557件中 111 - 120件表示
  • スピードハック

    スピードハックから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    APIの動作を変更したり、デバイスドライバを利用して仮想メモリのアドレスが参照する物理アドレスを変更するやり方が一般的である。スピードハック フレッシュアイペディアより)

  • コンピュータアクセシビリティ

    コンピュータアクセシビリティから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    中には、通常の入力機器であるマウスあるいはキーボードがうまく使えない人もいる。従って、どちらか一方だけでも全ての入力ができるようにすることは重要である。理想的には、ソフトウェア開発時点では存在しなかった特殊な入力機器にも対応できるよう、汎用の入力APIを使用すべきである。ショートカットキーやマウスジェスチャーも解決策の一部となる。さらに特化した解決策として、オンスクリーンのソフトウェアキーボードやスイッチやジョイスティックやトラックボールなどの代替入力機器もある。音声認識をキーボードやマウスの代替とすることもできる。コンピュータアクセシビリティ フレッシュアイペディアより)

  • コンテキストメニュー

    コンテキストメニューから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    コンテキストメニューは、1970年代半ばに を暫定ダイナブックとして機能させるためのある種のオペレーティングシステムとして開発された 環境における「ポップアップメニュー」とその「オブジェクト指向的」な振る舞いを起源とする。この「暫定ダイナブック環境」では、 の3つのボタンマウスのうち2番目のボタンをクリックすると、その操作を「メッセージ」として受け取ったオブジェクトが、自分の役割にふさわしいメニューをポップアップする責務を担っていたため、ユーザーにはコンテキストに応じてメニュー内容が変化するように見えた。なお、同じ を使って開発されてはいても とは系譜が異なり、ゆえにまったく別の操作スタイルを有した (1981年リリース)には同種機能はなかった( では、マウスは主に対象の選択のみに用いられ、編集操作にはメニューではなく、キーボード上の特殊な機能キーを使用した)。一方で、記述言語である やアプリケーションプログラミングインタフェースのみならずユーザー・インターフェイスにおいても の強い影響下にあった (1989年公開)には、メインメニューを呼び出す機能などに同様の振る舞いの応用を見て取れた。同様のことは を用いて新しいインターフェイスのプロトタイピングなどが行われた 95(1995年公開)についても言える。コンテキストメニュー フレッシュアイペディアより)

  • Bloglines

    Bloglinesから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Bloglinesは外部ソフトウェア用のAPIも提供しており、外部からフィードを読み込んだり、エントリデータベースを検索したり、ブログの更新を通知したりできる。Bloglines フレッシュアイペディアより)

  • PSoC

    PSoCから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    PSoCの特徴の1つとして、他のマイクロコントローラ(マイコン)と異なり「ユーザーモジュール」と呼ばれる機能があげられる。様々なアナログおよびデジタルブロックを使用して、マイコンの周辺に必要な一連の機能を集積・内蔵することができる。初期化処理や割り込み処理などのAPIやサブルーチンは開発環境が自動的に作成してくれる。デバイスによって異なるが、最大で16個のデジタルブロックと12個のアナログブロックが利用できる物もある。PSoC フレッシュアイペディアより)

  • Video for Windows

    Video for Windowsから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Video for Windows(ビデオ・フォー・ウィンドウス)とは、マイクロソフトが開発した、Windows 3.1で動画を再生するためのソフトウェアおよびそれを使用するためのAPI、そしてコーデックのパッケージである。略称はVfW(ビー・エフ・ダブリュー)。Video for Windows フレッシュアイペディアより)

  • Speech Application Programming Interface

    Speech Application Programming Interfaceから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Speech Application Programming Interface(Speech API、SAPI)は、Windowsアプリケーションで音声認識や音声合成を使うためにマイクロソフトが開発したAPI。このAPIには様々なバージョンがあり、Speech SDK の一部として出荷されたものもあれば、Windows OS 自体の一部としてリリースされたものもある。SAPI を使ったアプリケーションとしては、Microsoft Office、Microsoft Agent、Microsoft Speech Server などがある。Speech Application Programming Interface フレッシュアイペディアより)

  • Cryptographic API

    Cryptographic APIから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Cryptographic API(CryptoAPI、CAPI)は、Microsoft Windows オペレーティングシステムのAPIの1つであり、Windows での暗号を使ったセキュアなアプリケーション開発のためのサービスを提供する。一種の抽象化レイヤーを提供する一連のダイナミックリンクライブラリで構成され、データの暗号化を行うコードをアプリケーションから分離する。Cryptographic API フレッシュアイペディアより)

  • OLE DB

    OLE DBから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    OLE DB (Object Linking and Embedding, Database) はマイクロソフトの設計したAPIであり、一様な形で格納されている様々な種類のデータへのアクセスを行うものである。OLEDB、OLE-DB とも表記する。Component Object Model (COM) を使って実装されたインタフェース群であり、そのためOLEと関係がある。ODBCをより抽象化した形で置換するもので、関係データベース以外の各種データベースもサポートするよう拡張されている。オブジェクトデータベース、表計算ソフトなどSQLをサポートしていないものにも対応している。OLE DB フレッシュアイペディアより)

  • Core Image

    Core Imageから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Core Image (コア・イメージ)は、Mac OS Xを構成するフレームワークの一つであり、GPUのプログラマブルシェーダーを用いて画像のフィルタ処理を行うコンポーネント及びAPIである。プログラマブルシェーダーをもたない環境では計算をCPUに代行させる。Core Image フレッシュアイペディアより)

557件中 111 - 120件表示