363件中 141 - 150件表示
  • 大洗駅

    大洗駅から見た駅弁駅弁

    印籠弁当 - 水戸黄門の印籠の形をしたケースに入った弁当。これは元々水戸駅の駅弁であった。しかし調製元の鈴木屋が倒産しすべての駅弁が消えた。その際にこの「印籠弁当」は、「お弁当の万年屋」を展開するこうじやがレシピを引き継いで大洗の駅弁となった。その後、水戸駅での販売が復活している。大洗駅 フレッシュアイペディアより)

  • 恋し浜駅

    恋し浜駅から見た駅弁駅弁

    小石浜地区では、同地区で養殖するホタテに「恋し浜ホタテ」と名付けて販売しており、恋し浜ホタテを使った駅弁「恋し浜ホタテ照り焼き弁当」も販売されている。恋し浜駅 フレッシュアイペディアより)

  • 通常コント

    通常コントから見た駅弁駅弁

    正式名「名作トンネル」。汽車に乗車中、トンネル通過中に車内が真暗になり、他人のお弁当、酒、菓子などが誰かに食べられたり飲まれたりしているコント。初出は1979年に放送された「乗り物」がテーマの回で明治時代末期(タイトル:長介・清の三等列車トンネル旅行)、汽車に乗車中の東京へ向かう裕福な男をいかりや、その丁稚で東京に行く少年を前川清が演じたもの。前川がいかりやの駅弁とお茶を列車がトンネルに入る度に食べたり飲んだりしていた。最初はいかりやが前川にあげようとしたが断わられ、怪しいと思い、勝手に飲み食いした犯人を問いただしたが「知らない」と答えた。さらに次にトンネルを通過した際にはいかりやの着ていた服を盗んでそれを前川が着ているというオチだった。通常コント フレッシュアイペディアより)

  • 近鉄観光

    近鉄観光から見た駅弁駅弁

    近鉄沿線内の関西・東海地区を中心に日本料理店や中華料理店などの運営、高速道路のサービスエリア(近鉄レストラン)やゴルフ場のレストランの運営、ホテル・旅館の運営、弁当(「グリル近鉄」のブランド名。駅弁も含む)・冷凍麺他の食品製造、近鉄各駅の駅売店事業や、近鉄特急の車内販売業務を行っていた(現在は弁当の製造・販売から撤退)。近鉄観光 フレッシュアイペディアより)

  • 小松清廉

    小松清廉から見た駅弁駅弁

    大正11年(1922年)、時の鉄道大臣は、清廉の子孫である伯爵・小松重春に品川駅立売営業権を許可している。これは、清廉が慶応3年(1867年)に鉄道敷設建白書を呈上した功績を考慮したことに因んでいる。これにより、小松家は「株式会社常盤軒」として省線(現JR)品川駅で駅弁などの販売を開始した。しかし2010年(平成22年)の品川駅改装を機に、駅ビルのルミネ・ザ・キッチンに移ったが程なく閉店した。駅蕎麦屋や仕出し弁当などは引き続き営業している。小松清廉 フレッシュアイペディアより)

  • 西舞鶴駅

    西舞鶴駅から見た駅弁駅弁

    かつては駅弁が販売されていたが、2005年に撤退している。すし系の駅弁などを販売していた。調製元は「鶴寿軒」。西舞鶴駅 フレッシュアイペディアより)

  • ウェルネス伯養軒

    ウェルネス伯養軒から見た駅弁駅弁

    郡山駅・福島駅・仙台駅・北上駅・盛岡駅・野辺地駅・青森駅の駅弁も製造している。ウェルネス伯養軒 フレッシュアイペディアより)

  • 石打駅

    石打駅から見た駅弁駅弁

    清水トンネルを挟む石打 - 水上は開業時から電化され、前後の非電化区間との接点として石打機関区が構内に置かれ、水上駅と共に機関車の付け替えが行われており、蒸気機関車用の転車台もあった。上越線全線電化が成った後も、石打 - 水上間の連続急勾配区間(清水越え)に備えてEF16形などの補機が配置されていた。また、スキー客輸送用として特急「とき」が臨時停車したほか、特急「新雪」を初めとする多くの臨時列車の終着駅となるなど、旅客輸送でも拠点駅の1つであり、駅弁の販売もあった(現在も販売業者は駅前にあるが店舗は閉店、越後湯沢駅で販売する駅弁の調製のみ行っている)。石打駅 フレッシュアイペディアより)

  • お厚いのがお好き?

    お厚いのがお好き?から見た駅弁駅弁

    駅弁で読み解く、ソシュールの『一般言語学講義』 (2003年6月5日放送)お厚いのがお好き? フレッシュアイペディアより)

  • 車内販売

    車内販売から見た駅弁駅弁

    弁当については、その列車内限定の弁当が販売されている場合もあるほか、沿線の駅の駅弁が販売されることもある。列車によっては車両に備え付けの電子レンジを使って温めたものが販売されることもある。車内販売 フレッシュアイペディアより)

363件中 141 - 150件表示

「駅弁・空弁・速弁」のニューストピックワード