193件中 131 - 140件表示
  • クリスマスの約束

    クリスマスの約束から見た首里城首里城

    沖縄県・首里城、中頭郡読谷村 (10月中旬)クリスマスの約束 フレッシュアイペディアより)

  • 斎場御嶽

    斎場御嶽から見た首里城首里城

    2000年12月、首里城跡などとともに「琉球王国のグスク及び関連遺産群」としてユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された。また、国の史跡、沖縄県指定名勝にも指定されており、御嶽内で出土した陶磁器と勾玉などは国の重要文化財(考古資料)に指定されている。斎場御嶽 フレッシュアイペディアより)

  • 中村家住宅 (沖縄県)

    中村家住宅 (沖縄県)から見た首里城首里城

    前述の通り、伝統的な家屋では、風水が重要視されている。これは中国の影響を強く受けているためである。18世紀には中国で多くの人物に風水を学ばせた。またそれらの者をフンシミー(風水見)と呼んだ。首里城とその城下も四神相応の理想型を追求した配置となっている。中村家住宅 (沖縄県) フレッシュアイペディアより)

  • ちんすこう

    ちんすこうから見た首里城首里城

    尚王、尚育王、尚泰王の3代に首里城最後の包丁人として仕えていた一世の新垣淑規(宣肇基?新垣親雲上淑規)と二世の新垣淑総から、廃藩置県後に琉球菓子の作り方を伝授された三世の新垣淑康は、1908年に沖縄初の菓子司として新垣菓子店を興し、今日のレンガ釜で焼いたちんすこうを販売した。この焼き菓子のちんすこうは船で琉球と日本本土を行き来する者達の土産品として既に重宝がられていたようだが、大きい上に、食べるとボロボロと崩れるという欠点があった。ちんすこう フレッシュアイペディアより)

  • 日中関係史

    日中関係史から見た首里城首里城

    家康は将軍職の世襲制を敷いて1605年に息子の秀忠に職位を譲り、自らは大御所として振舞う。また、薩摩藩の島津氏は武力により首里城を開城させ琉球王国を支配下に置き、廃藩置県後の琉球処分まで琉球は日明(日清)両国に属することになる。1612年に直轄領で禁教令が、翌年には全国へ適用範囲が広がった。大坂の役で「豊臣氏を滅ぼした」翌年1616年に家康は死去する。日中関係史 フレッシュアイペディアより)

  • 浦添市

    浦添市から見た首里城首里城

    沖縄戦では同市から宜野湾市にかけて、中央司令部であった首里城を守るため攻防戦がはられたため激戦地となった。戦後、西海岸地区は米軍基地となっている。浦添市 フレッシュアイペディアより)

  • 儀保駅

    儀保駅から見た首里城首里城

    県道82号(環状2号線)の急坂を首里へと登っていく途中に位置するため、ホームから那覇市街・那覇港を遠望することができる。また、南方の山上には首里城も望まれる。周囲は予備校や学習塾が林立する文教地区であり、また琉球大学の最寄り駅でもある。大学までは路線バスで25分程度の所要である。儀保駅 フレッシュアイペディアより)

  • 船越義珍

    船越義珍から見た首里城首里城

    大正10年(1921年)3月、欧州外遊の途中、沖縄に立ち寄った昭和天皇(当時・皇太子)の前で、中学校・師範学校生徒が首里城で唐手の御前演武することになり、船越はその指揮を採った。船越義珍 フレッシュアイペディアより)

  • 首里

    首里から見た首里城首里城

    三山時代頃 - 現在の首里城付近の高台に城が築かれる。首里 フレッシュアイペディアより)

  • 奄美群島の歴史

    奄美群島の歴史から見た首里城首里城

    1603年(慶長8年)、江戸幕府が開かれて日本が新時代に入ると、幕府は中国大陸の明と通航を考えるようになり、薩摩藩主・島津忠恒に琉球王国に進出して明と通じることを許可した。1609年4月8日(慶長14年3月4日)、島津軍3000名余りを乗せた軍船が薩摩の山川港を出帆した。4月12日(3月8日)に奄美大島へ上陸して制圧、4月26日(3月22日)に徳之島、4月28日(3月24日)に沖永良部島を次々と攻略し、4月30日(3月26日)には沖縄本島北部の運天港に上陸、今帰仁城を落として首里城へ迫った。尚寧は止む無く和睦を申し入れ開城した。島津軍は5月8日(4月5日)に首里城を接収し、4月半ばには薩摩に凱旋帰国した。奄美群島の歴史 フレッシュアイペディアより)

193件中 131 - 140件表示

「首里城」のニューストピックワード