904件中 121 - 130件表示
  • 大安楽寺

    大安楽寺から見た高野山高野山

    かつては一帯が伝馬町牢屋敷であり、当寺にも「江戸伝馬町処刑場跡」の碑が残っている。牢屋敷は1875年(明治8年)5月に市ヶ谷(市谷監獄)へと移ったものの、跡地は処刑場跡であることが嫌われ、荒れ果てたままであった。遡って1872年(明治5年)、この地に燐火が燃えるのを見た五大山不動院の住職であった大僧正の山科俊海は処刑場で亡くなった者たちを慰霊せんと勧進し、1875年(明治8年)に大倉喜八郎、安田善次郎らの寄進を受け創建されたのが大安楽寺である。寺名の大安楽寺の「大」は大倉、「安」は安田の名に由来する。翌1883年(明治16年)には高野山より弘法大師の像を遷座し、新高野山の山号を称した。しかし、1923年(大正12年)の関東大震災による火災で堂宇は焼失。1929年(昭和4年)に現在の規模で再建されたという。1954年(昭和29年)、都の史蹟指定をうける。大安楽寺 フレッシュアイペディアより)

  • 頓阿

    頓阿から見た高野山高野山

    若い頃に比叡山で篭居して天台教学を学び、その後高野山でも修行。20歳代後半に金蓮寺の真観に師事し時衆となった。西行を史蹟を慕って諸国を行脚、京都東山双林寺の西行の旧跡に草庵を構えるなど隠遁者の生活を送った。二条為世に師事して活躍、二条派(歌道)再興の祖とされ、20歳代で慶運・浄弁・吉田兼好とともに和歌四天王の一人とされた。地下(じげ)の歌人であり、歌壇での活躍は晩年であった。「新拾遺和歌集」撰進の際には撰者二条為明(ためあき、為世の次男・為藤の子)が選集の途中で亡くなったことから、頓阿がそれを引き継いで完成させたが、撰者となったのは76歳の時である。北朝の実力者二条良基(二条派とは別系の五摂家の一つ、二条家の当主)の保護を受けた。頓阿 フレッシュアイペディアより)

  • 今日の風土記

    今日の風土記から見た高野山高野山

    高野山?非凡なる経営手腕をみせた空海今日の風土記 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏忠

    北条氏忠から見た高野山高野山

    天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原征伐では小田原城に籠城。敗戦により後北条氏が滅亡した後は氏直に従い、高野山に入る。その後大関斉と号し、伊豆河津で隠遁生活を送り、文禄2年(1593年)に死去。秀吉により、房綱を経てその養嗣子である佐野信吉が佐野氏の家督を継承することになった。北条氏忠 フレッシュアイペディアより)

  • 北条氏光

    北条氏光から見た高野山高野山

    天正18年(1590年)の小田原征伐では、はじめ足柄城を兵600程を率いて守備しているが、後に小田原城に籠城。豊臣秀吉に敗戦すると、当主で甥の北条氏直や兄の氏規ら生き残った御一家衆や他の北条家家臣と共に高野山に追放され、蟄居中の同年9月15日同地で没した。子の氏則は徳川家康に旗本として仕えたが、氏光から見て孫の代よりその後の子孫の動向が把握できない。北条氏光 フレッシュアイペディアより)

  • 高野竜神国定公園

    高野竜神国定公園から見た高野山高野山

    高野竜神国定公園(こうやりゅうじんこくていこうえん)は、和歌山県の高野山と龍神温泉一帯を中心とした山岳公園。一部奈良県にも指定区域が広がる。1967年(昭和42年)3月23日指定。高野龍神国定公園の表記も用いられる。高野竜神国定公園 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚榛山

    大塚榛山から見た高野山高野山

    南画の大家だった滝和亭に弟子入りし、腕を磨く。法隆寺金堂壁画の修復などを手がけ、評判となった。この名声が広がり、吉野神社、高野山などから招かれ、壁画の修復にあたった。また、細金法研究の第一人者としても知られた。大塚榛山 フレッシュアイペディアより)

  • 観世流

    観世流から見た高野山高野山

    九世観世黒雪(1566年〜1626年)は、幼少より浜松で徳川家康に仕え、後に京都に進出して豊臣政権下で四座棟梁の一人として認められるものの、金春流を愛好した豊臣秀吉からは重用されなかった。1603年の江戸幕府開府とともに四座棟梁の筆頭として家康から重んじられるが、数年後、駿府を出奔して高野山で出家するという事件を引き起こす。後に帰参は認められるものの、十世左近重成に大夫職を譲り、事実上の蟄居状態が続いたと見られている。1620年に元和卯月本と呼ばれる謡本百番の刊行を開始し、江戸時代における観世流隆盛の基盤を築いた人物として知られる。観世流 フレッシュアイペディアより)

  • 戸川正安

    戸川正安から見た高野山高野山

    寛永4年(1627年)末に父が死去したため、翌年2月に家督を継いだ。このとき、弟たちに所領を分与したため、所領は2万2500石となった。高野山大塔造営奉行や仙洞御所造営などに功を挙げた。寛文9年(1669年)に64歳で死去し、跡を次男の安宣が継いだ。戸川正安 フレッシュアイペディアより)

  • 五坊寂静院

    五坊寂静院から見た高野山高野山

    五坊寂静院(ごぼうじゃくじょういん)は、和歌山県伊都郡高野町にある、高野山真言宗の寺院。高野山(金剛峯寺)の子院の一つで、高野十谷のうちの一心院谷に位置する。五坊寂静院 フレッシュアイペディアより)

904件中 121 - 130件表示