鳥越裕介 ニュース&Wiki etc.

鳥越 裕介(とりごえ ゆうすけ、1971年7月1日 - )は、大分県臼杵市出身の元プロ野球選手(内野手、右投右打)、コーチ。愛称は「トリさん」「ゴエ」。2018年からは、千葉ロッテマリーンズ一軍ヘッド兼内野守備走塁コーチ。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「鳥越裕介」のつながり調べ

  • 帆足和幸

    帆足和幸から見た鳥越裕介

    プレーオフでは10月3日に第1ステージ第3戦に先発し、初回にフェルナンド・セギノールのスリーランホームランにより先制されたが、アレックス・カブレラの満塁本塁打で3回に逆転、2回以降は無失点に抑え、6回を投げ3失点(自責2)、2点リードで降板したが、9回に豊田清が同点に追いつかれポストシーズン初勝利とはならなかった。第2ステージはチームが王手をかけた10月10日第4戦に先発し、無失点で迎えた4回一死満塁から鳥越裕介、川崎宗則、出口雄大に3連続タイムリーヒットを浴び3点先制された所でノックアウト。3回1/3を投げ3失点で敗戦投手となった。日本シリーズは10月19日第3戦に先発し、4点の援護を貰い5回まで2安打無失点だったが、6回先頭の荒木雅博のハーフライナーを遊撃手中島裕之がこぼして出塁させると、一死一塁から立浪和義、アレックス・オチョアの連打で1失点、高橋光信にフルカウントから四球を与え一死満塁とした所で降板、代わった長田秀一郎が谷繁元信に逆転満塁本塁打を打たれたため4失点(自責3)となった。7回に味方が逆転したため敗戦投手は免れた。12月13日、2度目の契約交渉で1800万円アップの年俸4200万円でサインし、福岡県在住の女性看護師と同月18日に入籍することを発表した。(帆足和幸 フレッシュアイペディアより)

  • 松田宣浩

    松田宣浩から見た鳥越裕介

    守備では主に三塁手として起用されるが、一塁手で起用されたこともあり、2010年には左翼手に就いたこともあった。三塁守備では2008年に17失策を記録するなど不安定さが目立っていたが、バントの処理を向上させた2010年には得点換算やUZRで平均を上回る数値を残している。2016年シーズン終了時点で、通算5回のゴールデングラブ賞を受賞しているが、遊撃手の今宮健太とは、鉄壁の守備を築いて、共に2013年から4年連続でゴールデングラブ賞を受賞し続けていることもあり、2016年のシーズンオフには、今宮とのコンビを「黄金の三遊間」と称する記事が登場したほどである。三塁線の打球を例え倒れ込んで捕球しても起き上がってから十分にアウトにできる肩の強さが最大の武器。当初は守備に不安があったが「打球の予測や飛んでくる前の準備などの大事さを教わり、練習では取れない打球が試合で取れるようになった」と内野守備走塁コーチの鳥越裕介に感謝していた。(松田宣浩 フレッシュアイペディアより)

「鳥越裕介」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「鳥越裕介」のニューストピックワード