270件中 101 - 110件表示
  • 池田ひとみ

    池田ひとみから見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    8歳の時に柔道を始める。南風原中学2年の時に、全国中学校柔道大会の56kg超級で優勝するが翌年は新設された70kg級に出場するも2位に終わった。淑徳高2年の時には全国高校選手権78kg級で優勝した。埼玉大学1年の時には全日本ジュニアで優勝した勢いで世界ジュニアでもオール一本勝ちで優勝を成し遂げた。その後シニアになってからは上位では活躍するものの今一歩のところで踏み止まっていたが、2011年には体重別で優勝を果たして世界選手権代表に選ばれた。8月には世界選手権に出場するものの、準々決勝でアメリカのケイラ・ハリソンに敗れるなどして7位に終わった。池田ひとみ フレッシュアイペディアより)

  • 北爪弘子

    北爪弘子から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    中学1年の時に親戚が経営している柔道の道場に入門を志すも、女人禁制を理由に断られたが毎日のように道場に日参したことで、師範が根負けして入門が許可されることになった。中学3年の時には強豪校の東中学に転向した。常磐高校に入学すると、1年の時には無差別で争われる金鷲旗の女子個人戦で3位となった。全国高校選手権では1年の時から2連覇を達成した。3年の時には強化選手選考会でも優勝を飾った。1990年に埼玉大学に進学すると、強化選手選考会で2連覇を達成した。2年の時には正力杯で優勝すると、アジア選手権では3位だったものの、福岡国際では3回戦でドイツのフラウケ・アイコフを背負投、決勝でもフランスのカトリーヌ・フローリを一本背負投で下すなど新旧世界チャンピオンを連破しての優勝を飾り、バルセロナオリンピックの代表有力候補となった。しかし、1992年の体重別では2回戦で、後にレスリングに転向して61kg級世界チャンピオンになった住友海上の宮崎未樹子に効果で敗れてオリンピック代表を逃した。1993年の体重別では決勝で住友海上の恵本裕子を2?1の判定で破って世界選手権代表に選ばれた。しかし、世界選手権では初戦で敗れた。1994年に大学を卒業してあさひ銀行所属となると、体重別では惠本に1?2の判定で敗れて2連覇はならなかった。1995年の全国女子体重別で優勝を飾るが、1996年の体重別では決勝でダイコロの中橋治美に技ありで敗れてアトランタオリンピック代表には至らなかった。その後、淑徳中学の教諭になると全国女子体重別では2連覇を飾った。1997年にはワールドカップ国別団体戦で3位となると、フランス国際では優勝を飾った。体重別では決勝でミキハウスの小笠原守美に注意で敗れるも、2度目の世界選手権代表に選ばれた。世界選手権では3回戦で地元フランスのセブリーヌ・バンデネンドに判定で敗れると、敗者復活戦でも韓国の鄭成淑に有効で敗れて7位に終わった。北爪弘子 フレッシュアイペディアより)

  • 北田晃三

    北田晃三から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は兄2人の影響で幼少の頃に始めた。洞北中学3年の時に全国中学校柔道大会団体戦で2位となった。東海大第五高校に進むと、団体戦では同級生である86kg級の中村佳央や78kg級の本田勝義らとともに活躍して、2年の全国高校選手権と3年のインターハイでは優勝を飾った。東海大学に進学すると、2年の時に左肘のケガで暫く戦列を離脱することになったが、4年の時には正力杯で優勝を飾った。嘉納杯では3位だった。1993年にはフジ&トライオーシャン所属となると、講道館杯と選抜体重別で2位となった。アジア選手権では優勝を果たした。それ以降も一定の活躍は見せるものの、1996年に現役を引退した。その後、持田典子と結婚した。また、東海大学女子柔道部の副監督を経て、望星学塾教諭、松前柔道塾監督などを務めた。北田晃三 フレッシュアイペディアより)

  • 磯崎祐子

    磯崎祐子から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    10歳の時に柔道を始めた。大島中学3年の時には全国中学校柔道大会の48kg級で2位になった。土浦日大高校1年の時には全国高校選手権で決勝まで進むものの、福岡工大付属高校2年の田村亮子に0?3の判定で敗れた。2年の時には選抜体重別で3位になった。強化選手選考会では決勝で埼玉大学の長井淳子に敗れた。全国高校選手権では準々決勝で敗れた。3年の時には世界ジュニアに出場するものの5位に終わった。筑波大学へ進むと、1年の正力杯では長井に敗れて2位だった。3年の時には階級を52kg級に上げた。4年の時には全国女子体重別決勝でダイコロの楢崎教子に敗れるも2位に入った。1999年には塩谷建設へ入社すると、全国女子体重別で初優勝を飾った。しかし、翌年の体重別では初戦で敗れてシドニーオリンピック代表にはなれなかった。続いて大阪で開催されたアジア柔道選手権大会では優勝を果たした。さらに、全国女子体重別で2連覇すると、福岡国際でも優勝を成し遂げた。しかしながら、2001年の選抜体重別決勝で住友海上の横澤由貴に敗れて、世界選手権代表には選ばれなかった。その後、吉田秀彦が主宰する吉田道場の指導者となった。          磯崎祐子 フレッシュアイペディアより)

  • 永井和恵

    永井和恵から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は5歳の時に始めた。北宇治中学の時には48kg級の選手ながら無差別で争われる京都府柔道大会で優勝を成し遂げた。成安女子高校に入学すると、全国高校選手権では1年の時から2連覇を達成した。2年の時には福岡国際で3位となった。しかし、世界ジュニアでは初戦で旧ソ連の選手に敗れた。3年の時には体重別決勝で筑波大学の江崎史子に崩上四方固で敗れたものの2位となった。1991年には筑波大学に進学するが、体重別では準決勝で田村亮子に掬投で敗れて3位だった。翌年の体重別でも準決勝で田村に有効で敗れた。1993年には階級を52kg級に上げた。1994年の学生体重別では優勝を飾った。1995年にはダイコロ所属となると、全国女子柔道体重別選手権大会で優勝を果たした。1996年3月の体重別決勝では大学および会社の同期である菅原教子に有効で敗れてアトランタオリンピック代表にはなれなかった。しかし、12月の福岡国際決勝では菅原を判定で破って初優勝を遂げた。1997年5月には体重別決勝で菅原に効果で勝ち、世界選手権代表に選出された。続いて釜山で開催された東アジア大会ではアトランタオリンピック銀メダリストである地元韓国の玄淑姫を有効で破って優勝を果たした。しかし、10月の世界選手権では3回戦でアルゼンチンのカロリーナ・マリアーニに技ありで敗れた。12月の福岡国際では2連覇を飾った。1998年5月には体重別でも2連覇を飾った。12月のアジア大会では準決勝で韓国の金恵淑に敗れて3位に終わった。1999年5月の体重別では楢崎教子を大外刈で破って大会3連覇を達成するが、楢崎に比べて国際大会で十分な実績を残していないことから世界選手権代表には選出されなかった。その後、10月の世界選手権で楢崎が優勝を果たしたことにより、シドニーオリンピック代表の座は大きく遠のいたこともあって、階級を57kg級に上げてシドニーオリンピック代表の座を狙うことになった。しかし、11月の全国女子柔道体重別選手権大会では3回戦で敗れると、2000年の体重別でも初戦で敗れた。2001年3月に元65kg級の強化選手だった南條充寿と結婚した。4月の体重別では52kg級に戻して3位となった。その後引退すると、仙台大学柔道部で夫とともに指導に当たることになった。永井和恵 フレッシュアイペディアより)

  • 風戸晴子

    風戸晴子から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は7歳の時に始めた。小学校6年生の時には「愛媛のYAWARAちゃん」としてテレビに取り上げられたこともあった。城北中学3年の時には全国中学校柔道大会56kg超級決勝で淑徳中学2年の岩田千絵に敗れた。宇和島東高校1年の時に全国高校選手権70kg級で2位になると、3年の時には全日本ジュニアで優勝を飾った。風戸晴子 フレッシュアイペディアより)

  • 濱野千穂

    濱野千穂から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    小学校6年の時には全国少年柔道大会の団体戦で、軽量級の女子選手ながら田崎柔道少年団の一員として決勝まで進むと、静充館柔道場の井上康生と対戦するが袈裟固で敗れて2位にとどまった。鹿屋中学3年の時には全国中学校柔道大会48kg級で2位になった。福岡工大付属高校時代は後のシドニーオリンピック57kg級銅メダリストの日下部基栄と同級生だった。しかし、2年の時に出場した全国高校選手権では3回戦で敗れるなど大きな実績を上げることはできなかった。日下部と同じく純真女子短大に進学すると、1年の時に正力杯で3位、2年の時には優勝を飾った。その後東和大学(2011年廃校)に編入すると、3年の時には正力杯で2連覇を飾った。全国女子体重別でも3位になった。4年の時には選抜体重別で決勝まで進むも、トヨタ自動車の田村亮子に注意で敗れた。正力杯では決勝で筑波大学1年の中島英里子に敗れて3連覇はならなかった。全国女子体重別では決勝で日体大4年の北田佳世を破って優勝を果たした。福岡国際では決勝でシドニーオリンピックで優勝したばかりの田村との再戦になったが警告で敗れた。2001年のフランス国際では3位になると、大学を卒業して肥後銀行所属となった。選抜体重別決勝ではまたもや田村に総合負けで敗れた。東アジア大会では3位にとどまった。2003年には実業個人選手権で優勝を飾った。濱野千穂 フレッシュアイペディアより)

  • 山本小百合 (柔道)

    山本小百合 (柔道)から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は6歳の時に鹿本町武道館で始めた。阿蘇高校に進むと、監督の松岡静也の指導の下で力を付けていった。2年の時には高校選手権の団体戦で、後に世界選手権の78kg級で2位になる同級生の緒方亜香里とともに活躍して優勝を飾り、最優秀選手にも選ばれた。3年の時には都道府県対抗全日本女子柔道大会に熊本県代表で出場して優勝を飾った。インターハイの個人戦63kg級では2位にとどまったが、団体戦では緒方とともに活躍してチームの優勝に貢献した。国体少年女子の部でも緒方とともに熊本県の優勝に貢献した。2009年には緒方とともに筑波大学へ進学すると、1年の時には全日本ジュニアの決勝で相原中学3年の田代未来を技ありで破って優勝した。世界ジュニアでは準決勝まで全て一本勝ちすると、決勝でも背負投で一本に近い技ありを取って、78kg級で優勝した緒方とのアベック優勝を果たした。続く学生体重別団体でも緒方とともにチームの優勝に貢献した。グランドスラム・東京では準決勝でコマツの谷本育実にGSに入ってから0-3の判定で敗れるも3位となった。以降、際立った活躍は見られなかった。2013年には「つくばユナイテッド」の所属となると、実業団体2部で2位、実業個人選手権の57kg級で5位となった。山本小百合 (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 田崎健祐

    田崎健祐から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は9歳の時に一心館菅谷道場で始めた。国士舘中学2年の時には近代柔道杯団体戦で優勝した。3年の時には全国中学校柔道大会の81kg級で優勝すると、団体戦でも田畑丈夫や磯田範仁などとともに活躍して優勝を飾り2冠を達成した。さらにマルちゃん杯団体戦でも優勝して、中学団体3冠(近代柔道杯、全国中学校柔道大会、マルちゃん杯)を達成した。国士舘高校に進むと、1年の時には全日本カデの90kg超級に出場して優勝した。世界カデでも決勝で地元ウクライナの選手を出足払で破って優勝を飾った。2年の時には全日本ジュニアの100kg級で国士舘大学1年の小川竜昂に敗れるも2位となった。全国高校選手権の個人戦では決勝で静岡学園高校2年の佐藤和哉に技ありで敗れて2位だった。団体戦では決勝で東海大学浦安高校と対戦すると、大将戦でウルフ・アロンに合技で敗れて2位に終わった。3年の時には金鷲旗とインターハイ団体戦で3位だった。2014年には国士舘大学へ進学した。田崎健祐 フレッシュアイペディアより)

  • 水谷有希

    水谷有希から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    八開中学2年と3年の時に全国中学校柔道大会56kg超級で5位になった。桜丘高校に進むと、2年の時に全国高校選手権72kg超級で優勝を飾った。1996年に拓殖大学へ進むと、1年の時に優勝大会で3位となった。2年の時には選抜体重別で決勝まで進むが、日体大4年の二宮美穂に敗れて2位だった。3年の時には正力杯で3位にとどまるも、無差別で争われる全日本学生選手権で優勝を飾った。さらには、世界学生の無差別でも優勝を成し遂げた。水谷有希 フレッシュアイペディアより)

270件中 101 - 110件表示

「高校柔道」のニューストピックワード