NAS電池 ニュース&Wiki etc.

ナトリウム・硫黄電池(なとりうむ・いおうでんち、sodium-sulfur battery)とは、負極にナトリウムを、正極に硫黄を、電解質にβ-アルミナを利用した高温作動型二次電池である。NAS電池(なすでんち)またはNAS(なす)とも呼ばれる。特に大規模の電力貯蔵用に作られ、昼夜の負荷平準や、風力発電と組み合わせ離島で… (出典:Wikipedia)

「NAS電池」最新ニュース

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ナトリウム・硫黄電池」のつながり調べ

  • レドックス・フロー電池

    レドックス・フロー電池から見たナトリウム・硫黄電池

    室温で作動するため熱源は特に必要としない。また、燃焼性・爆発性の物質を使用・発生せず、先行して実用化されたナトリウム・硫黄電池より安全性で優れている。また、イオン種によっては化学反応を伴わないため溶液の組成が変化しにくく安定性も高い。設備も、大部分が一般的な機器で構成できるうえ、繰り返し充放電で長寿命を期待できる。レアメタルなどの希少資源の必要性も低い。電池容量を増すには、ほぼ溶液のタンクを増設するだけですむため、大型設備に適している。(レドックス・フロー電池 フレッシュアイペディアより)

  • ファインセラミックス

    ファインセラミックスから見たナトリウム・硫黄電池

    高温でイオン伝導性を持つセラミックで固体酸化物燃料電池や自動車の排気ガスに含まれる酸素を検出する酸素センサーやアルカリ金属熱電変換機やナトリウム・硫黄電池等の溶融塩電池に使用される。(ファインセラミックス フレッシュアイペディアより)

「ナトリウム・硫黄電池」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「NAS電池」のニューストピックワード