1871件中 161 - 170件表示
  • 養父

    養父から見た養子縁組養子縁組

    (ようふ)養子縁組による父親のこと。養親を参照養父 フレッシュアイペディアより)

  • 松平仙千代

    松平仙千代から見た養子縁組養子縁組

    伏見で生まれ、4歳まで同地で暮らす。利発だったと伝えられている。長兄信康の傅役で徳川十六神将の一人だった平岩親吉に嗣子がいないことを憂えた家康の配慮で、親吉の養嗣子になった。松平仙千代 フレッシュアイペディアより)

  • イーゼンブルク伯領

    イーゼンブルク伯領から見た養子縁組養子縁組

    イーゼンブルク=ヴェヒタースバッハ(Isenburg-Wächtersbach):1865年に侯爵に陞爵(1936年、養子縁組によりビューディンゲン家と統合)イーゼンブルク伯領 フレッシュアイペディアより)

  • マリー・アウグステ・フォン・アンハルト

    マリー・アウグステ・フォン・アンハルトから見た養子縁組養子縁組

    晩年、経済的に苦しくなったマリー・アウグステは、複数の人間と養子縁組をして、家名を与える代わりに養子たちから金を受け取った。1980年、彼女はマッサージ師のハンス・ロベルト・リヒテンベルク(Hans Robert Lichtenberg)を養子にとり、リヒテンベルクはフレデリック・プリンツ・フォン・アンハルトを名乗って欧米の社交界に出入りするようになった(ただし、マリー・アウグステの実家アンハルト公爵家はフレデリックを一族の人間と認めていない)。フレデリックは1986年に女優のザ・ザ・ガボールと結婚し、その9番目の夫になった。マリー・アウグステ・フォン・アンハルト フレッシュアイペディアより)

  • 九条輔家

    九条輔家から見た養子養子縁組

    九条 輔家(くじょう すけいえ、明和6年9月12日(1769年10月11日) - 天明5年6月19日(1785年7月24日))は江戸時代の公卿。父は九条道前。母は、徳川宗勝女・恭姫。嫡男の九条輔嗣は養子(輔家には子供ができなかった為)。正二位。権大納言。号は瑠璃光院。九条輔家 フレッシュアイペディアより)

  • 本多流生弓会

    本多流生弓会から見た養子縁組養子縁組

    利實の父本多八十郎利重は江戸幕府の旗本であり、家系としては本多忠政の烏帽子子本多八十郎利友の11代である。家紋は「立ち葵」。血縁としては日置流竹林派(江戸竹林)家元伊藤金之丞實乾の次男で、旗本本多家の養子となる。實乾より家元を継いだ津金新十郎胤保から竹林派家元を継いだ。本多流生弓会 フレッシュアイペディアより)

  • 準拠法

    準拠法から見た養子縁組養子縁組

    また、問題となる法律関係の本拠を探求するという建前からすれば準拠法として指定されるのは一つしかないはずであるが、各種の理由により、複数の法域の法が重畳的に適用される場合もある。例えば、国籍を異にする者が養子縁組をする場合、日本の国際私法では、成立要件は縁組当時の養親の本国法(国籍を有する国の法)を準拠法とするのを原則とするが、縁組当時の養子の本国法が、養子若しくは第三者の承諾若しくは同意又は公の機関の許可等の処分を要件としているときは、養子の本国法が規定する要件も満たす必要がある(通則法第31条1項)。これは、養子が養親の家族の構成員になることや、縁組後の生活は養親の本国で営まれるのが通常であることなどから、養子縁組の法律関係に関する本拠は養親の本国というべきであるが、養子となるべき者の保護の観点から、養子の本国法が養子縁組の要件に上記のような要件を課している場合は、それを生かすべきであるとの政策判断に基づく。準拠法 フレッシュアイペディアより)

  • 東郷実位

    東郷実位から見た養子養子縁組

    東郷重利以来、東郷家としては5世代ぶりの地頭就任者となった。嗣子がなく、甥の東郷実明を養子として家督および剣術師範を継承させた。なお、嘉永元年の時点ですでに指南方は養子が引き継いでいた。。東郷実位 フレッシュアイペディアより)

  • 杵島隆

    杵島隆から見た養子養子縁組

    「鳥取県の米子から、弓浜半島にかけて日本を代表する写真家がいることをご存知の方も多かろうと思う。植田正治、杵島隆、岩宮武二のトリオである。杵島隆はアメリカで成功している親戚から杵島家へ養子にもらわれた男で、義父は杵島松太郎という村会議員なども務めた村の有力者であった。杵島隆 フレッシュアイペディアより)

  • 戸田氏綏

    戸田氏綏から見た養子養子縁組

    美濃大垣藩の第7代藩主・戸田氏教の四男として生まれる。文政7年(1824年)11月14日、大垣新田藩の第6代藩主・戸田氏宥の養子となる。同年10月1日、将軍徳川家斉に拝謁する。文政9年(1826年)6月21日、養父氏宥の隠居により家督を継いだ。同年12月16日、従五位下、淡路守に叙位・任官される。戸田氏綏 フレッシュアイペディアより)

1871件中 161 - 170件表示

「養子縁組」のニューストピックワード