293件中 131 - 140件表示
  • ベオグラード

    ベオグラードから見た西アフリカ

    ベオグラードで最高の博物館といわれるのは、1844年に設立されたセルビア国立博物館であり、40万点を超える展示物を収蔵している(5600を超える絵画、8400を超える図画および印刷物を持つ)。収蔵されている展示物の中には、多くの外国の名作や、有名なミロスラヴの福音(Miroslavljevo Jevanđelje)が含まれる。軍事博物館は、ローマ時代からユーゴスラビア軍に撃墜されたF-117ステルス機まで、2万5千を超える幅広い軍事に関する展示物を収蔵している。ベオグラード航空博物館(Museum of Aviation in Belgrade)では、200を超える航空機が収められ、うち50が展示されている。一部には、Fiat G.50などの現存する数少ない型式の物もある。この博物館はまた、アメリカ合衆国やNATOの戦闘機、F-117やF-16なども展示されている。民俗誌博物館(Ethnographic Museum)は1901年に設立され、15万点を超える展示物はバルカン半島、特に旧ユーゴスラビア諸国の農村部や都市部の文化を示している。コンテンポラリー・アート美術館は、1901年以降にユーゴスラビア地域で製作された8,540点ほどの作品を収蔵している。ニコラ・テスラ博物館は1952年に設立され、単位テスラの名前の由来となった科学者ニコラ・テスラの個人所有物を収蔵している。この博物館は、16万点ほどの文書の原著や、その他5,700点ほどの物品を収蔵している。ヴク・ドシテイ博物館は、19世紀のセルビア文章語改革の推進者のヴーク・カラジッチと、初代のセルビア教育大臣のドシテイ・オブラドヴィッチ(Dositej Obradović)に関する物品を収蔵している。ベオグラードにはまたアフリカ芸術博物館 (セルビア)もあり、西アフリカ由来の大規模なコレクションを持っている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たアルバニア

    長くオスマン帝国の攻勢に抵抗を続けていたベオグラードは、1521年8月28日、スレイマン1世の25万人の兵士によって制圧された。街はほぼ全てが破壊され、キリスト教徒(セルビア人、ハンガリー人、ギリシャ人、アルメニア人など)はすべてイスタンブールへと強制移送され、その地区はこれに因んで後にベオグラード要塞と呼ばれるようになった。ベオグラードはサンジャク(県)の県都となり、トルコ人、アルメニア人、ギリシャ人、ラグーサの交易商人などが集まるようになった。ベオグラードはこの後150年に及ぶ平和を享受する。ベオグラードはコンスタンティノポリスに次いで、オスマン帝国領ヨーロッパで2番目に大きい都市となり、10万人以上が居住した。オスマン帝国の統治は、ベオグラードにオスマン建築をもたらし、多くのモスクが建造され、街にはオリエンタルの影響が強まった。1594年、バナト蜂起とよばれる大規模なセルビア人の反乱がトルコ人によって鎮圧された。さらに、アルバニア出身の大宰相、スィナン・パシャ(Sinan Pasha)は、ベオグラードのヴラチャル台地にて聖サヴァの不朽体を公開の場で焼き捨てるよう命じた。後にこの事件を記憶するために聖サワ大聖堂が建造された。反乱に対する報復として、街の住民のほとんどがイスタンブールに強制移送された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たクロアチア独立国

    1941年3月25日、ユーゴスラビア王国の摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチは日独伊三国軍事同盟に調印し、第二次世界大戦の混乱を避けるため枢軸国の一員となった。これは直後にベオグラードで大規模な抗議行動に発展し、空軍指揮官のドゥシャン・シモヴィッチ(Dušan Simović)将軍率いるクーデターが引き起こされた。シモヴィッチは、国王ペータル2世が摂政なしで統治する年齢に達したと宣言した。その直後、1941年4月6日、ベオグラードはドイツ空軍によって空爆され、24,000人が死亡した。ユーゴスラビア王国はナチス・ドイツによる侵攻を受け、ゼムンの東に至るまでのベオグラード郊外はナチスの傀儡政権、クロアチア独立国の領土とされた。ベオグラードはナチスの傀儡ミラン・ネディッチによるセルビア救国政府の首都とされた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たユーゴスラビア人

    2002年の国勢調査によると、ベオグラードの住民は民族別ではセルビア人が1,417 187人、ユーゴスラビア人が22,161人、モンテネグロ人が21,190人、ロマが19,191人、クロアチア人が10,381人、マケドニア人が8,372人、ムスリム人が4,617人などとなっている。2007年の投票では、ベオグラードの人口はわずか5年で40万人の増加があったことが示唆されている。2008年8月2日の時点で、ベオグラードの情報統計局では1,542,773人の有権者が登録されており、その6年前の全人口を上回る有権者が登録されていることになり、2002年以降に急速な人口増加があったことが示されている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たレジオンドヌール勲章

    ベオグラード市は国内外から数多くの栄誉賞を受けており、1920年のフランスのレジオンドヌール勲章、チェコスロバキアのWar Cross、セルビアのKarađorđe's Star with Swords、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の人民英雄勲章(Order of the National Hero、1974年10月20日、第二次世界大戦でのナチス・ドイツによる占領を打ち破った記念日)。2006年、フィナンシャル・タイムズの雑誌「fDi Magazine」はベオグラードに「南ヨーロッパの未来」賞を付与した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たローム (土壌)

    サヴァ川右岸にあるベオグラード中心部は丘陵地帯であり、またベオグラード域内で最も標高の高い地点はで標高303mである。街の南には(標高511m)、(標高628m)がある。サヴァ川およびドナウ川に沿った一帯では地形は平坦であり、沖積平野やローム台地を形成している。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たブルドーザー革命

    2000年のユーゴスラビア連邦共和国大統領選挙(en)では、ベオグラードは大規模な路上抗議行動の場となった。50万人を超える人々が抗議行動に参加した(警察による推定では80万人、ミシャ・グレニー Misha Glenny によると100万人超)。抗議行動によってミロシェヴィッチ政権は転覆し、後にブルドーザー革命(en)と呼ばれた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たイラン

    ベオグラードにはまた多くのインドネシア人、中東系の住民(主にシリア、イラン、ヨルダン、イラクから、1970年代から1990年代にかけて学業のために移り住み、その後街に定住した人々である)、アフガニスタン人、イラクのクルド人難民も居住している。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たプレートアーマー

    ベオグラード市博物館(Museum of the City of Belgrade)は、都心のネマニヤ通りの新しいビルディングに移転予定である。博物館にはベオグラード福音(1503年)、コソボの戦いのプレートアーマーをはじめとする、多くの絵画や図画が収蔵されている。新しい「科学技術博物館」の建設が2011年に着工された。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たサッカー

    アダ・ツィガンリヤは、かつてはサヴァ川に浮かぶ中洲の島であり、ベオグラード最大のスポーツ・レクリエーション施設がある。現在、島は陸地と結ばれ、川の中に人造の池を形成している。アダ・ツィガンリヤは暑い夏季の間、多くのベオグラード市民が訪れる。アダには、7kmに及ぶ長い浜と、多様なスポーツ施設があり、ゴルフ、サッカー、バスケットボール、バレーボール、ラグビー、野球、テニスなどができる。夏の間、ここには毎日20万から30万人が訪れる。クラブは24時間営業し、音楽ライブや夜通しのビーチ・パーティーを開催している。バンジージャンプや水上スキ、ペイントボールといったエクストリーム・スポーツも可能である。アダには複数の周回コースがあり、サイクリングやジョギング、散歩も可能である。アダのほかに、ベオグラードには川の中に全部で16の島があり、その多くは未使用である。その中の一つに、サヴァ川とドナウ川の合流地点にある大戦争島(Great War Island)があり、手付かずの野生動物、とくに野鳥の楽園となっている。この大戦争島と、近接する小戦争島(Small War Island)を含む一体は、ベオグラード市政府によって自然保護区として保護されている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

293件中 131 - 140件表示