293件中 51 - 60件表示
  • ベオグラード

    ベオグラードから見たラザル・フレベリャノヴィチ

    ベオグラードは1284年、スレム王国の首都となり、ステファン・ドラグティンはベオグラードを統治した初のセルビア人の王となった。ドラグティンは義父のハンガリー王イシュトヴァーン5世からスレム地域を与えられた。1371年のマリツァ川の戦い、1389年のコソボの戦いを経て、セルビア帝国は崩壊し、オスマン帝国がその南部を支配下においた。他方で、セルビアの北部ではベオグラードを首都としたが続いた。ベオグラードは専制公のもとで繁栄した。ステファン・ラザレヴィチはセルビア公ラザル・フレベリャノヴィチの息子であった。ステファン・ラザレヴィチは要塞、塔を備えた城を建造し、そのうち西の壁とは今日まで残されている。ステファン・ラザレヴィチはまた、街を取り囲む古代の要塞を再建し、専制公国はオスマン帝国の攻勢に対してほぼ70年持ちこたえた。この間、ベオグラードはオスマン帝国の支配から逃れてきたバルカン各地の人々の逃げ込み先となっており、その人口は4万-5万人ほどであったと考えられる。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たオイゲン・フォン・ザヴォイエン

    ベオグラードは3度にわたってハプスブルク帝国(オーストリア大公国)に占領された(1688年 - 1690年、1717年 - 1739年、1789年 - 1791年)。1度目は大トルコ戦争でバイエルン選帝侯マクシミリアン2世がベオグラードを包囲して奪い(ベオグラード包囲戦)、2度目はプリンツ・オイゲンの主導で墺土戦争の最中に包囲・陥落させ(ベオグラード包囲戦)、3度目は墺土戦争中にオーストリアに落とされた。ベオグラードはその度にオスマン帝国によって再制圧されたが、ゼムン以北は引き続きオーストリア領となった。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た復活祭

    ベオグラードは1944年4月、連合国による空爆を受け、1600人が死亡した。以前のドイツ軍による空爆も、今回の連合国による空爆も、共に正教会の復活祭の時期に行われた。ベオグラードの多くは1944年10月20日までドイツ軍の占領が続いたが、その後共産主義者のパルチザンと赤軍によって解放された。1945年10月20日、パルチザンのヨシップ・ブロズ・ティトー元帥はベオグラードにてユーゴスラビア連邦人民共和国の成立を宣言した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たペータル2世 (ユーゴスラビア王)

    1941年3月25日、ユーゴスラビア王国の摂政パヴレ・カラジョルジェヴィチは日独伊三国軍事同盟に調印し、第二次世界大戦の混乱を避けるため枢軸国の一員となった。これは直後にベオグラードで大規模な抗議行動に発展し、空軍指揮官のドゥシャン・シモヴィッチ(Dušan Simović)将軍率いるクーデターが引き起こされた。シモヴィッチは、国王ペータル2世が摂政なしで統治する年齢に達したと宣言した。その直後、1941年4月6日、ベオグラードはドイツ空軍によって空爆され、24,000人が死亡した。ユーゴスラビア王国はナチス・ドイツによる侵攻を受け、ゼムンの東に至るまでのベオグラード郊外はナチスの傀儡政権、クロアチア独立国の領土とされた。ベオグラードはナチスの傀儡ミラン・ネディッチによるセルビア救国政府の首都とされた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たヨウィアヌス

    初のキリスト教徒のローマ皇帝は、今日のセルビア・ニシュで280年に生まれたコンスタンティヌス1世であった。ベオグラード出身でローマ皇帝となったヨウィアヌス(332年生まれ)は、キリスト教を再導入した。ヨウィアヌスはローマ帝国の国教としてキリスト教を再導入し、前任者ユリアヌスによる異教の復興に終止符を打った。395年、この地域は東ローマ帝国へと引き継がれた。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たフィナンシャル・タイムズ

    ベオグラード市は国内外から数多くの栄誉賞を受けており、1920年のフランスのレジオンドヌール勲章、チェコスロバキアのWar Cross、セルビアのKarađorđe's Star with Swords、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の人民英雄勲章(Order of the National Hero、1974年10月20日、第二次世界大戦でのナチス・ドイツによる占領を打ち破った記念日)。2006年、フィナンシャル・タイムズの雑誌「fDi Magazine」はベオグラードに「南ヨーロッパの未来」賞を付与した。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たステファン・ドラグティン

    ベオグラードは1284年、スレム王国の首都となり、ステファン・ドラグティンはベオグラードを統治した初のセルビア人の王となった。ドラグティンは義父のハンガリー王イシュトヴァーン5世からスレム地域を与えられた。1371年のマリツァ川の戦い、1389年のコソボの戦いを経て、セルビア帝国は崩壊し、オスマン帝国がその南部を支配下においた。他方で、セルビアの北部ではベオグラードを首都としたが続いた。ベオグラードは専制公のもとで繁栄した。ステファン・ラザレヴィチはセルビア公ラザル・フレベリャノヴィチの息子であった。ステファン・ラザレヴィチは要塞、塔を備えた城を建造し、そのうち西の壁とは今日まで残されている。ステファン・ラザレヴィチはまた、街を取り囲む古代の要塞を再建し、専制公国はオスマン帝国の攻勢に対してほぼ70年持ちこたえた。この間、ベオグラードはオスマン帝国の支配から逃れてきたバルカン各地の人々の逃げ込み先となっており、その人口は4万-5万人ほどであったと考えられる。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見たヴーク・カラジッチ

    ベオグラードで最高の博物館といわれるのは、1844年に設立されたセルビア国立博物館であり、40万点を超える展示物を収蔵している(5600を超える絵画、8400を超える図画および印刷物を持つ)。収蔵されている展示物の中には、多くの外国の名作や、有名なミロスラヴの福音(Miroslavljevo Jevanđelje)が含まれる。軍事博物館は、ローマ時代からユーゴスラビア軍に撃墜されたF-117ステルス機まで、2万5千を超える幅広い軍事に関する展示物を収蔵している。ベオグラード航空博物館(Museum of Aviation in Belgrade)では、200を超える航空機が収められ、うち50が展示されている。一部には、Fiat G.50などの現存する数少ない型式の物もある。この博物館はまた、アメリカ合衆国やNATOの戦闘機、F-117やF-16なども展示されている。民俗誌博物館(Ethnographic Museum)は1901年に設立され、15万点を超える展示物はバルカン半島、特に旧ユーゴスラビア諸国の農村部や都市部の文化を示している。コンテンポラリー・アート美術館は、1901年以降にユーゴスラビア地域で製作された8,540点ほどの作品を収蔵している。ニコラ・テスラ博物館は1952年に設立され、単位テスラの名前の由来となった科学者ニコラ・テスラの個人所有物を収蔵している。この博物館は、16万点ほどの文書の原著や、その他5,700点ほどの物品を収蔵している。ヴク・ドシテイ博物館は、19世紀のセルビア文章語改革の推進者のヴーク・カラジッチと、初代のセルビア教育大臣のドシテイ・オブラドヴィッチ(Dositej Obradović)に関する物品を収蔵している。ベオグラードにはまたアフリカ芸術博物館 (セルビア)もあり、西アフリカ由来の大規模なコレクションを持っている。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た高速バス

    ベオグラードにはバス(都心に118路線、郊外に300路線以上が走る)、路面電車(12路線)、トロリーバス(8路線)を中心とした広範な公共交通システムがある。ベオグラードの交通システムはGSPベオグラード(ベオグラード市公共輸送公社)、SPラスタ(SP Lasta)およびその他の民間のバス会社によって運営されている。ベオグラードにはまた、コミュータ鉄道(commuter rail)網のベオヴォズ(Beovoz)や、都市鉄道のBG Vozがあり、セルビア鉄道により運行されている。ベオグラードの中央駅からは、他のヨーロッパ諸国の首都や、セルビア各地の都市へと鉄道網が結ばれている。長距離バスでの旅行も一般的であり、ベオグラードからセルビア各都市へは毎日、バスの便がある。高速道路網によって、北へはヴォイヴォディナのノヴィ・サドやハンガリーの首都ブダペストへ、南へはニシュへ、西へはザグレブへと結ばれている。2つの主要河川、ドナウ川とサヴァ川の合流地点に位置するベオグラードには数多くの橋があるが、最も主要な橋はブランコ橋(Branko's bridge)とガゼラ橋(Gazela)であり、どちらもノヴィ・ベオグラード地区と都心を結んでいる。新しいアダ橋(Ada Bridge)は建造中である。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

  • ベオグラード

    ベオグラードから見た世界水泳選手権

    ベオグラードはセルビアで最も規模の大きく人気の高い2つのサッカークラブ、レッドスター・ベオグラードとパルチザン・ベオグラードをはじめとする、複数のクラブの拠点となっている。ベオグラードの2つの主要なスタジアムには「マラカナ」(Marakana、スタディオン・ツルヴェナ・ズヴェズダ)とスタディオン・パルチザン(Partizan Stadium)がある。ベオグラード・アリーナとハラ・ピオニル(Pionir Hall)はKKパルチザン(KK Partizan)やKKツルヴェナ・ズヴェズダ(KK Crvena zvezda)などのバスケットボールの試合に使われる。また、ベオグラード・アリーナは2008年にはユーロビジョン・ソング・コンテスト2008の会場ともなった。タシュマイダン・スポーツ・センター(Tašmajdan Sports Centre)は水球の試合に使われる。又、2年に1度に開催される世界水泳選手権の記念すべき第1回大会がこのベオグラード市にて開催され世界水泳・発祥の地と言われる。ベオグラード フレッシュアイペディアより)

293件中 51 - 60件表示