75件中 41 - 50件表示
  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たサンパウロ

    この大会は、下記の6つの大陸における選手権大会の優勝クラブと、開催国における国内リーグの優勝クラブが一堂に会して「クラブチームの世界王者」を争う大会である。ちなみに、この大会の第1回大会は公式記録上、2000年にサンパウロとリオデジャネイロで開催された「FIFAクラブ世界選手権」(ブラジル大会)である。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たスイス

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟 (FIFA) 本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会 (IFAB) 特別会合において、満場一致で「ホークアイ (Hawk-Eye) システム」と「ゴールレフ (GoalRef) 」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から初めて採用された。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブワールドカップで導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブワールドカップ開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの1つであるゴールレフが使用された。その後、FIFA主催大会では、GLTとしては4番目に認可された「ゴールコントロール4D (GoalControl-4D)」が、FIFAコンフェデレーションズカップ2013、FIFAクラブワールドカップ2013で採用された。クラブワールドカップ2013準々決勝ラジャ・カサブランカ対モンテレイ戦では角度のない所からのシュートのゴールイン有無を判定するためにGLT(ゴールコントロール4D)が使用された。2014 FIFAワールドカップでもGLTの「ゴールコントロール4D」が採用される。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た延長戦

    aet - 延長戦終了時の結果 (after extra time)FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たTPマゼンベ

    なお、2009年大会ではオセアニア代表のオークランド・シティFCがプレーオフで開催国代表のアル・アハリ・ドバイ、5位決定戦でアフリカ代表のTPマゼンベを下し、オーストラリアのAFC転籍後、オセアニア勢として同大会での初勝利と他大陸代表クラブへの初勝利を挙げた。2010年大会ではアフリカ代表のマゼンベが南米代表のSCインテルナシオナルを下し、初めて決勝が欧州と南米代表の対戦ではなくなった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たCRヴァスコ・ダ・ガマ

    2000年1月初旬にブラジルのサンパウロとリオデジャネイロで、「FIFAクラブ世界選手権2000」(第1回大会)が開催された。なお、決勝戦は南米対欧州の構図にはならず、地元ブラジルの「コリンチャンス対ヴァスコ・ダ・ガマ」となり、優勝したのはコリンチャンスであった。コリンチャンスは大陸連盟主催のクラブ選手権を勝ちあがったチームではなく、「ブラジル全国選手権リーグ」の優勝クラブであることによる開催国枠で参加していたため、大会の性格との不整合から一定の疑問が付随することになった。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た中国サッカー・スーパーリーグ

    2014年大会を最後に、トヨタは前身であるトヨタカップ開始の1981年から継続していた冠スポンサーから撤退した。これに代わり、2015年(日本大会)からは、中華人民共和国の情報技術メーカーである阿里巴巴集団 (Alibaba E-Auto)が協賛スポンサーに就くことになり、題を「FIFAクラブワールドカップ20xx presented by Alibaba E-Auto」と改めた。協賛契約期間は2022年までの8年間が予定されている。阿里巴巴集団は、中国最大の自動車メーカーの一つで、中国スーパーリーグのクラブ・広州恒大の母体スポンサーでもある上海汽車を傘下に持っており、2016年からインターネットとの融合による新しい自動車の製造・販売サービス「インターネットカー・Alibaba E-Auto」を始める計画があり、そのブランドの周知という狙いもあるとされている。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た2014 FIFAワールドカップ

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟 (FIFA) 本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会 (IFAB) 特別会合において、満場一致で「ホークアイ (Hawk-Eye) システム」と「ゴールレフ (GoalRef) 」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から初めて採用された。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブワールドカップで導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブワールドカップ開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの1つであるゴールレフが使用された。その後、FIFA主催大会では、GLTとしては4番目に認可された「ゴールコントロール4D (GoalControl-4D)」が、FIFAコンフェデレーションズカップ2013、FIFAクラブワールドカップ2013で採用された。クラブワールドカップ2013準々決勝ラジャ・カサブランカ対モンテレイ戦では角度のない所からのシュートのゴールイン有無を判定するためにGLT(ゴールコントロール4D)が使用された。2014 FIFAワールドカップでもGLTの「ゴールコントロール4D」が採用される。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見た2か国語放送

    なお、2009年・2010年・2013年・2014年については日本での放送は日本テレビが行ったが、現地の放送局がホスト放送局となったかどうかについては現在も不明(2009年・2010年ともに副音声で英語放送=二ヶ国語放送が実施されている)。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たチューリッヒ

    2012年7月5日、スイス・チューリッヒの国際サッカー連盟 (FIFA) 本部で行われたサッカーのルールを決める機関である国際サッカー評議会 (IFAB) 特別会合において、満場一致で「ホークアイ (Hawk-Eye) システム」と「ゴールレフ (GoalRef) 」の両方のゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー、略称GLT)採用が決定され、FIFA主催の大会ではFIFAクラブワールドカップ2012から初めて採用された。2012年11月27日、FIFAは2012年クラブワールドカップで導入するGLTについて、横浜国際総合競技場で「ゴールレフ」、豊田スタジアムで「ホークアイ」を採用すると発表した。なお、GLTをその試合で実際に使用するかどうかは、試合開始90分前に審判団が判断する。2012年12月6日、横浜国際総合競技場で行われた2012年クラブワールドカップ開幕戦サンフレッチェ広島対オークランド・シティ戦で、史上初めて公式戦でGLTの1つであるゴールレフが使用された。その後、FIFA主催大会では、GLTとしては4番目に認可された「ゴールコントロール4D (GoalControl-4D)」が、FIFAコンフェデレーションズカップ2013、FIFAクラブワールドカップ2013で採用された。クラブワールドカップ2013準々決勝ラジャ・カサブランカ対モンテレイ戦では角度のない所からのシュートのゴールイン有無を判定するためにGLT(ゴールコントロール4D)が使用された。2014 FIFAワールドカップでもGLTの「ゴールコントロール4D」が採用される。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

  • FIFAクラブワールドカップ

    FIFAクラブワールドカップから見たインターネット

    2014年大会を最後に、トヨタは前身であるトヨタカップ開始の1981年から継続していた冠スポンサーから撤退した。これに代わり、2015年(日本大会)からは、中華人民共和国の情報技術メーカーである阿里巴巴集団 (Alibaba E-Auto)が協賛スポンサーに就くことになり、題を「FIFAクラブワールドカップ20xx presented by Alibaba E-Auto」と改めた。協賛契約期間は2022年までの8年間が予定されている。阿里巴巴集団は、中国最大の自動車メーカーの一つで、中国スーパーリーグのクラブ・広州恒大の母体スポンサーでもある上海汽車を傘下に持っており、2016年からインターネットとの融合による新しい自動車の製造・販売サービス「インターネットカー・Alibaba E-Auto」を始める計画があり、そのブランドの周知という狙いもあるとされている。FIFAクラブワールドカップ フレッシュアイペディアより)

75件中 41 - 50件表示

「FIFAクラブワールドカップ」のニューストピックワード