77件中 61 - 70件表示
  • 黒海太

    黒海太から見た英語

    母語のグルジア語とロシア語、来日後に覚えた日本語、英語の四ヶ国語を話す事が出来る。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た大相撲八百長問題

    2011年5月技量審査場所では幕内昇進以来初めて西十両6枚目に陥落し、5勝10敗と大きく負け越してしまった。しかし、大相撲八百長問題にて多数の力士が引退・解雇されたため翌7月場所は東十両4枚目と番付を上げ、体の張りも以前ほどではないが復活し、9勝6敗と勝ち越した。9月場所では東前頭16枚目に番付を戻し、再入幕を果たした。9月17日、地元のグルジア人女子大学院生と結婚していたことが明らかになった。二人は8月13日に母国の首都トビリシで挙式を済ませている。4日目の玉飛鳥戦ではがぶり寄りのような寄り倒しで勝利するなど、取り口にもやや変化が見られ、9勝6敗と勝ち越した。体の張りも先場所より明らかに増し、復活の兆しを見せていたが、翌11月場所は西前頭10枚目で1勝14敗と大きく負け越し、再び十両に陥落した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た日本語

    母語のグルジア語とロシア語、来日後に覚えた日本語、英語の四ヶ国語を話す事が出来る。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たグルジア語

    母語のグルジア語とロシア語、来日後に覚えた日本語、英語の四ヶ国語を話す事が出来る。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見たスフミ

    黒海 太(こっかい ふとし、1981年3月10日 - 、本名「レヴァン・ツァグリア」(ジョージア語:????? ???????、キリル文字転写:Леван Цагурия、ラテン文字転写:Levan Tsaguria)は、アブハジア共和国スフミ市出身(呼び出し公称ではグルジア共和国 (現国名 : ジョージア)の首都トビリシ市出身)、追手風部屋に所属していた元大相撲力士。愛称は、「コッカイ」、「レヴァン」。身長190cm、体重156kg。得意技は、突き、押し、左四つ。最高位は西小結(2006年9月・11月場所)。趣味は音楽鑑賞、史上初のヨーロッパ出身の関取である。四股名は故郷が接する黒海に因んでつけられた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た負け越し

    しかし、2005年7月場所(敢闘賞を受賞)と2006年1月場所に横綱朝青龍を破る金星を挙げるなど徐々に力をつけ、2006年3月場所は最高位タイの西前頭筆頭に番付を上げた。だが、場所直前に父の訃報が届き、弟の司海とともにグルジアへ緊急帰国したため、稽古不足で5勝10敗と大きく負け越し。そればかりか、千秋楽の春日王戦に内掛けで敗れた際に足を負傷した。翌5月場所は、完治していない足の怪我のために前半は3勝5敗と黒星先行で苦しい場所だったが後半巻き返し、14日目に勝ち越しを決め、8勝7敗で場所を終えた。7月場所では前頭5枚目で10勝5敗、やや引き技が目立ったが2桁の白星を収めた。その実績が評価され翌9月場所にやっとの思いで新三役(新小結)に昇進することになった。9月場所では新小結で8勝7敗と見事に勝ち越し、魁皇・千代大海の2大関を破るなど存在感を示した。しかし、翌11月場所は怪我のため引き技が多く9日目までの9連敗などで3勝12敗と無残な成績に終わり、小結の座を明け渡した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た体重

    黒海 太(こっかい ふとし、1981年3月10日 - 、本名「レヴァン・ツァグリア」(ジョージア語:????? ???????、キリル文字転写:Леван Цагурия、ラテン文字転写:Levan Tsaguria)は、アブハジア共和国スフミ市出身(呼び出し公称ではグルジア共和国 (現国名 : ジョージア)の首都トビリシ市出身)、追手風部屋に所属していた元大相撲力士。愛称は、「コッカイ」、「レヴァン」。身長190cm、体重156kg。得意技は、突き、押し、左四つ。最高位は西小結(2006年9月・11月場所)。趣味は音楽鑑賞、史上初のヨーロッパ出身の関取である。四股名は故郷が接する黒海に因んでつけられた。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た徴兵制度

    2009年5月末に、緊迫する対ロシア情勢の中、徴兵検査を受けるために母国グルジアに帰国した(栃ノ心、臥牙丸も同様)。1ヶ月あまりの軍事訓練を受けて7月に再入国した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た寄り倒し

    2011年5月技量審査場所では幕内昇進以来初めて西十両6枚目に陥落し、5勝10敗と大きく負け越してしまった。しかし、大相撲八百長問題にて多数の力士が引退・解雇されたため翌7月場所は東十両4枚目と番付を上げ、体の張りも以前ほどではないが復活し、9勝6敗と勝ち越した。9月場所では東前頭16枚目に番付を戻し、再入幕を果たした。9月17日、地元のグルジア人女子大学院生と結婚していたことが明らかになった。二人は8月13日に母国の首都トビリシで挙式を済ませている。4日目の玉飛鳥戦ではがぶり寄りのような寄り倒しで勝利するなど、取り口にもやや変化が見られ、9勝6敗と勝ち越した。体の張りも先場所より明らかに増し、復活の兆しを見せていたが、翌11月場所は西前頭10枚目で1勝14敗と大きく負け越し、再び十両に陥落した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

  • 黒海太

    黒海太から見た千秋楽

    しかし、2005年7月場所(敢闘賞を受賞)と2006年1月場所に横綱朝青龍を破る金星を挙げるなど徐々に力をつけ、2006年3月場所は最高位タイの西前頭筆頭に番付を上げた。だが、場所直前に父の訃報が届き、弟の司海とともにグルジアへ緊急帰国したため、稽古不足で5勝10敗と大きく負け越し。そればかりか、千秋楽の春日王戦に内掛けで敗れた際に足を負傷した。翌5月場所は、完治していない足の怪我のために前半は3勝5敗と黒星先行で苦しい場所だったが後半巻き返し、14日目に勝ち越しを決め、8勝7敗で場所を終えた。7月場所では前頭5枚目で10勝5敗、やや引き技が目立ったが2桁の白星を収めた。その実績が評価され翌9月場所にやっとの思いで新三役(新小結)に昇進することになった。9月場所では新小結で8勝7敗と見事に勝ち越し、魁皇・千代大海の2大関を破るなど存在感を示した。しかし、翌11月場所は怪我のため引き技が多く9日目までの9連敗などで3勝12敗と無残な成績に終わり、小結の座を明け渡した。黒海太 フレッシュアイペディアより)

77件中 61 - 70件表示