363件中 151 - 160件表示
  • 江差駅

    江差駅から見た駅弁駅弁

    駅の看板などのゆかりの品は、江差町郷土資料館に移されて展示されている。また江差駅の駅弁だった「2段のり弁当」は江差町内のレストランで2015年(平成27年)現在も食べることができる。江差駅 フレッシュアイペディアより)

  • 泉昌之

    泉昌之から見た駅弁駅弁

    1981年に「夜行」を『ガロ』に持ち込みデビューする。泉昌之を代表するキャラクターである、アラン・ドロンをモデルにしたハードボイルドな「トレンチコートのおじさん」(エッセイ集「久住昌之の人生読本」では「本郷播」という名前で登場。苗字のみ「食の軍師」にも出てくる)が登場し、駅弁の幕の内弁当をいかに美味しく食べるかにこだわりまくる作品である。泉昌之 フレッシュアイペディアより)

  • ぷりぷり県

    ぷりぷり県から見た駅弁駅弁

    ガガーリンのファンであった調製元の主人が「なんとかガガーリンのイメージで弁当を作れないか」と考えた結果生まれた、ぷりぷり駅の駅弁。あまり人気がないため、一日5個限定生産となっているが、デパートの駅弁大会には出展されており、また販路を県内の急行停車駅に広げる計画もあるらしい。県産米「ぷりぷりびじん」を使ったご飯の上に、ゴーゴー川特産の青のりで「地球は青かった」と書かれている。ぷりぷり県 フレッシュアイペディアより)

  • NRE大増

    NRE大増から見た駅弁駅弁

    東京駅などで売られているNREの駅弁はここで製造しているほか、NREが羽田空港で販売している空弁も製造している。前身企業「日本ばし大増」時代より展開していた弁当・惣菜の店も展開する。NRE大増 フレッシュアイペディアより)

  • 肉の万世

    肉の万世から見た駅弁駅弁

    株式会社万世は、戦後開業した電機部品商・鹿野無線が母体。ドッジ・ライン不況の1949年に精肉・コロッケ商「万世」へ業種転換し、秋葉原電気街では異色の大型飲食店として成功する。整形加工肉ではないため1つ1つハンドカットされる名物万かつサンドは、後楽園球場や小田急ロマンスカーの車内販売で全国的に知名度を広げ、自社直営牧場を擁するまで発展。東京駅や東京国際空港の駅弁・空弁として人気の商品である。肉の万世 フレッシュアイペディアより)

  • キムパプ

    キムパプから見た駅弁駅弁

    主食にも間食にもなる手軽なメニューとして、韓国内では広く流通し、幅広い層に消費されている。家庭では食卓に乗るメニューとしてより、遠足やハイキングなどの野外活動の弁当のメニューとして作られることが多い。屋台やコンビニエンスストア、高速道路のサービスエリア、登山客向け施設などでもキムパプは販売されている。駅や列車内では、駅弁の定番メニューとなっている。キムパプ フレッシュアイペディアより)

  • ひるなかの流星

    ひるなかの流星から見た駅弁駅弁

    すずめのクラスメイト。誕生日は7月13日。血液型はO型。身長168センチメートル、体重60キログラム。好きなものは駅弁。特技・趣味は、スポーツ観戦。ひるなかの流星 フレッシュアイペディアより)

  • きらきらうえつ

    きらきらうえつから見た駅弁駅弁

    2号車「きらきらラウンジ」内のミニビュッフェ「茶屋」では、新潟駅で構内営業を行っている三新軒と「きらきらうえつ」の車掌が共同企画し、沿線各地の食材を取り入れた駅弁「きらきら弁当」などの弁当をはじめ、地酒の呑み比べセットや地ビールなどのアルコール類、ソフトドリンク、土産品などの販売が行われており、茶屋で購入したものはラウンジ内のボックス席で飲食できる。きらきらうえつ フレッシュアイペディアより)

  • チキン弁当

    チキン弁当から見た駅弁駅弁

    チキン弁当(チキンべんとう)は、1964年10月に日本食堂(現:日本レストランエンタプライズ)が発売開始した駅弁である。献立の内容は何度か変更されているが、中心は「チキンライス(ケチャップライス)に唐揚げ」であることに変化はない。2009年3月からはジェイアール東海パッセンジャーズからも同名の駅弁の発売が開始された。チキン弁当 フレッシュアイペディアより)

  • ステーションビルMIDORI

    ステーションビルMIDORIから見た駅弁駅弁

    科の木 新幹線口店・東口店・在来線駅弁うりば(土産物等)ステーションビルMIDORI フレッシュアイペディアより)

363件中 151 - 160件表示

「駅弁・空弁・速弁」のニューストピックワード