904件中 101 - 110件表示
  • 鴉鷺合戦物語

    鴉鷺合戦物語から見た高野山高野山

    カラスの東市佐林真玄は遂に高野山に登って出家する。鴉鷺合戦物語 フレッシュアイペディアより)

  • 桂坂

    桂坂から見た高野山高野山

    坂上には、高輪警察署や、高野山東京別院、高輪消防署二本榎出張所や、都営バス「高輪警察署前」停留所が、坂下には、都営バス「高輪北町」停留所がある。桂坂 フレッシュアイペディアより)

  • 元中

    元中から見た高野山高野山

    9月10日 - 長慶上皇が高野山丹生社に宸筆の「雌雄」願文(国宝)を奉納する。元中 フレッシュアイペディアより)

  • 高野聖

    高野聖から見た高野山高野山

    高野聖(こうやひじり)は、中世に高野山を本拠とした遊行者。日本の中世において、高野山から諸地方に出向き、勧進と呼ばれる募金活動のために勧化、唱導、納骨などを行った僧侶。ただしその教義は真言宗よりは浄土教に近く、念仏を中心とした独特のものだった。高野聖 フレッシュアイペディアより)

  • 成宝

    成宝から見た高野山高野山

    仁安元年(1166年)、勧修寺の雅宝を師として出家。寿永2年(1183年)に権律師となり、雅宝の後を受けて勧修寺9世となる。以後、元興寺、法隆寺、東大寺、大安寺などの別当を歴任。顕・密両教に通じた高僧の一人として頭角を現す。承久3年(1221年)、東寺46世長者、高野山座主、大僧正に進んだ。晩年は高野山西谷来迎院に棲み、勧修寺流の普及に努めた。墓所は高野山の西谷にある。成宝 フレッシュアイペディアより)

  • 康助

    康助から見た高野山高野山

    大日如来像(高野山金剛峯寺)重要文化財康助 フレッシュアイペディアより)

  • 高野山旗西日本学童軟式野球大会

    高野山旗西日本学童軟式野球大会から見た高野山高野山

    高野山旗全国学童軟式野球大会(こうやさんきぜんこくがくどうなんしきやきゅうたいかい)とは、和歌山県伊都郡高野町高野山で毎年7月下旬に開催される学童野球大会。野球を通じて青少年の健全育成と学童のスポーツ交流を目的に、1996年に近畿大会として開催。1998年の第3回大会より西日本、2012年大会からは全国に拡大し現在に至る。高野山旗西日本学童軟式野球大会 フレッシュアイペディアより)

  • 一流伝授

    一流伝授から見た高野山高野山

    四度加行、諸尊法、作法部、灌頂部、諸大事、印信の部に分けられ、浅から深へと区切って伝えるようになっている。高野山の中院流、京都の小野(勧修寺流、随心院流、醍醐三宝院流)広沢(西院流)智山の三宝院流憲深方、豊山の伝法院流などを一通り受法しておかなければ、正式と言えない。一流伝授 フレッシュアイペディアより)

  • 大和索道

    大和索道から見た高野山高野山

    十津川索道 - 高野索道の高野山大門駅付近から野迫川村とを結んだ物資専用索道。他に野迫川村内外とを結んだ物資専用索道および野迫川村の凍り豆腐に関して併記してある。大和索道 フレッシュアイペディアより)

  • 谷口藍田

    谷口藍田から見た高野山高野山

    医師三宅省蔭の二男・佐賀藩士谷口寛平の息子、母は儒学者清水龍門の姉・縫。天保11年(1840年)、英彦山の玉蔵坊に易経を学び、また広瀬淡窓の咸宜園に入って塾頭を務める。天保14年(1843年)、江戸に出て羽倉簡堂に入門し、佐藤一斎・佐久間象山・坪井信道・伊東玄朴らと交流した。高野山や京都では仏典の研究にも当たった。嘉永元年(1848年)、佐賀藩校・弘道館に入り、草場佩川・武富圯南に学び、江藤新平・副島種臣らと交流した。谷口藍田 フレッシュアイペディアより)

904件中 101 - 110件表示