ABB ニュース&Wiki etc.

ABBグループ (Asea Brown Boveri、アセア・ブラウン・ボベリ)は、電力関連、重電、重工業を主たる業とする、スイスに本社を置く典型的多国籍企業で、100カ国以上に進出している。1988年にスウェーデンのアセアとスイスのブラウン・ボベリが合併して成立した。ファナック、安川電機、クーカと並んで世界4大産業用ロ… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「アセア・ブラウン・ボベリ」のつながり調べ

  • 樫野 (給兵艦)

    樫野 (給兵艦)から見たアセア・ブラウン・ボベリ

    機関は技術吸収の意味もあり外国から輸入、スイスのブラウン・ボベリ社製のタービンとアメリカのラモント社製の缶(ボイラー)を搭載している。缶は蒸気温度450度、圧力50kg/平方cmと、島風型駆逐艦島風の400度、40kg/平方cmを上回る高温・高圧缶だった。更に、輸入した缶が不調だった場合に備え、日本製のホ号艦本式缶も2基搭載、これだけで全力発揮できるようにし、2種類の缶の比較実験も兼ねた。また輸入が間に合わなくなった場合に備え、タービンは樅型駆逐艦樅のもの、缶は戦艦伊勢から陸揚げしたものを臨時に搭載する第2案も準備されていた。(樫野 (給兵艦) フレッシュアイペディアより)

  • ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 119-124形電車

    ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 119-124形電車から見たアセア・ブラウン・ボベリ

    この機体は、1930年代後半から1940、50年代にかけて SLMとBBCが製造し、モントルー-グリオン鉄道、グリオン-ロシェ・ド・ネー鉄道、エーグル-レザン鉄道、ベー-ヴィラー-ブルタユ鉄道の各鉄道に導入されていた、2軸ボギー台車にラック式もしくは粘着式/ラック式の1軸駆動式駆動装置を組み込んだ定格出力150-250kWの小出力のラック式電車をベースに、4軸駆動で客車列車を押し上げることができる電車に発展させた機体であり、1962年からは列車の反対端に制御車を連結した遠隔制御による運行が開始されていた。ヴェンゲルンアルプ鉄道は1列車当たりの編成両数が2もしくは3両に限られており、多客時には続行運転で列車が運行する方式であったが、1960年代の利用客増加により、さらにラック式電車の増備がなされることとなり、1970年にラウターブルンネンからクライネ・シャイデックに至る通称右回りルートの増発用として本項で述べるABDhe4/4形119-124号機の6両が導入されている。(ヴェンゲルンアルプ鉄道BDhe4/4 119-124形電車 フレッシュアイペディアより)

「アセア・ブラウン・ボベリ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「ABB」のニューストピックワード