557件中 131 - 140件表示
  • AmigaOS

    AmigaOSから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    AmigaOSは、1985年に販売が開始されたときから、マルチタスクとカラーグラフィックスに対応するなど、当時としては先進的な機能が備えられていた。Execと呼ばれるプリエンプティブ・マルチタスク型カーネルの上に、Amigaの独特なハードウェアの抽象化層があり、ディスクオペレーティングシステムのAmigaDOS、ウィンドウシステムAPIのIntuition、グラフィカルユーザインタフェース (GUI) のWorkbenchが載っている。また、コマンド行インタフェース (CLI) のAmigaShellもシステムに含まれている。GUIとCLIは相補的であり、同等の機能を有する。AmigaOS フレッシュアイペディアより)

  • Data Distribution Service

    Data Distribution Serviceから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    DDS は publisher の二重化によるホットスワップも制御する。ホットスワップ中も subscriber は常に有効な高優先度データのサンプルを受け取る(有効とは、publisherの指定した有効期限内であるという意味)。障害から回復した一次 publisher への復旧も自動的に行われる。DDS は以下にあるようなベンダーから実装された製品が出ており、C、C++、JavaのAPIが利用可能である。Data Distribution Service フレッシュアイペディアより)

  • UltraDefrag

    UltraDefragから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    マイクロソフトのデフラグメンテーションAPIを使用しており、Windows NT、2000、XP、Server 2003、Vista、7に対応している。そしてFAT12、FAT16、FAT32、exFAT、NTFSのファイルシステムをデフラグメントできる。2013年2月時点でWindows 8では未だにテストされていない上、そのWindows 8で動くブートタイムデフラグユーティリティは存在しない。UltraDefrag フレッシュアイペディアより)

  • SlimDX

    SlimDXから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    SlimDXは、.NET Frameworkの下でDirectXプログラミングを可能にするためのオープンソースAPIである。SlimDX は、.NET言語(共通言語ランタイムすなわちCLR対応の言語)で使用することができる。SlimDX フレッシュアイペディアより)

  • 機構と方針の分離

    機構と方針の分離から見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    機構の実装を変更せずに新たな方針を採用できるなら、そのような方針転換のコストとリスクは大いに低減できる。最初の例は、機構と方針を別々のモジュールとして分離するやり方である。方針を表したモジュール(例えばCPUスケジューリング方針)を置き換えることで、その方針を実行するモジュール(例えばスケジューリング機構)を変更することなくシステムの挙動を変えることができる。さらに、アプリケーションのニーズに従って様々な不定範囲の方針が予想される場合、コーディングしない形で方針を指定できるようにすることも考えられる。その場合、方針は実行コードとして書かれるのではなく、それとは独立した何らかの記述によって指定される。例えば、ファイル保護方針(UNIXのファイルパーミッションなど)はパラメータ化することもできる。その場合、機構側は新たな方針記述言語のインタプリタを含むよう設計される。いずれの場合も、方針の仕様を新たに導入したり置換したりするための結合機構(例えば、設定ファイルやAPI)がシステムに備わっているのが一般的である。機構と方針の分離 フレッシュアイペディアより)

  • Windows サーチ

    Windows サーチから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Windows VistaではWDS 3.0と互換性を持つAPIで動作する機能を「Windows Search」という名称で実装した。同じように、Windows 2000からWindows 2003 Serverまでは、ハードディスクのファイルをインデックス化して検索に寄与する「インデックスサービス」という機能を備えていた。しかし、それには適切なUIが備わっておらず、エクスプローラの検索機能や、MMCスナップインによって間接的に利用されなければいけなかった。またインクリメンタルサーチも出来なかった。Windows サーチ フレッシュアイペディアより)

  • ルック・アンド・フィール

    ルック・アンド・フィールから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    アプリケーションと提携するルック・アンド・フィールの定義は初期化によって行われるが、 APIの一部であるいくつかの ウィジェットツールキットのようなウィジェット・ツールキットは、ユーザに実行時にルック・アンド・フィール変更を許可する。ルック・アンド・フィール フレッシュアイペディアより)

  • Zimbra

    Zimbraから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    ZCSサーバはいくつかのオープンソースプロジェクトの成果を使っている(Zimbraに含まれるオープンソースの章を参照)。各機能にSOAP API を提示しており、IMAPおよびPOP3サーバとしても機能する。様々なLinuxディストリビューションで動作し、Mac OS Xでも動作する。Zimbra フレッシュアイペディアより)

  • MyWiki

    MyWikiから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    Google Map APIを利用した地図とWikiを連動できるMyWikiMapサービスも提供している。MyWiki フレッシュアイペディアより)

  • ドキュメンテーションジェネレータ

    ドキュメンテーションジェネレータから見たアプリケーションプログラミングインタフェースアプリケーションプログラミングインタフェース

    ドキュメンテーションジェネレータ ()は、特別なコメントが記述されたソースコードファイルの集合、または一部の例ではバイナリファイルの集合から、プログラマ(APIドキュメンテーション)やエンドユーザ(エンドユーザーガイド)またはその両方を対象としたドキュメンテーションを生成するプログラミングツールである。ドキュメンテーションジェネレータ フレッシュアイペディアより)

557件中 131 - 140件表示