904件中 111 - 120件表示
  • 池淵家

    池淵家から見た高野山高野山

    三代目の三右衛門は学問にすぐれ、仏門に帰依し大坂、高野山に屢々往来し、苗字帯刀を許されていたという。池淵家 フレッシュアイペディアより)

  • 淡墨観音

    淡墨観音から見た高野山高野山

    淡墨公園内には淡墨大師という、弘法大師像を納めた御堂がある。こちらは1925年(大正14年)に建立したもので、弘法大師像は高野山宿坊である桜池院にあった像だという。淡墨観音 フレッシュアイペディアより)

  • 文鏡秘府論

    文鏡秘府論から見た高野山高野山

    林田慎之助校訂 『文鏡秘府論』 (『定本弘法大師全集 第6巻』、弘法大師著作研究会編、高野山密教文化研究所、1997年)、厳密な文献考証を経た決定版。文鏡秘府論 フレッシュアイペディアより)

  • 大円院

    大円院から見た高野山高野山

    大円院(大圓院、だいえんいん)は、高野山真言宗の寺院で、高野山内にある別格本山のひとつ。大円院 フレッシュアイペディアより)

  • 貴船神社 (可児市兼山)

    貴船神社 (可児市兼山)から見た高野山高野山

    大治2年(1127年)、土岐氏が、京都の貴船神社から分祀したのが始まりというが、一説に、紀州高野山成就院の末寺清立寺(在所不明)の鎮守として創建されたともいう。以後土岐氏、森氏により保護される。一時衰退したが、元亀3年(1572年)に金山城城主森長一が拝殿等を造営、慶長3年(1593年)に同忠政による社頭その他の造営あって再興された。貴船神社 (可児市兼山) フレッシュアイペディアより)

  • 多神教優位論

    多神教優位論から見た高野山高野山

    2009年11月10日、小沢一郎民主党幹事長(当時)が高野山を訪ねた際に、キリスト教、イスラム教が排他的で独善的と述べたことに対し、日本キリスト教連合会は、「キリスト教に対する一面的理解に基づくものであり、その発言こそが排他的で独善的である」と抗議をした。多神教優位論 フレッシュアイペディアより)

  • 宝珠院 (大阪市)

    宝珠院 (大阪市)から見た高野山高野山

    縁起によれば弘仁年間(810年?824年)空海が開基。紀伊国伊都郡(現・和歌山県伊都郡高野町)の高野山草創の頃、平安城の東寺より往来する際、しばらくこの地に安居して駄都秘法を練習した所で、後に、高弟の室生山堅恵上人が師の跡を慕って駄都法を修し寺院に改めた。宝珠院 (大阪市) フレッシュアイペディアより)

  • 頼瑜

    頼瑜から見た高野山高野山

    高野山大伝法院で学び、南都で三論・華厳・瑜伽・唯識を学んだのち、広沢流・報恩院流を学んだ。大伝法院・醍醐寺両寺に属し、1272年(文永9年)高野山中性院の住持となった。実勝から灌頂を受け、1280年(弘安3年)中性院流を開いたが、金剛峯寺と摩擦が生じ、1288年(正応元年)大伝法院と密厳院を紀伊国根来寺に移して新義真言宗の教学の基礎を築いた。頼瑜 フレッシュアイペディアより)

  • 装飾経

    装飾経から見た高野山高野山

    平安時代には、紺色の紙に金泥で経文を書写する紺紙金字経が数多く制作された。これは紺色に染めた料紙に金泥で界線(経文の各行を区切る線)を引き、金泥で文字を書くものである。中には中尊寺経(現在、その大部分が高野山金剛峯寺に所蔵される)のように、紺紙に金字と銀字を1行ずつ交互に配した金銀交書経もある。また、色変わりの料紙を用いたもの、料紙に金銀泥の切箔、野毛(金銀箔を細長く裁断したもの)、砂子(金銀泥を細かく裁断したもの)を散らし、草花、蝶、鳥などの下絵を描いたもの、法華経の経文の1文字1文字に蓮台を書き添えた「一字蓮台法華経」などがある。装飾経 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤俊彦

    佐藤俊彦から見た高野山高野山

    2009年 - 和歌山県高野山世界遺産金剛三昧院でコンサートを行う。佐藤俊彦 フレッシュアイペディアより)

904件中 111 - 120件表示