前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
219件中 1 - 10件表示
  • B'z

    B'zから見たレッド・ツェッペリン

    1988年5月、ボーカリストを探していた松本は、ビーイングの社長で音楽プロデューサーでもあった長戸大幸から1本のデモテープを渡される。そのデモテープは当時Being音楽振興会(後のBeing Music School)に所属していた稲葉が、T-ボーン・ウォーカーの「T-BORN SHUFFLE」、レッド・ツェッペリンの「YOU SHOOK ME」、ビリー・ジョエルの「Honesty」を歌ったものが録音されていた。長戸はB'z結成の2、3年前から「稲葉を何とかしたい、早くデビューさせたい」と事あるごとに言い続けていたという。稲葉の歌唱音源を聞いた松本は、その後に稲葉の顔写真を確認し、稲葉をボーカルに採用することをこの時点で決めたという。こうして長戸を介して、2人は会う約束を交わした。後に松本は当時について、「デモも聞いたし、写真も見たし、(稲葉と会う前から)自分は心が決まっていた」「後は『いい人』であってくれと願っていた」と振り返っている。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見た稲葉浩志

    B'z(ビーズ)は、ギタリストの松本孝弘とボーカリストの稲葉浩志からなる日本のロックユニットである。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たTM NETWORK

    1987年、音楽制作会社ビーイングに所属し、浜田麻里やTM NETWORKなどのツアーサポートやスタジオ・ミュージシャンとして活動していたギタリストの松本が、「自らの音楽を表現できるバンドを創る」という構想のもと、バンド結成へ向けた活動を開始。その間、あるボーカリストとバンドを組むことを音楽雑誌で公表したが、そのボーカリストとデビューすることはなかった。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見た浜田麻里

    1987年、音楽制作会社ビーイングに所属し、浜田麻里やTM NETWORKなどのツアーサポートやスタジオ・ミュージシャンとして活動していたギタリストの松本が、「自らの音楽を表現できるバンドを創る」という構想のもと、バンド結成へ向けた活動を開始。その間、あるボーカリストとバンドを組むことを音楽雑誌で公表したが、そのボーカリストとデビューすることはなかった。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たWOWOW

    毎年ライブツアーを主体とした活動を行っており、テレビへの露出は少ない。音楽番組の出演は多いが、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系列)、『COUNT DOWN TV』(TBS系列)などに出演する程度である。年末年始は『NHK紅白歌合戦』などの大晦日・正月の生放送特番には一切出演しない為、年末最後のテレビ出演(仕事納め)は『ミュージックステーションスーパーライブ』(テレビ朝日系列)となることが多い。また、NHKやWOWOWでドキュメンタリーの放送が放送されることもある。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たピンク・レディー

    2015年1月時点では、4個の歴代1位記録を他アーティストが更新し、また2012年に「シングル首位獲得週数」で1位を所持していたピンク・レディーの記録をB'zが新たに更新したため、9冠である。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たビートルズ

    翌日、「SOUND JOKER」という小さなスタジオで初顔合わせした2人は軽く会話を交わした後、ビートルズの「Let It Be」、「Oh! Darling」の2曲をセッションする。しかし、機材の故障により結局その日は2曲しかセッションが出来ず、その場はお開きとなった。後日再び会った時には、なぜかすでにデビューへ向けての活動が始まっていたという。その後2人はユニットB'zを結成、1988年9月21日にシングル「だからその手を離して」、アルバム『B'z』の同時リリースでデビューした。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たエアロスミス

    ギタリストで音楽評論家のマーティ・フリードマンはB'zの曲風について、B'zとアメリカのロックバンド・エアロスミスとを比較し、「B'zはエアロスミスよりも現代的な音であり、東洋的なメロディーや繊細なアレンジなどはエアロには無理である。またエアロはブルースが基本であるが、B'zは日本的な歌謡曲の作り方である。」と評している。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たビリー・ジョエル

    1988年5月、ボーカリストを探していた松本は、ビーイングの社長で音楽プロデューサーでもあった長戸大幸から1本のデモテープを渡される。そのデモテープは当時Being音楽振興会(後のBeing Music School)に所属していた稲葉が、T-ボーン・ウォーカーの「T-BORN SHUFFLE」、レッド・ツェッペリンの「YOU SHOOK ME」、ビリー・ジョエルの「Honesty」を歌ったものが録音されていた。長戸はB'z結成の2、3年前から「稲葉を何とかしたい、早くデビューさせたい」と事あるごとに言い続けていたという。稲葉の歌唱音源を聞いた松本は、その後に稲葉の顔写真を確認し、稲葉をボーカルに採用することをこの時点で決めたという。こうして長戸を介して、2人は会う約束を交わした。後に松本は当時について、「デモも聞いたし、写真も見たし、(稲葉と会う前から)自分は心が決まっていた」「後は『いい人』であってくれと願っていた」と振り返っている。B'z フレッシュアイペディアより)

  • B'z

    B'zから見たMr.Children

    音楽評論家の大貫憲章は、R25の取材に対して、熱心なリスナーではないため印象論でしかないという前置きをした上で、ハードロックサウンドとシャウト、稲葉浩志の外見の良さなどによって、B'zが日本の一般人が想定するロックのイメージをわかりやすく体現しているためではないか、としている。また、音楽プロデューサーの亀田誠治は、B'zの曲がヒットする要因を、ヒット曲に必要な条件である「アーティストパワー」「楽曲のパワー」の両方を兼ね備えている「勝ち組安定型」と定義した。継続して売れ続けていることがCDショップで積極的に売り出されることにつながり、そのことがまた売り上げにつながっているとした。この傾向はMr\.Children・サザンオールスターズ・スピッツも同様であるとしている。B'z フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
219件中 1 - 10件表示