293件中 121 - 130件表示
  • ベオグラード

    ベオグラードから見たセルビア・モンテネグロ

    ヨーロッパでも最古の都市の1つであり、考古学的な調査では、同地における人の居住は紀元前6千年紀にまでさかのぼる。ベオグラード広域都市圏の域内はヴィンチャ文化と呼ばれる、ヨーロッパ最大の前史文明の発祥の地である。町はギリシャ人に発見され、ケルト人によって築かれて命名された。ローマ帝国によって都市権を与えられた。600年代に白セルビア人による定住が始まる。ベオグラードは戦略的拠点として、町は古代より現代までの間に140回にわたって戦いの場となった。中世には、東ローマ帝国、フランク人、第一次ブルガリア帝国、ハンガリー王国、そしてセルビア人の諸領主の支配地となった。1521年、ベオグラードはオスマン帝国に征服され、オスマン領ヨーロッパの重要拠点として、(スメデレヴォ・サンジャク)の中心都市となった。ベオグラードはオスマン帝国とハプスブルク君主国に交互に支配され、セルビアの首都としての地位を回復するのは1841年のことであった。しかし、ベオグラード北部はその後も1918年のオーストリア=ハンガリー帝国崩壊までオーストリアの統治下に置かれ続けた。その後統一されたベオグラードは、2006年にセルビアが独立するまでの間、ユーゴスラビア王国、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国、ユーゴスラビア連邦共和国、セルビア・モンテネグロの首都を歴任した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たフランク人

    ヨーロッパでも最古の都市の1つであり、考古学的な調査では、同地における人の居住は紀元前6千年紀にまでさかのぼる。ベオグラード広域都市圏の域内はヴィンチャ文化と呼ばれる、ヨーロッパ最大の前史文明の発祥の地である。町はギリシャ人に発見され、ケルト人によって築かれて命名された。ローマ帝国によって都市権を与えられた。600年代に白セルビア人による定住が始まる。ベオグラードは戦略的拠点として、町は古代より現代までの間に140回にわたって戦いの場となった。中世には、東ローマ帝国、フランク人、第一次ブルガリア帝国、ハンガリー王国、そしてセルビア人の諸領主の支配地となった。1521年、ベオグラードはオスマン帝国に征服され、オスマン領ヨーロッパの重要拠点として、(スメデレヴォ・サンジャク)の中心都市となった。ベオグラードはオスマン帝国とハプスブルク君主国に交互に支配され、セルビアの首都としての地位を回復するのは1841年のことであった。しかし、ベオグラード北部はその後も1918年のオーストリア=ハンガリー帝国崩壊までオーストリアの統治下に置かれ続けた。その後統一されたベオグラードは、2006年にセルビアが独立するまでの間、ユーゴスラビア王国、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国、ユーゴスラビア連邦共和国、セルビア・モンテネグロの首都を歴任した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たユーゴスラビア侵攻

    1941年3月25日、ユーゴスラビア王国の摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチは日独伊三国軍事同盟に調印し、第二次世界大戦の混乱を避けるため枢軸国の一員となった。これは直後にベオグラードで大規模な抗議行動に発展し、空軍指揮官のドゥシャン・シモヴィッチ(Dušan Simović)将軍率いるクーデターが引き起こされた。シモヴィッチは、国王ペータル2世が摂政なしで統治する年齢に達したと宣言した。その直後、1941年4月6日、ベオグラードはドイツ空軍によって空爆され、24,000人が死亡した。ユーゴスラビア王国はナチス・ドイツによる侵攻を受け、ゼムンの東に至るまでのベオグラード郊外はナチスの傀儡政権、クロアチア独立国の領土とされた。ベオグラードはナチスの傀儡ミラン・ネディッチによるセルビア救国政府の首都とされた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たパルチザン (ユーゴスラビア)

    ベオグラードは1944年4月、連合国による空爆を受け、1600人が死亡した。以前のドイツ軍による空爆も、今回の連合国による空爆も、共に正教会の復活祭の時期に行われた。ベオグラードの多くは1944年10月20日までドイツ軍の占領が続いたが、その後共産主義者のパルチザンと赤軍によって解放された。1945年10月20日、パルチザンのヨシップ・ブロズ・ティトー元帥はベオグラードにてユーゴスラビア連邦人民共和国の成立を宣言した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たクネズ・ミハイロヴァ通り

    ベオグラードの歴史的地域や建築物は街の重要な観光資源である。その中には、スカダルリヤ、セルビア国立博物館(National Museum)と隣接するベオグラード国立劇場(National Theatre)、ゼムン、ニコラ・パシッチ広場(Nikola Pašić Square)、テラジイェ、学生広場(Students' Square)、カレメグダン要塞(Kalemegdan)、クネズ・ミハイロヴァ通り、国民議会、聖サワ大聖堂、旧宮殿などがある。ベオグラードには川の両岸とも多くの公園、記念碑、博物館、カフェ、レストラン、店舗がある。アヴァラ山(Avala)の無名英雄記念碑(Monument to the Unknown Hero)からは街を一望できる。クチャ・ツヴェチャ(Kuća Cveća、花の家)と呼ばれるヨシップ・ブロズ・ティトーの墓や、近接するトプチデル公園(Topčider)やコシュトニャク公園(Košutnjak)も、特に旧ユーゴスラビア諸国からの訪問者の間では人気が高い。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た古ヨーロッパ文字

    新石器時代の、はベオグラード付近で発達し、7000年ほど前にバルカン半島一帯および中央ヨーロッパやアナトリア半島の一部を支配した。有史以前に見られる古ヨーロッパ文字(ヴィンチャ文字)は最古のアルファベットであるとする見方もある。数世紀の後、ギリシャのアルゴナウタイは、カウリアク (Cauliac) と呼ばれた古代のベオグラードに黒海からドナウ川をさかのぼって到達し、サヴァ川を発見している。紀元前4世紀にはケルト人の部族・スコルディスキが居住し、町はシンギドゥン (Singidūn) と呼ばれた。町は紀元後1世紀にローマ化され、と呼ばれた。2世紀中期、町はローマ帝国のムニキピウムとされ、2世紀の末にはローマ帝国の都市制度の中で最も上位にある植民市(コロニア)に昇格した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た聖堂

    ネオ・ビザンティン建築の要素はヴク協会やコソヴスカ通り(Kosovska)の旧郵便局、あるいはグラチャニツァ修道院(Gračanica monastery)を基にした聖マルコ聖堂や聖サワ大聖堂などの聖堂にも用いられている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たサルマタイ

    シンギドゥヌムは630年ごろにスラヴ人が移住するまでの間、フン族、サルマタイ、ゲピド族、東ゴート族、アヴァールなどによってたびたび侵入を受け、また破壊された。500年代初期、アヴァールの侵入を受けるまでの間、ゲピド王国の中心地として機能した。9世紀初頭、アヴァールが最終的にフランク王国によって崩壊すると、シンギドゥヌムは再び東ローマ帝国の支配下に復した一方、タウルヌムはマレヴィラ (Malevilla) と改称され、フランク王国の一部となった。およそ878年ごろ、第一次ブルガリア帝国の支配下の時代、この街の最古のスラヴ語の呼称・ベリグラード (Beligrad) が記録されている。その後4世紀にわたり、街は東ローマ帝国、ハンガリー王国、第一次ブルガリア帝国の争奪の場となった。ベオグラードは第1回十字軍、第2回十字軍を受け入れたが、第3次十字軍がベオグラードを通るとき、フリードリヒ1世と彼の率いる190,000人の兵士らは、ベオグラードが廃墟となっているのを目撃した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た不朽体

    長くオスマン帝国の攻勢に抵抗を続けていたベオグラードは、1521年8月28日、スレイマン1世の25万人の兵士によって制圧された。街はほぼ全てが破壊され、キリスト教徒(セルビア人、ハンガリー人、ギリシャ人、アルメニア人など)はすべてイスタンブールへと強制移送され、その地区はこれに因んで後にベオグラード要塞と呼ばれるようになった。ベオグラードはサンジャク(県)の県都となり、トルコ人、アルメニア人、ギリシャ人、ラグーサの交易商人などが集まるようになった。ベオグラードはこの後150年に及ぶ平和を享受する。ベオグラードはコンスタンティノポリスに次いで、オスマン帝国領ヨーロッパで2番目に大きい都市となり、10万人以上が居住した。オスマン帝国の統治は、ベオグラードにオスマン建築をもたらし、多くのモスクが建造され、街にはオリエンタルの影響が強まった。1594年、バナト蜂起とよばれる大規模なセルビア人の反乱がトルコ人によって鎮圧された。さらに、アルバニア出身の大宰相、スィナン・パシャ(Sinan Pasha)は、ベオグラードのヴラチャル台地にて聖サヴァの不朽体を公開の場で焼き捨てるよう命じた。後にこの事件を記憶するために聖サワ大聖堂が建造された。反乱に対する報復として、街の住民のほとんどがイスタンブールに強制移送された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たムニキピウム

    新石器時代の、はベオグラード付近で発達し、7000年ほど前にバルカン半島一帯および中央ヨーロッパやアナトリア半島の一部を支配した。有史以前に見られる古ヨーロッパ文字(ヴィンチャ文字)は最古のアルファベットであるとする見方もある。数世紀の後、ギリシャのアルゴナウタイは、カウリアク (Cauliac) と呼ばれた古代のベオグラードに黒海からドナウ川をさかのぼって到達し、サヴァ川を発見している。紀元前4世紀にはケルト人の部族・スコルディスキが居住し、町はシンギドゥン (Singidūn) と呼ばれた。町は紀元後1世紀にローマ化され、と呼ばれた。2世紀中期、町はローマ帝国のムニキピウムとされ、2世紀の末にはローマ帝国の都市制度の中で最も上位にある植民市(コロニア)に昇格した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

293件中 121 - 130件表示