177件中 131 - 140件表示
  • 柴田勝頼

    柴田勝頼から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2014年のG1 CLIMAXに向けて開発した技。柴田勝頼 フレッシュアイペディアより)

  • ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア

    ベスト・オブ・ザ・スーパージュニアから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    1988年にTOP OF THE SUPER Jr.(トップ・オブ・ザ・スーパー・ジュニア)として行われて1991年から1993年まで連続開催された。1994年からBEST OF THE SUPER Jr.(ベスト・オブ・ザ・スーパー・ジュニア)へ改められて以降は今日まで毎年開催されている。改称とともに回数もリセットされているが、事実上はトップ・オブ・ザ・スーパー・ジュニアと同一大会の扱いである。優勝賞金は当初300万円だったが現在は500万円(ちなみにG1 CLIMAXは1,000万円)。ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア フレッシュアイペディアより)

  • 青義軍

    青義軍から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    一方、井上は同年8月のG1 CLIMAXをきっかけに鈴木みのるとの抗争を展開する。青義軍 フレッシュアイペディアより)

  • 矢野通

    矢野通から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2011年1月4日、レッスルキングダムVの舞台でTNAのロブ・ヴァン・ダムと対戦、矢野はこの対戦以後、ヴァン・ダムの両手の親指で自身を指差すポーズを剽窃し「ヤノ・トー・ルー」とアピールするようになっていく。矢野もこれをキッカケに日を追うごとにヒールでありながらコミカルな面が顕著に見られるようになり、二面性を持つレスラーとして観衆から支持を得た。8月のG1 CLIMAXの棚橋戦では観客から盛大な「矢野通」コールを受け、逆に棚橋にはブーイングが起こるという「逆転現象」が巻き起こり、その声援を背に棚橋に完勝。結果的に決勝への進出を逃すものの、5勝4敗(勝ち点10点)という好成績をマークし存在確立によるバイプレーヤー脱却の期待を見せた。矢野通 フレッシュアイペディアより)

  • 真田聖也

    真田聖也から見たG1クライマックスG1 CLIMAX

    4月10日、新日本プロレスのINVASION ATTACK 2016にてオカダ・カズチカ vs 内藤哲也のIWGPヘビー級王座戦で終盤にオカダが内藤にドロップキックからツームストン・パイルドライバーを喰らわせてレインメーカーポーズを決めたところで場外から黒い骸骨のマスクを被って乱入し、背後から襲撃を仕掛けTKOを決めると上着を脱いでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンのシャツを見せ、そしてマスクを取り正体を現した。最後に内藤がオカダにデスティーノを決めて勝利してベルト奪取に貢献、同月11日、リングネームを本名の真田聖也から「SANADA」に改めた。同月17日、Road to レスリングどんたく2016にてLIJ vs CHAOSによる8人タッグマッチで対戦、終始オカダと対戦を行った。終盤にオカダのフラップジャックを喰らい外道にタッチされ逃げられるとLIJのメンバー総動員で猛波状攻撃で攻め、最後に外道にTKOからSkull Endへと繋げて勝利した。5月3日、レスリングどんたく2016にてオカダと対戦、序盤は場外に引き込む鉄柵への攻撃を仕掛けるが中盤よりクリーンファイトを展開していった。終盤にはお互いの得意技である体勢に入るも何度も切り返し合い、Skull Endの体勢で軍配が上がったかと思われたがオカダからツームストンパイルドライバーを喰らうと、最後にレインメーカーを決められ敗戦した。7月、G1クライマックスに初出場し棚橋弘至や優勝決定戦に進出した後藤洋央紀を破るなど健闘を見せるも、4勝5敗で終わった。真田聖也 フレッシュアイペディアより)

  • 石井智宏

    石井智宏から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    8月、G1 CLIMAXに初出場。最終日を待たずに予選落ちが確定してしまうが、柴田勝頼や優勝候補の一角とされていた棚橋弘至から勝利を収める活躍を見せた。石井智宏 フレッシュアイペディアより)

  • 本間朋晃

    本間朋晃から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    7月19日、G1 CLIMAX 24前々日記者会見で、当初出場予定だった飯伏幸太の欠場により本間の代替出場が発表されたが、全出場選手の中で本間だけ唯一全敗という結果に終わった。本間朋晃 フレッシュアイペディアより)

  • 1992年のスポーツ

    1992年のスポーツから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    G1クライマックス(新日本プロレス)優勝:蝶野正洋(2連覇)1992年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 両国国技館

    両国国技館から見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    現在では大相撲の本場所、引退相撲、NHK福祉大相撲などで相撲協会自らが使用するほか、新日本プロレスのG1 CLIMAX決勝戦(2014年を除く)に使用され、1991年から毎年11月に高専ロボコンの全国大会、1992年からは毎年全日本ロボット相撲大会が開催されるほか、毎年2月には国技館5000人の第九コンサートが行なわれている。両国国技館 フレッシュアイペディアより)

  • ジョシュ・バーネット

    ジョシュ・バーネットから見たG1 CLIMAXG1 CLIMAX

    2005年、新日本プロレスのG1クライマックスにエントリーされるも、直前で川田利明に変更された(新日サイド側より「川田の方が集客力があるから」と説明を受けたとしている)。同年11月23日、U-STYLE Axisで田村潔司と対戦、腕ひしぎ十字固めで一本負け。ジョシュ・バーネット フレッシュアイペディアより)

177件中 131 - 140件表示

「G1クライマックス」のニューストピックワード