517件中 101 - 110件表示
  • ロンドン

    ロンドンから見たフィナンシャル・タイムズ

    多くの世界をリードする教育機関がロンドンを拠点にしている。2011年のQS World University Rankingsでは世界でインペリアル・カレッジ・ロンドンは6位、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンは7位、キングス・カレッジ・ロンドンは27位に付けている。ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスは教育と調査で世界をリードする社会科学機関と見なされている。ロンドン・ビジネス・スクールは世界で一流のビジネススクールの一つとして考えられ、2010年にMBAの教育課程でフィナンシャル・タイムズから世界最高の評価を得ている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たペスト

    14世紀半ばにはペストが発生し、人口は3分の1程度減少した。1381年、ワット・タイラーの乱が発生した。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たロンドンマラソン

    ロンドンのクリケットは2つのテスト・クリケット場であるローズ・クリケット場(の本拠地)とジ・オーバル(の本拠地)がある。ローズでは4度のクリケット・ワールドカップの決勝が行われている。ロンドンでもっとも世界的に知られたスポーツイベントにはロンドン南西部のマートンのウィンブルドンにあるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで毎年行われるウィンブルドン選手権である。他の大きなイベントには春にロンドンマラソンがあり、3万5,000人のランナーがシティ周辺の26.2マイル (42.2km) のコースを走る。陸上競技では夏にIAAFダイヤモンドリーグ・ロンドングランプリが開催される。またザ・ボート・レースがテムズ川のとの間で行われる。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たジョージ3世 (イギリス王)

    1762年、ジョージ3世はバッキンガム・ハウスを手中に収め、以後75年間に渡って同邸宅は拡張を続けた。18世紀、ロンドンの犯罪率は高く、1750年にはロンドン最初の専業の警察としてが設立された。総計で200件以上の犯罪に死刑判決が下され、小規模な窃盗罪でも女性や子どもが絞首刑に処された。ロンドンで生まれた子どもの74%以上は5歳未満で死亡していた。コーヒー・ハウスが意見を交わす社交場として流行したのに伴い、リテラシーの向上やニュースを世間一般に広める印刷技術が向上し、フリート・ストリートは報道機関の中心地となっていた。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たジェフリー・オブ・モンマス

    ロンドンの語源ははっきりとしていない。古代の名称はその典拠が2世紀からのものに見られる。121年にロンディニウムの記録があり、が起源である。最初期の説は今日では軽視されているジェフリー・オブ・モンマスのブリタニア列王史である。名称の説の一つにルッドから仮定されるもので、主張によればこの王が街を占領しKaerludと名付けたとしている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たサッカーイングランド代表

    1924年から元のウェンブリー・スタジアムはサッカーイングランド代表のホームで、FAカップ決勝やラグビーリーグチャレンジシップが行われてきた。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見た国際通貨

    メイフェアや の賃料は現在、一番高く1平方フィートあたり年間93ポンドである。ロンドンの最大の産業として金融は残り、イギリスの国際収支統計に大きく貢献している。シティには銀行、仲介業、保険、法律事務所、会計事務所などがある。ロンドンの第2の金融街はシティの東側に開発されたカナリー・ワーフで、HSBCホールディングスやバークレイズの2つ世界的な大銀行の本社やシティグループの欧州・中東・アフリカ本部、世界的な通信社ロイターがある。ロンドンは2009年現在国際通貨取引の36.7%が扱われ、1日平均1兆8500億米ドルが取引される。米ドルはニューヨーク以上に取引され、ユーロは他のヨーロッパの都市とともに取引されている。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たクラシック音楽

    ロンドンはクラシック音楽とポピュラー音楽の中心で世界的な大手であるEMIなどのレコード会社や無数のバンド、ミュージシャン、音楽産業のプロが居る。ロンドンには多くのオーケストラやコンサートホールがあり、バービカン・センター(ロンドン交響楽団の拠点)、(ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団)、ロイヤル・アルバート・ホール(BBCプロムス)は良く知られている。ロンドンにはロイヤル・オペラ・ハウスとの二つのオペラハウスがある。ロイヤル・アルバート・ホールではイギリスで最大のパイプオルガンを見つけることができる。他に重要な楽器は大聖堂や大きな教会で見つけることができる。王立音楽アカデミーや王立音楽大学、ギルドホール音楽演劇学校、などの音楽学校も立地する。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見たウィリアム2世 (イングランド王)

    11世紀、エドワード懺悔王はウェストミンスター寺院を建設し、シティより少し上流の地であるウェストミンスターに居住した。この見地に立てば、ウェストミンスターはシティの政府機能を担う立場を着実に奪っていったといえる。1066年のクリスマスの日、ヘイスティングズの戦いで勝利し、イングランドを征服したノルマンディ公ギヨーム2世は1066年のクリスマスの日に、ウェストミンスター寺院でイングランド王ウィリアム1世として即位した。ウィリアム1世はホワイト・タワー(後のロンドン塔)をシティの南東に建設し、市民を威圧した。1097年、ウィリアム2世はウェストミンスター寺院に程近い場所に、ウェストミンスター宮殿の基礎となるウェストミンスター・ホールを建設した。12世紀、それまで国中を移動していた宮廷に同伴していた中央政府の各機関は次第に一箇所に固定化し、規模を増大させ、洗練されていった。多くの場合、政府機関はウェストミンスターに集中したが、国庫の機能はロンドン塔に置かれた。ウェストミンスターが首都として政府機能を果たす一方、シティは自治機能を有するイングランド最大の商業都市に発展していた。シティはその経済力を背景として、12-13世紀に市長を選出する権利や独自の法廷を持つ権利を獲得し、14世紀半ばからは市参事会を選出し、王権から独立した高度な自治都市としての独立を保持した。人口は1100年に18,000人、1300年までには100,000人程にまで成長していた。ロンドン フレッシュアイペディアより)

  • ロンドン

    ロンドンから見た成田国際空港

    日本との間には、日本航空や全日本空輸が東京国際空港から、ブリティッシュ・エアウェイズが東京国際空港や成田国際空港からそれぞれヒースロー空港へ就航している。ロンドン フレッシュアイペディアより)

517件中 101 - 110件表示

「首都ロンドン」のニューストピックワード