首長国アブダビ ニュース&Wiki etc.

アブダビ(英語: Abu Dhabi, ; ; アブー・ザビー)は、アラビア半島のアラビア湾岸に位置する、アラブ首長国連邦を構成する首長国。アラブ首長国連邦の連邦首都を兼ねる同名の都市(アブダビ市)もこの首長国内にある。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アブダビ」のつながり調べ

  • テリー・エティム

    テリー・エティムから見たアブダビ

    2010年4月10日、アブダビで開催されたUFC 112でハファエル・ドス・アンジョスと対戦し、2R終了間際に腕ひしぎ十字固めで自身初の一本負けを喫した。(テリー・エティム フレッシュアイペディアより)

  • ルーヴル美術館

    ルーヴル美術館から見たアブダビ

    2007年にルーヴル美術館は、2012年までにアラブ首長国連邦のアブダビにルーヴル美術館の別館を建設すると発表した。しかしながら建設は遅れており、開館は早くても2015年になるといわれている。フランスの文化・コミュニケーション相ルノー・ドヌデュー・ド・ヴァーブルと、アブダビ首長一族のシーク・スルターン・ビン・アール=ナヒヤーンとの間に、新美術館に「ルーヴル」の名称を冠することを30年間許可する契約が結ばれ、8億3200万の費用でアブダビに新たな美術館が創設されることとなった。ルーヴル・アブダビの設計者はフランス人建築家ジャン・ヌーヴェルで、ブロ・ハッポルド社 (:en:Buro Happold) が建設を担当し、24,000平方メートルの建設予定地に空飛ぶ円盤のようなドーム状の屋根を持つ建物となる予定である。フランス政府はルーヴル・アブダビとの間に、200点から300点の美術品を10年交代周期で貸し出す契約、専門的知識および助言を提供する契約、15年間にわたって年4回の展示会を開催する契約を締結している。ルーヴル・アブダビに展示される美術品は、ルーヴル美術館のほか、ポンピドゥー・センター、オルセー美術館、ヴェルサイユ宮殿、ギメ美術館、ロダン美術館、ケ・ブランリ美術館など、フランスの複数の美術館から集められる予定である。(ルーヴル美術館 フレッシュアイペディアより)

「アブダビ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「首長国アブダビ」のニューストピックワード