首都ベオグラード ニュース&Wiki etc.

ベオグラード(セルビア語: / Beograd、、ハンガリー語では: / )は、セルビア共和国の首都であり、最大都市である。ベオグラードはバルカン半島、パンノニア平原の中にあり、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に広がっている。2007年の公式の推計による人口は1,756,534人であった。かつてはユーゴスラビア社会主義連… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ベオグラード」のつながり調べ

  • ヘルール族

    ヘルール族から見たベオグラード

    この王国がランゴバルド人に破壊されると、ヘルール族の勢力も衰えた。残ったヘルール族はランゴバルド人に従ってイタリアに移動し、一部はゲピド族の下に身を寄せたと見られている。マルケリヌス・コメス(6世紀の歴史家)は、人口が減って荒廃したシンギドゥヌム(現在のベオグラード)への彼らの定住を東ローマ帝国が認めたと記録している。これは、アナスタシウス1世の命により、512年6月29日から8月31日の間に行われた。約1世代後、この小国についての記録は見られなくなる。(ヘルール族 フレッシュアイペディアより)

  • ユーゴスラビア王国

    ユーゴスラビア王国から見たベオグラード

    この情勢のもとで、枢軸国による武力制圧を危惧した摂政パヴレは1941年3月25日、三国軍事同盟に加わり、枢軸国に協力することを決定した。この決定に対して、ベオグラードでは大規模な抗議行動が展開された。翌々日の3月27日には、イギリスの支援を受けたが起き、パヴレの政権は倒れた。17歳の国王ペータル2世は、成年に達したものとされ、摂政を排除して統治権を掌握した。新政権の首相にはドゥシャン・シモヴィッチ(Dušan Simović)が任命された。新政権は、イギリスがユーゴスラビアを枢軸国から守ってくれることを期待して、公式には三国同盟に留まるとしつつ、枢軸国への協力の約束は骨抜きにする態度をとったが、実際にはイギリスにその力はなく、4月6日、ドイツ軍を中心とする枢軸国軍はユーゴスラビア領内に侵入し(ユーゴスラビア侵攻)、ほどなくして全土を制圧した。。(ユーゴスラビア王国 フレッシュアイペディアより)

「ベオグラード」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

目次(フレッシュアイペディア)

「首都ベオグラード」
地図情報