1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
98件中 91 - 98件表示
  • クリス・ヘムズワース

    クリス・ヘムズワースから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    2009年にはJ・J・エイブラムスの映画『スター・トレック』でジェームズ・T・カークの父親のジョージ・カークを演じた。クリス・ヘムズワース フレッシュアイペディアより)

  • ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

    ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイションから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(Mission: Impossible - Rogue Nation)は、クリストファー・マッカリーが監督兼脚本を務めた2015年7月31日公開のアメリカ合衆国のである。『ミッション:インポッシブル』シリーズの5作目で、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011年)の続編である。トム・クルーズは主人公を引き続き演じ、またJ・J・エイブラムス、スカイダンス・プロダクションズのデヴィッド・エリソンと共にプロデューサーも兼任する。ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション フレッシュアイペディアより)

  • エンタープライズ (スタートレック)

    エンタープライズ (スタートレック)から見たJ.J.エイブラムスJ・J・エイブラムス

    劇場版第11作から劇場版第13作までの主役艦。巨大なロミュラン艦のナラーダ号が24世紀末からタイムトラベルしてきた影響で、PTと異なる姿となった初代エンタープライズ。両者の区別のため、ファンからは「リブート版エンタープライズ」、もしくは劇場版第11作の監督J\.J\.エイブラムスにちなんだ「JJプライズ」という通称で呼ばれる。就役はPTより13年遅い2258年となった。建造も衛星軌道上のサンフランシスコ造船所ではなく、地球上のリバーサイド造船所で行われ、地上から宇宙に進宙している。同型艦の存在は映画では描写されていないが、劇場版第11作と劇場版第12作の間の物語として発売されたゲームでは、同型艦が12隻登場している。エンタープライズ (スタートレック) フレッシュアイペディアより)

  • ジェイミー・チャン

    ジェイミー・チャンから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    2012年秋よりテレビドラマ『ワンス・アポン・ア・タイム』にムーラン役で準レギュラー出演中であり、2014年にはJ・J・エイブラムスの手がけるSFドラマ「Believe」にレギュラー出演した。ジェイミー・チャン フレッシュアイペディアより)

  • ドルビーアトモス

    ドルビーアトモスから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年 J・J・エイブラムス監督)ドルビーアトモス フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ノーブル

    ジョン・ノーブルから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    2008年から2013年までJ・J・エイブラムス制作のドラマ『FRINGE / フリンジ』にレギュラー出演していた。ジョン・ノーブル フレッシュアイペディアより)

  • ベネディクト・カンバーバッチ

    ベネディクト・カンバーバッチから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(日本公開は8月23日)ではジョン・ハリソンを演じ、「世紀の悪役」として世界中から絶賛された。同作品のロンドン・ワールドプレミアでは「英国の至宝(ナショナル・トレジャー)」と紹介された。また、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』のキャンペーンで2度の来日を果たした際には、1,000人を超えるファンが空港に集まった。同作のオーディションはiPhoneを介して行われ、監督のJ・J・エイブラムスに彼を推薦したのはスピルバーグだったという。ベネディクト・カンバーバッチ フレッシュアイペディアより)

  • スター・ウォーズ/最後のジェダイ

    スター・ウォーズ/最後のジェダイから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    製作総指揮:J・J・エイブラムス、ジェイソン・マクガトリン、トム・カルノースキースター・ウォーズ/最後のジェダイ フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ
98件中 91 - 98件表示

「J・J・エイブラムス」のニューストピックワード