98件中 61 - 70件表示
  • バッド・ロボット・プロダクションズ

    バッド・ロボット・プロダクションズから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    バッド・ロボット・プロダクションズ(Bad Robot Productions)は、J・J・エイブラムスが所有するアメリカの番組制作会社である。バッド・ロボット・プロダクションズ フレッシュアイペディアより)

  • スタートレックの映画作品

    スタートレックの映画作品から見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    『ネメシス/S.T.X』が興行的に失敗し、テレビシリーズ『スター・トレック:エンタープライズ』(『ENT』)が打ち切られた後、フランチャイズのエグゼクティブプロデューサーであるリック・バーマンと脚本家のは『ENT』と『TOS』の間の時系列を描く映画『Star Trek: The Beginning』の企画を立ち上げた。『クローバーフィールド/HAKAISHA』のプロデューサーで、『LOST』の企画者で、幼少期は『スター・ウォーズ』のファンであったJ・J・エイブラムスは、『スター・トレック』フランチャイズは自身の手により「断絶された」ことを明かした。2007年2月、以前からプロデューサーとして関与していたエイブラムスはパラマウントから『スター・トレック』の監督にオファーされた。脚本はロベルト・オーチーとアレックス・カーツマンが執筆し、『TOS』キャラクターの若い頃が描かれ、俳優も一新された。またエンタープライズ号の外観と内部、制服も新しくデザインされた。『スター・トレック』は2008年12月公開が予定されていたが、パラマウントは2009年5月8日に変更した。『スター・トレック』は全世界でフランチャイズで最高となる3億5000万ドルを売り上げた。引き続いてエイブラムスが監督した続編の『スター・トレック イントゥ・ダークネス』は2013年に公開された。スタートレックの映画作品 フレッシュアイペディアより)

  • 10 クローバーフィールド・レーン

    10 クローバーフィールド・レーンから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    2008年公開の映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』と同じ題名を冠しており、一応の続編とも言えるが、内容に直接の繋がりはない。制作のJ・J・エイブラムスは「血のつながった映画」と表現しており、いわゆる精神的続編である。しかし、前作同様「クローバーフィールド」の名称が劇中に登場するほか、事件の黒幕的存在であった「タグルアト社」が引き続き登場し、同社の仮想企業サイトも前作同様ファンに向けたバイラルメディアとしての役割を担っている。10 クローバーフィールド・レーン フレッシュアイペディアより)

  • リチャード・T・ジョーンズ

    リチャード・T・ジョーンズから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    1992年にテレビドラマシリーズの『反逆のヒーローレネゲイド』で俳優デビューを果たし、1993年にアンジェラ・バセット主演の『TINA ティナ』で映画デビューを果たした。翌年の1994年にはダニー・デヴィート主演の『勇気あるもの』へも出演。その後、テレビドラマから映画まで幅広くキャリアを積み、トム・クルーズ主演の『コラテラル』やJ・J・エイブラムス監督の『SUPER8/スーパーエイト』などへも参加した。またテレビドラマシリーズの『Judging Amy』ではレギュラーキャストを務め、138エピソードへ出演しているほか、近年では日本の怪獣映画のリメイク版『GODZILLA ゴジラ』へも出演している。リチャード・T・ジョーンズ フレッシュアイペディアより)

  • ケリー・ラッセル

    ケリー・ラッセルから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    2006年に『フェリシティの青春』のプロデューサーであるJ・J・エイブラムスが監督を手掛けた『M:i:lll』に、スカーレット・ヨハンソンが演じる予定であったイーサン・ハントの愛弟子のリンジー・ファリス役で出演した。同年の夏より米化粧品会社カバーガール社のモデルも務めている。ケリー・ラッセル フレッシュアイペディアより)

  • バフィー 〜恋する十字架〜

    バフィー 〜恋する十字架〜から見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    ウィードンや『LOST』のJ・J・エイブラムス等、ナード系のクリエイター達が活躍するようになったこともあり、『リーパー/デビルバスター』『Chuck』『HEROES/ヒーローズ』をはじめとするアメリカのSF/ファンタジー系のドラマでオタク(ナード)的な若者が活躍する番組が多く製作されるようになった。バフィー 〜恋する十字架〜 フレッシュアイペディアより)

  • SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜

    SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜から見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    評論家の宇野常寛は「圧倒的なクオリティ」「〔堤幸彦を越えられない〕ドラマ業界の未来が心配になる」など、全体的に高く評価し、J・J・エイブラムスなどの日本国外のドラマの手法を取り入れつつ日本特有の文脈を加えたと指摘した。また、『ケイゾク』をトラウマ理論的人間観やサイコ・サスペンスがブームとなっていた同時代を斜めに見て作られた「90年代の総決算」とした上で、『TRICK』を経て、異能力があふれる世界を描く本作を「過剰な『本物』、過剰な現実にどう立ち向かうかが主題になっている」「ゼロ年代の総決算」としている。SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜 フレッシュアイペディアより)

  • ライアン・マーフィー

    ライアン・マーフィーから見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    またJ・J・エイブラムスやマックGらと共に米国若手脚本家基金(Young Storytellers Foundation)の監査役員も務めている。ライアン・マーフィー フレッシュアイペディアより)

  • スノーク (スター・ウォーズ)

    スノーク (スター・ウォーズ)から見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    スノークの外見は『フォースの覚醒』の主要撮影とポストプロダクションを通じて変化していった。スノーク役のアンディ・サーキスは、「初めてセットに入った時、私はキャラクターがどんな外見なのか知りませんでした。つまり、秘密なのだと理解しました。監督のJ・J・エイブラムスと視覚効果チームはキャラクターの外見や声、動きについて挑戦を続けて進化していきました」と述べている。彫刻家のアイヴァン・マンゼラは、「スノークは、ある時点ではほとんど女性として作られていました。JJは自分が好きな雛型を持って来て、私たちはフルサイズの彫像を作りました。JJとニール・スキャンランは、スノークが皇帝のように弱々しい老人であって欲しくないと考えていました」と述べている。スノーク (スター・ウォーズ) フレッシュアイペディアより)

  • ワンス・アポン・ア・タイム (テレビドラマ)

    ワンス・アポン・ア・タイム (テレビドラマ)から見たJ・J・エイブラムスJ・J・エイブラムス

    本作のショーランナーを務めるアダム・ホロウィッツとエドワード・キッツィスは『フェリシティの青春』『LOST』の脚本陣にいた。本作を立ち上げる際、J・J・エイブラムス、カールトン・キューズ、デイモン・リンデロフと頻繁に連絡を取り、ショーランナーとしてのノウハウを教示してもらったという。特にリンデロフは、クレジットはされていないが企画に大きく貢献している。なお、本作には『LOST』に関わる引喩やアイテムもしばしば登場する。ワンス・アポン・ア・タイム (テレビドラマ) フレッシュアイペディアより)

98件中 61 - 70件表示

「J・J・エイブラムス」のニューストピックワード