NATO ニュース&Wiki etc.

北大西洋条約機構(きたたいせいようじょうやくきこう)は、北大西洋条約に基づき、アメリカ合衆国を中心とした北アメリカ(=アメリカとカナダ)およびヨーロッパ諸国によって結成された軍事同盟である。前身はブリュッセル条約 (1948年)。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「北大西洋条約機構」のつながり調べ

  • MiG-23MLD (航空機)

    MiG-23MLD (航空機)から見た北大西洋条約機構

    MiG-23MLD(ミグ23MLD;ロシア語:'ミーグ・ドヴァーッツァチ・トリー・エムエルデー、またはミーグ・ドヴァーッツァットリー・エメルデー)は、ソビエト連邦のミグ設計局でMiG-23戦闘機シリーズの完成型として開発された多目的戦闘機。1980年代半ば以降、ソ連の空軍及び防空軍の主力戦闘機として使用された。北大西洋条約機構(NATO)の使用するNATOコードネームはフロッガーK (Flogger-K)。ただし、輸出向けの機体は混同されてMiG-23MLAと同じフロッガーG'(Flogger-G)とされていた。(MiG-23MLD (航空機) フレッシュアイペディアより)

  • 思いやり予算

    思いやり予算から見た北大西洋条約機構

    1978年(昭和53年)6月、時の防衛庁長官・金丸信が、在日米軍基地で働く日本人従業員の給与の一部(62億円)を日本側が負担すると決めたことから始まる。日米地位協定の枠を超える負担に対して、円高や多額の対米貿易黒字などによって日本が急激に経済成長する一方で、財政的な困難に直面し、日本が経済規模に対して軍事面の負担をしないことに不満を持ったアメリカ合衆国の負担への特別措置を要請された金丸が、「思いやりの立場で対処すべき」などと導入したことから、思いやり予算と呼ばれるようになった。思いやり予算の内訳は、在日米軍基地職員の労務費、基地内の光熱費・水道費、訓練移転費、施設建設費などである。田原総一朗は冷戦時代にソ連の衛星国と複数の国境を接していた北大西洋条約機構で他の西欧諸国と連携して徴兵制のドイツ連邦軍を持つ西ドイツに言及して、在日米軍が撤退して国防を単独でする場合には徴兵制の導入と日本の歳出を占める防衛費が約3倍以上にする必要になると述べている。(思いやり予算 フレッシュアイペディアより)

「北大西洋条約機構」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ