209件中 121 - 130件表示
  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たキリンビール

    キリンビール 淡麗極上〈生〉(2017年3月)黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た横浜スタジアム

    1500投球回:2006年8月18日、対横浜ベイスターズ14回戦(横浜スタジアム)、5回裏1死から金城龍彦を中飛に打ち取り、2死目を奪い達成 ※史上157人目黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たAP通信

    2007年12月15日、ロサンゼルス・ドジャースと総額3530万ドルの3年契約を結んだことをAP通信が明らかにした。これにより、カープ初の日本人メジャーリーガー誕生となった。背番号は「18」だったが、会見場では「08」を着けた。これはユニフォームが間に合わなかったためであり、同年にドジャースとマイナー契約したロバート・ブースが先に背番号「08」を着けていた。ドジャースから当初提示された条件は4年契約だったが、「ワクワクする気持ちはほとんど湧いてこなかった。戦地に行くつもりでアメリカに行く。4年間もそんな苦しいことはできない。『苦しい時間』が短い方が自分は頑張れる。3年間できちんとした成績を残せれば、4年目に同等かそれ以上の契約を交わせるはずだ」として契約年数短縮を自ら申し出た。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た勝利

    父は元プロ野球選手の黒田一博。日本人投手で史上初めてNPB/MLB通算先発勝利(先発投手勝利)数のみで200勝を達成した投手である。また、NPB/MLB40球団勝利を記録した唯一の日本人選手でもある。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た先発投手

    父は元プロ野球選手の黒田一博。日本人投手で史上初めてNPB/MLB通算先発勝利(先発投手勝利)数のみで200勝を達成した投手である。また、NPB/MLB40球団勝利を記録した唯一の日本人選手でもある。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た速球

    スリークォーターからメジャー時代の平均球速91.9mph(約147.9km/h)の速球(シンカー、フォーシーム)と平均球速86.7mph(約139.5km/h)のフォーク(スプリッター)、平均球速83.8mph(約134.9km/h)のスライダーを投げ分ける本格派右腕で、稀にカーブやカットボールも織り交ぜる。中でもスライダーとフォークはメジャーでも高い評価を獲得し、特にフォークはメジャー時代にはダン・ヘイレンのスプリッターと共に「現役最高のスプリッター」と評された。最速はメジャー移籍前の広島在籍時に計測した157km/h。広島復帰後からカットボールの投球割合を増やしている。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た投手

    黒田 博樹(くろだ ひろき、1975年2月10日 - )は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手(投手)。右投右打。野球解説者。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見たドジャー・スタジアム

    初完封:2008年6月6日(現地時間)、対シカゴ・カブス戦(ドジャー・スタジアム)黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た横浜DeNAベイスターズ

    4月15日の横浜ベイスターズ戦で三浦大輔と互いに完封リレーを行い0-0というスコアで引き分けた。オールスターゲームにファン投票で選出され4年ぶりの出場を果たし、リーグ最多勝利で初タイトルを獲得。タイトル料込みで年俸2億円に達する。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

  • 黒田博樹

    黒田博樹から見た東京ドーム

    は春季キャンプが終了したのち、2軍でのスタートとなる。広島東洋カープ由宇練習場での練習試合に中継ぎ投手として登板するも、1イニング10失点を喫する。当時の2軍監督である安仁屋宗八は打たれ続けても交代させずに3アウトを取るまで投げさせた。4月25日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)にて初登板・初先発・初勝利・初完投の快挙を達成。その後も同じく新人の澤崎俊和と共に先発ローテーションに入り、勝ち星こそ伸びず負けが先行したが規定投球回をクリアした。黒田博樹 フレッシュアイペディアより)

209件中 121 - 130件表示

「黒田博樹」のニューストピックワード