G1クライマックス ニュース&Wiki etc.

G1 CLIMAX(ジーワン・クライマックス)は、新日本プロレス主催のヘビー級選手によるシングルリーグ戦。新日本プロレスで開催される最大級の大会であり、「真夏の祭典(まなつのさいてん)」として全国的に知られている。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「G1_CLIMAX」のつながり調べ

  • ミラノコレクションA.T.

    ミラノコレクションA.T.から見たG1 CLIMAX

    2011年8月のG1 CLIMAXでも解説を行ったが、矢野通対ヒデオ・サイトー戦で矢野が木槌(ゴングを打つ為の木槌)でヒデオを殴打しようとしてヒデオがゴングを盾にして防御し、ゴングの音が鳴るという珍場面で堪えられず大爆笑した。(ミラノコレクションA.T. フレッシュアイペディアより)

  • ラ・ソンブラ

    ラ・ソンブラから見たG1 CLIMAX

    2011年1月4日、新日本プロレスのレッスルキングダムVに出場。マスカラ・ドラダと組んでエクトール・ガルサ & 獣神サンダー・ライガーと対戦。終盤にライガーと攻防となり、ケブラドーラからヴァリオスプラッシュと繋げ、最後にトルニージョを決めて勝利。同月22日、日本で行われた新日本プロレス & CMLLの共催のイベントであるFantastica Mania 2011に参戦。CMLL世界ミドル級王座を保持する獣神サンダー・ライガーに挑戦。最後にコーナー最上段からダイビングボディプレスの連発から最後は垂直落下式ブレーンバスターを決められ敗戦。3月13日、NWA世界ウェルター級王座を保持するメフィストに挑戦。最後にドラゴン・ラナを決めて勝利。ベルトを奪取。4月24日、LLA(Lucha Libre Azteca)にてLLAアステカ王座を保持するアトランティス、ボラドール・ジュニアと3wayマッチによる王座戦を行い勝利。ベルトを奪取。8月、新日本プロレスのG1 CLIMAXに初出場。Bブロックにエントリー。2勝6敗、勝ち点4という結果に終わる。9月、カンペオン・ウニベルサルに出場。同月16日、決勝にてアベルノと対戦。勝利して優勝を飾った。(ラ・ソンブラ フレッシュアイペディアより)

「G1クライマックス」のニューストピックワード