアより)

1871件中 141 - 150件表示

「養子縁組」のニューストピックワード