270件中 81 - 90件表示
  • 阿部一二三

    阿部一二三から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    神港学園神港高校へ進学すると、66kg級に階級をあげた。入学当初は全国レベルの強豪校と言えない神港高校へ行ったことで潰れるとの風評も立てられた。しかし、全ての練習が阿部中心に組まれる阿部シフトの下で順調に力を付けて行くことになった。1年の時には全日本カデで優勝を果たして、17歳以下の世界一を決める世界カデに出場するが、決勝でグルジアのコバ・ムチェドリシビリに技ありで敗れた。全国高校選手権には66kg級が設置されていないことから1階級上の73kg級に出場すると、決勝でバルセロナオリンピック71kg級金メダリスト古賀稔彦の長男である大成高校1年の古賀颯人に有効を先取されるも、その直後に小外刈で逆転勝ちして優勝を飾った。阿部一二三 フレッシュアイペディアより)

  • 持田治也

    持田治也から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    1992年に世田谷学園高校の柔道部コーチとなると、チームは高校団体3冠(高校選手権、金鷲旗、インターハイ)を達成することになった。持田治也 フレッシュアイペディアより)

  • 岡本理帆

    岡本理帆から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    2012年になると3月の全国高校選手権52kg級(この大会には48kg級は設けられていないので52kg級に出場した)では、決勝で昨年のインターハイで敗れた山田を判定で破って優勝した。5月の選抜体重別48kg級では、初戦でこの階級のオリンピック最有力候補であり、世界選手権を2連覇しているコマツの浅見八瑠奈を積極的に攻め立てて2-1の判定で破る金星を挙げた。この結果により浅見のロンドンオリンピック出場への道が断たれることになった。岡本理帆 フレッシュアイペディアより)

  • 米澤夏帆

    米澤夏帆から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    池とともに東大阪大敬愛高校に進むと、1年の全日本カデでは3位だった。その後階級を57kg級に上げると、インターハイで5位となった。2年の金鷲旗では3位となった。その後階級を63kg級に上げると、全国高校選手権では3位となった。3年になると、8月のインターハイ団体戦では香長中学時代に全国中学校柔道大会の団体戦を制したメンバー(池と斉藤芽生)とともに再び優勝を勝ち取るが、個人戦では5位にとどまった。9月の全日本ジュニアでは3位だった。米澤夏帆 フレッシュアイペディアより)

  • 川崎萌 (柔道)

    川崎萌 (柔道)から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    岡豊高校へ進むと、ほとんど休むことなく柔道漬けの日々を送ることになったが、「勝つことが快感。そのためなら何でも我慢できる」と語っている。1年の時には全国高校選手権の52kg級で2位となった。川崎萌 (柔道) フレッシュアイペディアより)

  • 林田和孝

    林田和孝から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    翌年にはその東海大相模高校に転任した(山下は入れ替わりで卒業)。1977年には第1回の全日本教員柔道大会で優勝を飾った。指導者としては1981年のインターハイ団体戦で全国大会初優勝を果たした。その後もインターハイをはじめ、高校選手権や金鷲旗で数多くの優勝を成し遂げた。1994年には後のシドニーオリンピック100kg級金メダリスト井上康生を指導することになったが、長い指導者人生の中で「練習をやめろ」と言ったのは井上くらい、とことん練習にあけくれる選手だったという。井上の他にも村田正夫、窪田茂、上水研一朗、羽賀龍之介など多数の有名選手を育成した。2002年のインターハイ後に監督を教え子の高橋洋樹に譲って総監督に就任することとなった。総監督時代の2008年と2009年には、1986年及び1987年の世田谷学園高校に続いて史上2校目となる2年連続の高校団体3冠を達成した(高校選手権、金鷲旗、インターハイ)。一方、日本オリンピック委員会の強化スタッフや全日本柔道連盟の男子強化委員なども兼任した。林田和孝 フレッシュアイペディアより)

  • 橋口祐葵

    橋口祐葵から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は6歳の時に芦塚柔道場で始めた。中学からは上京して講道学舎所属となり、弦巻中学3年の時には全国中学校柔道大会66kg級で優勝を果たした。その後地元に戻って延岡学園高校に進むと、インターハイでは6試合のうち5試合を一本勝ちして、山下泰裕、高木海帆に次ぐ史上3人目の1年生チャンピオンとなった。全日本ジュニアと世界ジュニアでは3位となった。2年のインターハイでは2回戦で敗れた。全国高校選手権には66kg級が設けられていないので1階級上の73kg級に出場して決勝まで進むが、新田高校の村上洋平に敗れた。3年のインターハイでは2年ぶり2度目の優勝を飾った。橋口祐葵 フレッシュアイペディアより)

  • 芳田司

    芳田司から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    高校はすでに小学生の時から誘われていた福岡県にある敬愛高校へ進んだ。1年の時には4月の全日本カデで優勝した。5月には中学の時から憧れていた初の国際大会であるドイツカデ国際大会に出場して優勝するも、8月の世界カデでは準決勝でオランダのドー・ベレマに足取りの反則負けを喫して3位に終わった。2012年3月の全国高校選手権では個人戦の決勝で桐蔭学園高校2年の山本杏に有効で敗れて2位だった。団体戦では5位にとどまった。芳田司 フレッシュアイペディアより)

  • 磯田範仁

    磯田範仁から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    国士舘高校に進むと、1年の時には全日本カデで優勝して世界カデ代表に選出された。世界カデでは決勝でロシアのミハイル・イゴルニコフに掬い投げで敗れて2位にとどまった。2年の時にはインターハイ個人戦73kg級決勝で帯広農業高校2年の山本悠司を技ありで破って優勝を飾った。アジアジュニアでは2位にとどまった。全国高校選手権の個人戦73kg級決勝では山本に有効で敗れて2位だった。団体戦では決勝で東海大学浦安高校と対戦すると、エースの田崎が大将戦でウルフ・アロンに合技で敗れて2位に終わった。3年の時には金鷲旗で3位、インターハイ個人戦は東京予選で敗れて出場できず、団体戦では3位だった。磯田範仁 フレッシュアイペディアより)

  • 小原拳哉

    小原拳哉から見た全国高等学校柔道選手権大会全国高等学校柔道選手権大会

    柔道は10歳の時に講道館にある春日柔道クラブで始めた。同期にはベイカー茉秋がいた。文京区立第一中学から東海大相模高校に進学すると、高校選手権では2年の時に81kg級で優勝を飾った。団体戦では3位だった。3年になると、インターハイでも優勝を果たした。全日本ジュニアでは決勝で筑波大学の永瀬貴規に敗れるが、講道館杯では高校生ながら3位となった。小原拳哉 フレッシュアイペディアより)

270件中 81 - 90件表示

「高校柔道」のニューストピックワード